メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

内山×三浦&李×下田 

今年度国内初開催となる世界戦は、日本ジム所属の選手によるダブル世界戦となった。
日本タイトルマッチと揶揄する人もいるかもしれませんが、世界レベルの試合になる事間違いない好ファイトになるはず。
簡単に予想していきます。

WBAスーパーフェザー級タイトルマッチ
王者:内山高志(ワタナベ) vs. 同級4位:三浦隆司(横浜光)

事前の皆さんの予想では95%の人が内山の防衛を予想しています。
いずれにしても、ハードパンチャー同士の一戦でKO決着は間違いないところ。
やはり注目は内山がいかに、世界との差を見せ付けるかだと思います。
内山の凄い所は、ハードパンチャーでありながら、それに頼らず丁寧にプレスを掛ける堅実な試合運びだと思います。
ジャブを主体に、ボディーで動きを止め倒す、穴の無いいつもの内山を見せればKOダイナマイトが爆発するでしょう。
三浦が勝つとすれば、判定での勝ち目はほぼ無いと思われるので、破壊力抜群のパンチで内山をマットに沈めること
ただ、普通にやって内山がビッグパンチをもらう事は考えにくく、どの様にして内山を自分の土俵の激戦に引きずり込むかが鍵か。
予想としては、世界王者となり試合の度にパワーだけでなくスピードも増してきた内山が中盤辺りで三浦を捕らえてKOするのが濃いと思う。
三浦も一発当たれば大番狂わせは可能だが、それを今の内山が許すかどうか…
まばたき厳禁、一瞬で決まる可能性の高いこの試合期待しましょう!

WBAスーパーバンタム級タイトルマッチ
王者:李冽理(横浜光) vs. 同級6位:下田昭文(帝拳)

ダブル世界戦の内、勝敗の予想が難しいのは間違いなくこっち
事前の皆さんの予想では若干、挑戦者の下田有利となっていますが、ほぼ五分五分といった所。
李がプーンサワット戦で見せたクレバーな試合運びか、下田のセンス溢れる躍動感か
言ってみれば秀才×天才みたいな感じでしょうか。

この試合のポイントは下田のデキに係っているのではないでしょうか。
デキと言っても、コンディションは良さそうなので問題ないと思いますが、メンタル面ですね。
今回の下田はかなり気合が入っている印象を受けます。
その気合がプラスに働けば下田のKO勝利も期待出来ると思いますが、一度空回りしてしまうとラウンドを重ねるごとに更に空回りしてしまいそうな気がします。
李としては一時は打ち合い宣言もしていましたが、方針転換をしたようですしこの空回りさせるという作業をしてくる事になるでしょう。

日本のジム対決で挑戦者が勝った事は5試合しかないそうだが(5勝24敗1分け)、
個人的には新人の頃から見ている下田の王座奪取に期待したい。
下田が覚醒したら相当魅力的な世界王者になると思いますので…


テレビ放送は、テレビ東京にて20:00~西岡もゲスト解説で出ますよ!
アンダーカードの日本タイトルマッチ等は翌日からでしょうか、ダイジェスト配信もあるようです。

生観戦の方は、有明コロシアムはこの時期マジで超寒いので防寒もキッチリしましょう。
個人的には(特に女性)ひざ掛けや座布団等を用意すると良いと思います。
椅子とかも冷たくなってるので、座布団的なものは意外と役立ちます。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2011/01/31 08:18 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。