メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

WBCスーパーフライ級タイトルマッチ 

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:スリヤン・ソールンビサイ vs. 同級4位:佐藤洋太(協栄)

いよいよ本日佐藤洋太が世界初挑戦となります。
王者のスリヤンとの身長差は10cm、リーチは18cmの差と体格的にはかなり有利ですが、
スリヤンはポンサクレックには試合中嘔吐しながらも追い詰め、ロハス、名城には出入りと手数で押し切っています。
体は小さいですが、割と遠い距離からでも戦える選手で、戦績やパッと見の印象以上に力の有る選手ですね。

佐藤は言わずもがな、前日本同級王者で中広や翁長、河野と世界挑戦経験の有る選手や世界ランカーに勝って来ている勢いの有る選手です。

この試合佐藤にとって18cmのリーチ差はかなり有利でしょう。
佐藤のジャブは世界でもトップクラスですし、距離を保ってジャブ、入って来た所に打ち下ろしの右、更には迎えるアッパーがヒットすれば有利に試合を運べる。
止まってしまうと危険なので、絶えず動き続ける事が重要でしょう。

皆さんの投票では約7-3で挑戦者の佐藤有利と出ています。


・佐藤洋太KO勝利!
> 距離を制する
> リーチ差を生かし,KО勝利
と、やはりリーチ差が有利に働くと見ている人が多いようです。

・佐藤洋太判定勝利
> 変則スタイルで判定勝ちだと思います。ジャブは充分に通じると思います。勝って清水選手との統一戦いを期待!
> 翁長、中広、河野と国内の強豪とのサバイバルに生き残っての 世界タイトル!こういうボクサーがタイトルマッチをやるべきだし、こういうボクサーに世界を獲ってほしい。
> 一発をもらわなければ中差の判定勝ち
約半数がこちらの予想ですね。KOまでは厳しいかもという感じでしょうか。
個人的な予想もこちらですね。

・スリヤンKO勝利
> 顎を出して対戦する佐藤選手の左テンプルに、スリヤンの右フックを被弾。 佐藤選手のKO負け。
> 佐藤選手も強いと思うが、スリヤン選手の方がまだ上と思われる。
こちらはスリヤンの地力と、佐藤の耐久力に不安があるのではないかという意見ですね。

・スリヤン判定勝利
> 日本に敵がいないというだけで、世界挑戦していいのか?
> 難しい試合です。 ロハス戦を見る限りリーチ差を問題としないのでは・・・。
佐藤にはまだ早いと言う意見や、ロハス戦を参考に体格は有利にならないと言う意見ですね。

一部、まだ佐藤には早いと言う意見もあるようですが、個人的にはここ数年特に議論されている「挑戦資格」の有無において、佐藤は久しぶりに階段をきちんと上ってきた文句の無い選手ではないかと思います。

日本タイトル5度目の防衛戦のインタビューで本人も言っていました。
「普段控えめだけど今回は言わせてもらう。(日本人の)世界ランカー一杯いますが、その中で僕が一番。強いのとやっている。僕が世界戦やるべきでしょう。」
これは誰もが納得できる発言だったのではないでしょうか?

スリヤンは決して弱い王者では有りませんが、今の佐藤の充実振りと日本開催出来たのはかなり大きいと思います。
一番やるべき男がやる時が来た…やる時は世界王者になる時…有言実行の時が来たと思います。

この試合、テレビ放送はCSのTBSでは19:10~放送で世界戦は20:00~の予定です。
地上波の方は、TBSで深夜27:09~です。
ネタバレとかしたくない人はネット断ちしてくださいね。

また、この試合の当日券は「さとう」さん「ようた」さんと、東北出身者は名前と本籍を証明できるものを提示すれば当日券が3割引きとなる「さとう・ようた割」が実施されます。
日本タイトルと日本・東洋のタイトルマッチも同時開催ですので、是非足を運んでみてください!
一緒に会場で応援しましょう!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2012/03/27 07:11 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。