メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

東洋・太平洋&日本ウェルター級タイトルマッチ 

見に行ってきました。

東洋・太平洋&日本ウェルター級タイトルマッチ
王者:井上庸(ヤマグチ土浦) vs. 挑戦者:渡部あきのり(協栄)

あきべぇこと渡部あきのりが2度目のタイトル挑戦で悲願の初タイトル獲得となった。
渡部と言えば、「牛若丸あきべぇ」の名で亀田と組み、いわゆるかませ相手にKOを量産、
KO記録を伸ばし14連続KOを達成後に、亀田家を離れバキロフ相手にKO勝利し浜田剛史氏の15KO記録に並んだ。
記録更新を懸け当時の王者湯場に挑戦、開始早々ダウンを奪うも倒し返され初敗戦。
ここから試練の時が始まり、上石に1RTKO、中川に3RTKOで3連敗
亀田家入りする前に指導を受けていた萩原トレーナーに頭を下げ再度コンビを組み、
レイジングバトルで優勝、湯場とのリマッチはまたもKOで敗れるものの内容は前回と大違いの善戦。
最強後楽園をKOで制覇し挑んだ今日の一戦でした。

内容はスタートから堅さを見せる王者に対し、渡部がジャブワンツーと先手を奪う流れ
距離が詰まると強引にフックを振るう、井上が出てくるも渡部の左(その前の右でかも?)で1度目のダウン!
立ち上がった井上、渡部も強引に出る事はしないで冷静に良く見ている。
井上が出て来たところに今度は右で2度目のダウンを奪い1R終了。

続く2R、井上が出てくるも渡部も連打で応戦し左でこの試合3度目のダウン
立ち上がるも再び左で4度目のダウン、ここは立ち上がるも右で再びダウンでストップ


亀田家入りしてボクシングファンから批判を受けた事もありましたが、
そのボクシングファンだからこそ、渡部のその後の頑張りも知っているはず。
かつての姿とそれからの過程を知っているからこそ、今日の勝利も祝福出来るのではないでしょうか。

まだまだこれからの選手ですが、まずはおめでとうと言って良いと思います。
次は中川辺りへのリベンジなんかもどうでしょう?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。