メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トリプルフライ級タイトルマッチ観戦記 

行って来ました両国国技館!
って事で簡単な感想を…

日本フライ級王座統一戦
清水智信 × 五十嵐俊幸

ボクシングファンの注目度が高かったこの一戦は、東農大の先輩後輩どうしの一戦
序盤の1.2Rは五十嵐の積極性が光り、清水の動きも硬く「おいおい五十嵐このままいっちゃうのか?」と思われたのですが、
内藤を苦しめた清水はそこから本領を発揮し、ボディーを効果的に使い右のストレートで五十嵐を牽制。
五十嵐を空転させ終始ペースを握りポイントアウト
結果的に大差判定で先輩清水が意地を見せた形となった。
前回の内藤戦では最後に「キャリアの差」を見せつけられた清水だが、今回は逆に五十嵐にキャリアの差を見せ付けた形だ。
試合後の2人を通路で見かけたが、清水は勝ったが謙虚な姿勢で、五十嵐は初の敗戦のショックが濃く項垂れて座っていた。
この試合を肥やしに五十嵐が一回り大きくなってくれる事を期待したい。
清水の次戦はCCの池原戦となるが、3度目の世界は急がずじっくりいって欲しい。


東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
大久保雅史 × ジョジョ・バルドン

予想外(?)の大久保の大差判定勝ちとなったこの試合。
日本でもお馴染みのバルドンだが、昨日は序盤から動きは悪く力強さもなかった。
大久保は左のボディー等でバルドンを終始圧倒。坂田とのスパー効果か。
フライ級王者の中で唯一評価の低かった大久保だが、強豪バルドンを大差判定で下し、その評価も変化が有りそう。
有力選手の多いこの階級だが、すぐに世界云々ではなく日本との統一戦などを期待したい。


WBCフライ級タイトルマッチ
内藤大助 × 山口真吾

壮絶な打撃戦となったこの一戦。
前戦とは打って変わり、内藤はスタートから動きが切れていた。
スピードは山口と思われていたが、ほぼ互角程度の差しかなかった様に見受けられた。
山口は出入りのボクシングが理想だったが、内藤の懐は深く先手先手で潰された形。
中盤以降は山口の健闘は光るも、既に右のオーバーハンドしか武器はなくなっていた感じ…
内藤の強烈なパンチがヒットするも倒れない山口だが、動きはかなり鈍くなってきた…
最後の11Rは内藤の右連打で山口ダウン
ファイティングポーズをレフェリーに促されるまで取らなかったのでストップかとも思ったのですが続行。
内藤怒涛の連打で詰めレフェリーが割って入り終了。

戦前の印象よりもずっと面白い試合になったが、山口のダメージが心配。
ダウンで止めても良かった気がしますが、手を出していたので止めにくかったのでしょうね。
試合後宮田会長が内藤よりも山口サイドに走っていったのが印象的で、それだけダメージ色は強かった。
責める訳ではないですが、セコンドの勇気あるタオル投入という選択も必要だったのでは?と思いますね。

戦前公言していた作戦のほとんどが実行できなかった山口
内藤と戦う選手のほとんどが内藤の大きなフックやバランスの崩れるパンチ時に生まれる“スキ”を狙おうとするが、
それが何故成功しないかが山口サイドには読み切れていなかったのか、無策に感じる正面からのど付き合いでは流石にパワーの差が顕著だった。

坂田戦では歯がゆさの残る試合となり、内藤戦では粉砕された山口。
この両王者のタイプの違いと言うのが山口というフィルターを通してよく見えた気がしますね。
打ってくる相手を受け止めてそれを上回る攻撃で潰す内藤のボクシングは派手で確かに面白いが、
坂田の相手の良さを消すボクシングももっと評価される様になってほしいですね。

