メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

WBCフライ統一&WBCミニマム級タイトルマッチ 

明けて今日行われるトリプル世界戦について簡単に…

WBCフライ級王座統一戦
王者:亀田興毅(亀田) vs. 暫定王者:ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)

昨年11月に内藤大助を破り王者となった亀田興毅
初防衛戦の相手は暫定王者のポンサクレックは、もはや説明不要だと思うが内藤大助にタイトルを奪われるまで17度このタイトルを守ったタイの英雄。
過去の因縁についてはここでは割愛するが、亀田にとって長年ターゲットにし続けている存在でもあり、内藤に続き一世代前の王者を破り世代交代を成し遂げたい所。

試合は興毅のアウトボクサースタイルの真価が問われる一戦となる。
両者KO宣言をしているが、興毅のそれは前回同様ブラフと思われ、内藤戦で見せたタッチボクシングを出来るかが問題。
内藤戦で効果的だった左ストレートは、異なる構えには決まりやすいが、ポンサクレックは同じ左構えの選手で、内藤戦ほど多用出来ない可能性が高いのではないか?
となると、やはり重要なのが右ジャブになり、動きながら打てるか、自分から仕掛けられるかがポイントになりそう。
スピードは今なら興毅が上回っているはずで、右が効果的に使えれば主導権を握れる。

ポンサクレックだが、意外なほど不利予想が多い。
というのも、前回格下フィリピン人に大苦戦した事が理由の一つだろう。
右ではあるが、興毅と同じアウトボクシングをする相手に対し、出てはコツンと合わされを繰り返してしまった。
ポンサクレックの全盛期を知る身としては、強さ、凄さは全盛期からは確かに劣るかもしれないが、むしろ勝負としては面白くなったと思う。
前回の様な仕上がりでは世代交代を許してしまう可能性が高いが、ミランダ戦並みの出来ならポンサクレック有利か。
ボディーで動きを止め、攻撃の起点となる最大の武器右アッパーからの連打が出ればKOの可能性も十分ある。

距離をどちらが握るか、場合によっては一方的な試合になる可能性も否定できないこの試合…
どちらが勝っても祝福出来るクリーンファイトを期待したい。


WBCミニマム級タイトルマッチ
王者:オーレイドン・シスサマーチャイ(タイ) vs. 同級3位:黒木健孝(ヤマグチ土浦)

土浦の孫悟空こと黒木の待ちに待った世界初挑戦はWBC王者のオーレイドンとの一戦
イーグルからタイトルを奪い、今回が5度目の防衛戦となるオーレイドン
攻守共に隙の少ないアウトボクシングで防衛を重ねる堅い選手に、孫悟空の異名を持つ黒木が挑戦する正反対なタイプの選手同士の一戦。
黒木としては、内藤大助からヒントを得たトリッキーな動きと豊富なスタミナと手数で勝負したい。
初挑戦にも関わらず王者と写真を撮るなど驚くほどにリラックスしている黒木
日本・東洋と王道を進んできた男が、最後の1ピースを埋める事を期待したい。
見た目にもスピーディーで激しい攻防も期待出来るのに地上波放送が無いのですよね…
CSで後日放送予定です。

つか、KOじゃなくて亀田とK-1がセットになりつつあるのは何ででしょう?^^;
運営も別ですし分けてやれば良いのに…
K-1の方は名城の弟と、渡邊一久が出場しますね!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2010/03/27 02:05 ] 亀田三兄弟戦展望 | TB(0) | CM(1)
管理画面入れず…試合内容忘れちゃったよ^^;
[ 2010/03/28 00:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。