メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大毅善戦!?デンカオ凡戦!? 

デンカオセーンと亀田大毅のWBAフライ級タイトルマッチ

皆さん様々な感想をもたれたと思います。

個人的感想は試合に関しては世界戦とは思えない凡戦という感じ
採点は115-113でデンカオセーンとしました。

チャンピオンのデンカオセーンはまたしてもクリンチの嵐
坂田戦で見せたようなジャブに対する右のカウンターも打たないし、見た目に派手な右のボディーフックがメイン
キャリア、老獪さは見せたが、これが大毅ではなくコンセプシオンだったら悲惨な結果になったのではないか。
練習をしてこなかったのか?それとも限界なのか?モチベーションが低いのか?
いずれにしても、世界王者のそれを十二分に見せてくれたとは言えない。
この試合の出来を前王者の坂田はどの様な気持ちで見ていたのだろうか…

一方、善戦(!?)した亀田大毅
確かに世界レベルの体力、耐久力は見せた。
ただ、厳しい言い方をすれば「それだけ」だったとも言える。
耐久力を生かして、相手の打ち終わりにフックを合わせる…以前と何も変わらない戦法。
倒される事もなければ倒す事も出来ない、消極的なボクシング
王者のクリンチもジャブなり手を出して近付けばあんなに簡単に許す事も無かったのではないか?
無策、そしてキャリア不足と言わざるを得ない結果だった。
行くべき時に行けない…いつでも行けるかませとのキャリアの弊害と言ってもいいのでは?
キャリアの重要性を思い知らされる結果だったといえる。

まぁ、キチンとした指導者にしっかりと指導され、国内の強豪とのキャリアを積めば未来はある。
言葉も通じないといわれている外人トレーナーでは、善戦は出来てもベルトを奪う事は出来ない亀田スタイルの限界を超えることは出来ないでしょう。


う~ん、ボクシングの面白さが伝わる試合とは言えない結果になってしまいましたね。
お口直しは10日の西岡・リナレスにお願いしましょう!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2009/10/06 22:41 ] 亀田三兄弟戦観戦記 | TB(0) | CM(12)
デンカオのボディは、クリーンといえるくらい良く当たってはいたけれども、大毅のように、見る者を楽しませるアグレッシブさは採点の足しにはならないのだろうか。クリンチワークは、ボクシング技術の一つとはわかるが、それによって、数秒ではあるけど戦いの中断時間が生じるのだろうから、審判も、その点をもっと強く加味してほしいと思いますね。
[ 2009/10/07 00:22 ] [ 編集 ]
はじめまして。ひどい凡戦でしたね。とても世界戦レベルではありません。
大毅君の指導者はどうしてジャブを教えないんですかね。
それとも、教えてもできないのですかね。
あの戦法では一生タイトルはとれないと思います。
デンカオセーンもひどかったです。あんなのに坂田君が負けたのが信じられません。
[ 2009/10/07 00:52 ] [ 編集 ]
小差ではあるがデンカーセオンの勝ちは動かない。久高戦同様スタミナ不足は情けないがそれ以上に大毅が何も出来なかった。前に出るだけでパンチは当たらな・スピードはない・テクニックは欠片もない・・・ドローに付けたジャッジに疑問が残る。
[ 2009/10/07 01:00 ] [ 編集 ]
>見る者を楽しませるアグレッシブさ
どんな動きを楽しいと感じるかはその人次第ですが、
ガード一辺倒で、これと言った駆け引きがなく、攻撃のタイミングも狂いまくっていて、リスクも冒さない亀田の戦法には個人的に何の価値も見出せません。デンカオの戦い方もたしかに酷い有様でしたが、簡単にクリンチされる亀田が未熟ということに尽きるかと。鍛え上げられた肉体、生まれ持ったタフネスは立派なものがあるので一度史朗ボクシング、マッチメイクを捨て海外武者修行でもすれば5年後には結構なホープになるかもしれません。

[ 2009/10/07 01:02 ] [ 編集 ]
>ラムネさん
採点の基準はご存知ですか?
以前兄貴の2戦目かなんかの放送の時にやっていたと思うのですが、ちなみに基準と優先順位こんな感じです
1.有効なクリーンヒット
2.アグレッシブ
3.リングジェネラルシップ
4.ディフェンス
第一に優先されるクリーンヒットは明らかにデンカオが勝ったラウンドが多いですよね。
大毅のアグレッシブと言うのも、どの辺りの事か分かりませんが、前に出ていたという事であれば手を出していれば評価されたかもしれませんが、単なる突進(パンチを出さない)は攻勢とは認められないとなっています。
結局、そのクリンチワークを対策出来ずに付き合ってしまった所が大毅の劣った所では無いでしょうか。