今回ボクシングを生ではじめて見る女の子と一緒に見ました。
テレビでは良く観ていたみたいですが、やはり生観戦は興奮したみたいでした^^
そこでもやっぱり思ったのは、テレビでは技術的な解説が少なすぎるという事。
「何であんな早く動けるの?」には「練習してるから」としか言い様が無いですが、
「内藤のあんな大きなパンチが何故当たるの?」等、ボクシングを普段見ない人の疑問が解けるような解説が欲しいですね。
K-1みたいに見た目に派手で少ないRで倒すか倒されるかみたいなものと違い、ボクシングは世界戦になると12Rですからね。
何故このパンチが当たり、今選手は何をどうしようとしているのかの技術的な解説が無いとボクシングは駄目でしょう。
現にボクシング観戦歴のほぼゼロの子がそういう事を疑問に思っている訳ですし、それを知る事で繰り返し見ようとか、もっと知りたいとなっていくんだと思うんですけどね…
まだ昨日の放送は見ていませんが、おそらくそんな話は無かったでしょうし…
せめて副音声でやれないですかね?^^;

まぁ、兎にも角にも昨日試合を行われた選手や関係者の方々はお疲れ様でした。

内藤のロマンティックは来年も止まらない


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
>テレビでは技術的な解説が少なすぎるという事。

ご無沙汰しております。女性と観戦なんて羨ましい(笑)ってな前振りはおいておいて...

テレビ観戦でしたが、本当、そうなんですよ。K-1とかってどちらかと言えばエンターテイメントなんで(失礼:汗)わー、とかきゃー、とかでいいんでしょうけど、もうちょっと私みたいなただのスポーツ好きだけどボクシングあまり知らないって人間にもわかる解説を求めたいですねえ。

しかし、内藤って強いですねえ。あのちょっとかがんだ姿勢で頭寄せて、その外からパンチ飛んできたら見えないんでしょうねえ。亀田の長男坊主とのタイトルマッチとかあるんでしょうか?それより強い外国選手とかとやってほしいなあ。ただ、最近ちょっとテレビ出杉(苦笑)でも練習は相当やってんですよね。たいしたもんだ。
[ 2008/12/25 12:24 ] [ 編集 ]
555さん、お久しぶりです!
女性って言っても友達の彼女ってオチ付きだったりします^^;

やっぱりテレビ解説についてはそう思いますよね!
K-1とかは3R位で倒すかどうかみたいな所が強いですし、それが魅力でもあると思うので、某T川さんみたいな「凄い!強い!」だけでも良いんですけど、
ボクシングは12Rですから、もっと細かい技術的な話をしないとダレちゃうと思うんですよ。
今回に関しては打ち合いだから良かったかもしれないですけど、なかなかクリーンヒットを奪えない試合とかだと、それが無いとレベルの高い試合が「つまらない試合」になってしまう事もあると思いますし…
まぁ、まず畑山辺りを復活させて欲しいですね。
亀田じゃないなら良いと思うんですけど…

内藤はかなり良い出来でしたね。久しぶりじゃなかったでしょうか。
あの外からのパンチは山口は反応出来ていなかったですし、全く見えないんでしょうね。
亀田との対戦はたぶん無いでしょう。
IBFの挑戦者決定戦の文言は無くなりましたが、来月の終わりにメキシコでWBOのSフライ挑戦経験のある選手と試合する予定です。
内藤はポンサクの同門のポノムルンレックと、挑戦者決定戦に勝ったメキシカンのミランダとの対戦が義務付けられています。
その後か、間に選択試合を挟んだとしても無いでしょう。
そもそも、この強敵2人をクリアしたら亀田なんかとではなく統一戦と言うのが正しい流れでしょう。

テレビに出演するのは個人的には何も問題ないと思ってます^^;
ほとんどのボクサーは仕事している訳ですし、それと比べたらむしろテレビ出演している方が練習時間確保出来るんじゃないかなと…
まぁ、あの動きを見れば練習をしっかりやっているのは一目瞭然ですし、誰も文句言いませんね^^
[ 2008/12/26 06:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。