メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長谷川V7戦&粟生世界初挑戦決定!WPB7 

長谷川、粟生のダブル世界戦発表 10月16日東京で
http://boxon.jp/news/003065.php

日本ボクシング界のエースWBCバンタム級王者:長谷川穂積(真正)の7度目の防衛戦が決定。
10月16日に先日ダブル世界フライ級タイトルマッチの行われた国立代々木第一体育館に行われます。
相手は同級2位のアレハンドロ・バルデス(メキシコ)
173cmの長身で、長谷川にとって世界戦では初のサウスポーとの対戦
メキシカンとは、ガルシアとはダウンを2度奪うユナニマスも、苦戦した印象。
マルチネスには何もさせず7RTKO勝利と、苦手にしている印象は無い。
知名度的には内藤や亀田に劣るも、「日本ボクシング界のエースは長谷川穂積だ!」とアピールとなるような試合を期待したい。

その前には高校6冠、デビュー時には「西の亀田に東の粟生」と呼ばれた粟生隆寛(帝拳)の世界初挑戦が行われます。
粟生は4月に行われた榎洋之とのタイトルマッチ以来の試合となる。
王者のオスカー・ラリオス(メキシコ)は日本でもお馴染みの屈強なファイター
Sバンタムで9度の防衛記録を持ち、日本人には全勝のレコード
ホルヘ・リナレス(帝拳)の返上により正規王者となったラリオスは、パッキャオやバスケスとの対戦経験のある本物の世界王者。
前回の榎戦の様な消極的なボクシングではラリオスのプレッシャーに押しつぶされてしまう。
リナレスからの情報と、兄の様に慕う長谷川の世界王者としての姿を見つめ、4月とは違う粟生隆寛でリングに上がって欲しい。
厳しい相手だが勝てない相手ではないはず。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/08/13 01:38 ] ボクシングニュース | TB(1) | CM(6)
榎の世界戦よりも粟生のほうが先に決まってしまいましたね。なんとなくそんな気がしてましたが。
まだちょっと早いような気もしますがスピードとテクニックは通用すると思うんでがんばってほしいですね。
榎は今後どうなっているのか分かりますか?
[ 2008/08/13 11:47 ] [ 編集 ]
個人的には4月は粟生が勝ってたと思うので挑戦も良いのですが、もう一丁世界ランカー相手とやってキッチリ勝ってからやって欲しかったなぁという気もします。
リナレスも苦戦したラリオスですからね…厳しいとは思いますが期待したいです。

榎ですが、10月に後楽園でクリス・ジョンに挑戦が内定しているとの話です。
が、そのクリス・ジョンがご存知かもしれませんが7月の防衛戦をボイコットで王座剥奪の可能性もあります。
それ以外にも内定していた試合2試合が消えて防衛戦を行っていない状態ですので、榎との試合もどうなるか分かりません。
剥奪にならなければ、インドネシアでの金銭未払いがボイコットの理由らしいので、日本ならばやってくれそうな気が個人的にはします。
ただ剥奪となった場合はランキング下がってしまっただけに微妙ですね…
[ 2008/08/13 19:40 ] [ 編集 ]
榎情報ありがとうございます。
ようやく巡ってきた世界挑戦もなんだか微妙な感じなんですね。
これで流れちゃったらとことん世界戦には縁のない選手になっちゃいますね。
年齢的にもモチベーション保つためにもなんとか世界戦やってもらいたいと願うばかりです。
粟生はラリオス対策しっかりやってるんでしょうし期待してます。長谷川、粟生と看板選手なだけに日テレも気合いれて中継するでしょうね。
[ 2008/08/14 09:54 ] [ 編集 ]
ジョンの件は最新のボクマガ等にも載っていますね。
しかし榎のモチベーションはかなり高そうです。
小堀の件も影響してると思うのですが、合宿でも一人黙々とメニューをこなしているそうですし…
個人的には榎×ラリオス・粟生×ジョンの方が面白そうで観たいですけどね^^;
小堀の11月に噂されている興行辺りで組まれたら盛り上がりそうです。

長谷川・粟生…日テレのエースですね。
これが失敗したら日テレすら危ない気がしますが、広報活動しっかりしてくれれば試合自体はハイレベル間違いないですし成功すると思います。

明日は亀海のタイトル前哨戦(?)や細野(これも前哨戦?)の興行で楽しみです。
出来たら生で観たいのですが…
[ 2008/08/15 22:17 ] [ 編集 ]
長谷川vsブシマリンガ戦は、長谷川のサウスポーが苦手だというのをモロに露出していたと思う。たまたまタイミングのいいパンチが当たっただけでしたね。意外と再戦したら判らない試合になるかもよ。ブシマリンガはアマチュアスタイルでパンチを纏めてコンビネーションを入れやすいと思う。ただ、最初のダウンで立ち上げたけど、逃げてクリンチしていれば、試合の流れは代わっていたかもしれない。サウスポーがタイトルを失う時は、サウスポーにある。あと、ヒルベルトローマンの様な技巧なテクニシャンとの対戦でしょうね。
[ 2009/03/13 15:58 ] [ 編集 ]
タラ・レバを言ったらキリがないですが、それをキッチリ仕留める所が凄い所でしょう。

それよりも、メアドが思いっ切り載っちゃってますけど良いのですか?
もし、パスワード設定してなくて消せないようなら代行しますので言って下さい。
[ 2009/03/13 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://box1ng.blog86.fc2.com/tb.php/272-f4b70d68

 先日、ビービースポーツ本社を訪れた“BMファミリー”の一人、WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積(真正・写真)が10月16日、東京・国立代々木競技場で同級2位のアレハンドロ・バルデス(メキシコ)と7度目の防衛戦をおこなうことが12日、発表された。年内のアメリカ進
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。