>貫太郎さん
いわゆる亀田スタイルの限界は見えましたよね。
以前よりは出すようになりましたが、重要性が分かっていないのかもしれないですね。
下の階級のカマセはジャブなんか出さないでも勝手に下がって貰ってくれますし。
あの試合中の首かしげなんか見ると、何でパンチが当たらないのか分かって無いのかと思っちゃいますね^^;
しかし…坂田とやった時のデンカオと今日のデンカオは全く違いましたね…
[ 2009/10/07 01:09 ] [ 編集 ]
>ねこさん
まぁ、大毅の勝ちは無いかなって感じですね。
一からやり直していかないと世界獲るのは無理ですね。

>秀村さん
自分のペースでやれない時の引き出しの無さは致命的ですね。
もう2度負けてる分上や下とは違うんだから別路線で行けば良いと思うんですけどね…
[ 2009/10/07 01:13 ] [ 編集 ]
どの辺が違う? よく坂田戦と違う…という見解があるけどデンカオは序盤驚異的で今回もキレてました。っで7R辺りから失速…坂田1から変わってないと思います。
坂田2は打たれ脆いのに中途半端に手を出して右を思い切り喰いました。デンカオの序盤を亀2が耐えたのは立派です。
最初の4Rを目途にガード固めて我慢。徐々に反撃して何とか捕まえるってプランがハッキリ見えた試合でした。結果は小~中差位で妥当でしたが。
中途半端なジャブにあの右・・・・怖い*2。あの右を打ってくる選手にジャブ突ける日本人が何人いるやら・・・。
[ 2009/10/07 02:16 ] [ 編集 ]
>ついついコメさん
そうですかねぇ?とても昨日のデンカオは驚異的に見えなかったです。
王者と挑戦者の立場の違いも有るかもしれませんが、坂田の時は脅威を感じる立ち上がりでしたけど。
坂田が打たれ脆いというのもちょっと私のイメージとは違いますね。
確かにダウン癖はありましたが脆くは無いと思います。

まぁ、徐々に反撃して何とか捕まえるプランを立てたかったのは分かりますが、実際どうやって捕まえるのかそこのヴィジョンは一切立てられていなかったなという印象です。
実際問題自分の距離に持っていく事が出来ずにクリンチで交わされたわけですから、ジャブを打つなりなんなりの工夫が必要だったのは間違いないでしょう。
それを右が待ってるとかリスクを背負うのを拒んだ結果がこれなんじゃないですかね。

タラレバの話をしても仕方ないですし、他の誰かが出来るかどうかではなく大毅が出来なかったという事が重要な訳ですが、日本王者の清水ならばデンカオをジャブでコントロールする事は十分有り得たと思います。
[ 2009/10/07 04:15 ] [ 編集 ]
坂田2は、テンプル打ち抜かれたのでしょうがないんじゃないですかね。
あのKO負けは、打たれ脆さのせいとは言わないと思います。

坂田2の時は、パワフルなパンチを振るってましたが、昨日はそこまで感じなかったですね。
[ 2009/10/07 07:08 ] [ 編集 ]
確かに,世界戦としては凡戦でしたね.
デンカオーセンには,坂田戦2の印象が強いので,
早い回で終わると思っていたのですが...
おっしゃるように挑戦者も善戦でしたが,それだけでしたね.

体の強さは証明できたのですから,
今のジムをでて,日本人のトレーナーに鍛えられ,
(技術・戦術等)
経験を積んめば,もう一度世界挑戦はできるのではないでしょうか.
(もしろん適正なウエートで)

それと,相変わらずTBSの放送は最悪でしたね.
[ 2009/10/07 09:54 ] [ 編集 ]
自分の採点でも115-113でチャンピオンでした。もう少し差があると思いましたが大毅選手もよく頑張ったと思います。やっぱり2、3Rからボディ打ちをやってスタミナをそぎ落として左ジャブを打ったりしていたら後半とらえられたと思います。しかし、チャンピオンの右ボディを最後まで対処できなかったのが痛かったとおもいます。あれは見栄えがよかったですから採点がチャンピオンにながれたと思います。
チャンピオンもクリンチなどの老獪なところがうまかったですね。ジャブ、アッパーで上体をあげさせようとするところもよかったです。今後も二人の健闘を祈ります。
[ 2009/10/07 15:06 ] [ 編集 ]
>匿名希望さん
テンプルと言うよりアンダージイヤーで三半規管を直接やられた感じもしましたが、いずれにしても坂田が打たれ脆いという印象のKOではないですよね。

>ponchanさん
デンカオセーンも一切のリスクを背負わなかったですね。
大毅だけでも親父を離れてちゃんとしたトレーナーについてほしいですね。
そこでキチンとキャリア積めばまたチャンスあるかもしれませんし。
放送は最悪でしたね。
鬼塚は解説じゃなくて応援者として出て下さい^^;
佐藤も鬼塚よりは良いですが…

>マリスンさん
115-113が限界かなって感じです。
大毅に振ったラウンドも、クリーンヒットや手数は王者だったりしてますし、場合によっては中差くらいついててもおかしくなかったですね。
ああ言ったクリンチや戦術の上手さに対抗する物を手にする練習やマッチメイクを今後出来るかですね。
デンカオはもうちょい頑張ってほしいです^^;
[ 2009/10/07 15:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。