メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

芹江・戸部・河野、亀田 

明けて一昨日の後楽園ホールの興行ですが、
日本スーパーバンタム級王者の芹江匡晋が5度目の防衛に成功しました。

かなり強引にと言うか、KOを意識した戦いだった印象の芹江
2Rに橋元が2度ダウンしここで終了するかと思いましたが、橋元も強気で何とか粘っていましたね。
6R開始直後に攻め込まれた時点でストップとなりましたが、芹江は世界に向けキッチリと結果を出した形でしょうか。
芹江は左でちょっと相手を押さえるような形で強い右を打ち込みましたね。
体幹と言うんでしょうか強いのでしょうね、バランスが崩れた形でも強い右を打ち抜けるのが魅力ですね。
スーパーバンタム級の世界挑戦となると、WBCの西岡はちょっと難しいでしょうし、WBAもリゴンドーとラモスが年末か年明けに統一戦を行いますし、
ドネアを筆頭にモンティエルら名の有る強豪も進出してきていますし、もちろん下田なんかもいる訳で挑戦するのもなかなか難しいでしょうね。
チャンスさえあれば面白い試合はしてくれそうですが、もう少し我慢の日は続くかもしれません。


セミは2度の世界挑戦経験のある元日本・東洋王者の河野公平に、デビュー3戦目のアマエリート戸部洋平が挑む冒険マッチ
スピード感溢れるフットワークとジャブで戸部がベテラン河野を捌き微差の判定勝利。
初戦で韓国王者、2戦目で元世界王者を倒していた戸部だが、河野に勝利した事でこれは本物と認めざるを得ないのではないでしょうか。
河野も前進で戸部を止めようとしましたが、デビュー3戦目でありながらキッチリ対応していたのは驚きましたね。
採点は難しい試合だったかもしれませんが、見栄えの分でどうしても戸部に流れるのは仕方ないでしょうか。
河野は相変わらず正確性に欠けたのと、当ててはいるもののすぐにサイドにポジションを変える戸部だと有効的に見えなかったのかもしれません。

戸部は河野相手に8Rスピード衰える事無く動けていましたし、相当なボクシングセンスを持っている事を証明しましたね。
三迫ジムとしては相澤以来のアマエリート出身の王者候補になるんでしょうかね。
スーパーフライは佐藤と名城が一歩抜けた形ですが、名城は世界戦が決まっていますし、
佐藤は年内にも世界戦をという事でしたが、スリヤン陣営とは名城の試合後に再度交渉するとの事で、大庭と来月防衛戦を行います。
もちろん、名城が勝てば名城との試合の実現もありそうです。
亀田大毅は年末に暫定戦を亀田祭りでやりたいようですが、WBAの暫定は世界王者認定しないとかいう話はどうなったんでしょう?
まぁ、今回の件については清水が怪我をしていますので、暫定を作るのならまだ良いのですが、元々いる暫定ですからねぇ。
暫定決定戦だとしても、たかが半年ちょっとのブランクですし…
日本人が正規王者なのに暫定やって世界王者や~とか言われてもアレですし、ここはおとなしくそれなりの相手とやって「来年春に清水選手とやって2階級制覇します!」とか言った方が良いと思うけど…
バンコクさん情報の暫定の指名とかそもそも意味分からないし^^;
興行優先で何でもかんでも認めてるから今のWBAやボクシング人気があるんだと思いますけど…JBCの真価が問われます。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。