メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

WBSS決勝 結果 

WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦
WBA・IBF王者:井上尚弥(大橋) vs. WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)

緊張感たっぷりのスタート。
スピードではやはり井上だがドネアも調子は良さそう。
2Rプレスを強める井上だがドネアの左フックで右目をカット
井上はパンチを当てているがドネアの懐が深く深くは当てられない。

ジャブを上下に打ちボクシングを立て直しに入った井上尚弥。
5R井上の右でドネアの膝が折れるもダウンシーンは無し。ドネアも相当走り込んでるのだろう。

9R右で井上がぐらつくシーンもあるシーソーゲーム。
11R右アッパーからの左ボディでドネアがダウン!カウント10入ったように見えたが試合続行。
詰めに行くもドネアも左フックを返し耐え切る。
12Rドネアも必死にKOパンチを狙ってくるが井上も応戦し試合終了のゴング。

ナイスファイト!の拍手が会場を包んだ。

個人的採点は116-111で井上尚弥
オフィシャルは116-111、117-109、114-113で井上尚弥がユナニマスでWBSS優勝を決めた。

井上尚弥にとって間違いなくキャリア最大の苦戦となった。
ドネアはこの試合にかける意気込みがハンパなくコンディショニングも完璧だったのだろう。
やはりスーパーレジェンドであった。
ロドリゲス戦が事実上の決勝戦などと言われていたが、やはり本当の決勝戦が決勝に相応しい試合になったのはドネアだったからこそ。

井上は下半身の踏ん張りがいつもより効いていない印象だった。
その分ダメージを与えきれず、ドネアのプレスを許してしまったか。
序盤のカットもゲームメイクに大きな影響を与えたようで、試合後のインタビューでは「ドネアが二重に見えていた」とのこと。
その状況でもダウンを奪い大差判定で勝つのだからやはりモンスターだ。

WBSS優勝を決めた井上尚弥だが、この試合でさらに成長するでしょう。
弟を破ったウーバリとの統一戦を希望しているようだが、トップランクとの契約も決まりさらなるビッグマッチも待っているはず。
来年もやはり“モンスター”の年になるでしょう。
まずはゆっくり休んで欲しいところ。

いやしかし、ハイレベルな技術戦でありながらスリリングな打ち合いシーンも有る本当にいい試合だった。
両選手本当にありがとう。



WBC世界バンタム級統一戦
王者:ノルディーヌ・ウバーリ (フランス) vs. 暫定王者:井上拓真 (大橋)

セミで行われた弟の試合。
拓真は相手のジャブに左フック、左に右の打ち下ろしと上手く対策ができているスタート。
ウーバリは右、いきなりの左と打つが拓真はパンチは見えている印象。
3Rウーバリの左を一発もらってしまったが、その後の対応は冷静だった。
しかし、4Rウーバリの左で拓真ダウン。ダメージは若干ありそうだが足を使って凌いだ。

中盤からは膠着状態が続き、拓真はダウンのダメージは徐々に抜けてきているが受け身だけでなく戦法に変化がほしい。
体の力はウーバリの方が強いので一発では厳しく手数が欲しいところだ。

8Rの公開採点で圧倒的差が付いて倒すしか無い拓真だが左ボディが効果的で、上まで返せればチャンスもありそうだが…
12Rウーバリはポイントアウトしに来るかと思いきやウーバリは引かない。
拓真は左フックでウーバリをグラつかせるがウーバリも上手く追撃は許さずゴング。

個人的採点は115-112でウーバリ
オフィシャルは115-112、117-110、120-107
大差のユナニマスでウーバリが王座統一と防衛に成功。
フルマークは流石にないだろ…

拓真はスタートは良かったが手数と先手が少なかった。
ダウンしたこともあるがウーバリのパンチを警戒しすぎて後手になりすぎたか。
もっと手数を出してがむしゃらになってほしかったが、最終ラウンドくらいで遅すぎた。
ウーバリのキャリアに屈してしまったか。残念。
これを良い肥やしとして再び世界の舞台に戻ってきて欲しい。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
見た目、ドネアより、一回り以上小さく見え、上半身下半身ギクシャクして見えました。初回で、下がり気味だったので「?」がつきましたが、推測通り大苦戦になりました。
早くウェイトを作りすぎたことで、何かしらの変調あったかもですね。以前なら、ガードの上からでも効かせていたパンチにエナジーを感じなかった。だからドネアは自信もってプレス出来たのかな?
ドネアが、「いけるモード」になった。
今回の反省活かして、次は減量から解放されてナバレッテ戦見たいですね。モンスターな試合になると思う。
[ 2019/11/08 07:23 ] [ 編集 ]
一夜明け会見を聞くと1Rは手応え感じてたようですね。やはりカットして右目がぼやけるというのは相当やりにくかったようで、踏み込んで打てなかったみたいです。
むしろ血が目に入った方がぼやける視界じゃなくなって良いなんて事も言ってましたし^^;
この試合を含め今月はバンタム級のトップ選手が一挙にリングに上がりますし、その結果によっても今後のマッチメイクは変わりそうですね。
ナバレッテ戦は面白そうですけど実現は厳しそうな気もします。井上はWBCとやりたいっぽいですし次で上げるという感じではなさそう。
ナバレッテは階級アップ示唆してますからね…井上とやれるなら待つかもしれませんが…
[ 2019/11/09 00:28 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
ロドリゲスが「壊れてなければ」、ネリ、ウーバーリを完封する可能性あるから、むしろテテ戦の可能性はありますかね?
個人的にあの長身サウスポースタイルで、射程外の絶妙なポジショニング+無尽蔵な体力から繰り出される、
「超長距離砲乱射当て逃げ」
は、眼窩底骨折で、距離感に変化でる可能性ある井上選手にとって、KO狙いのドネア、ネリより相性最悪で、危険極まりない気するのですが.........近づいても秒殺した、迎撃カウンターミサイルまで、兼備してるので。
怖いような見てみたいような。いかがですかね?
[ 2019/11/09 23:12 ] [ 編集 ]
テテは井上も名前を挙げていましたし、テテ陣営もカシメロ戦に勝ったら交渉に入るみたいなことコメントしてるみたいですね。
WBSSの抽選前だったと思いますが、テテとの対戦が1番観たいみたいなことどっかで書いたと思うんで、個人的にもかなり観たいです。

ここまで書いてちょっと探してみたらマクドネル戦の時「ゾラニ・テテとの試合が待ち遠しい!」って書いてただけみたいです^^;

テテの試合自体はそこまで観たことがある訳じゃないんですが、11秒KOの印象が強いですがナルバエスにもフルマークですし、帝里木下にもほぼフルマークでポイントも取れるんですよね。ただこの2試合は共に勝つ気あるの?って感じの相手ではあるんですが^^;
スーパーフライ級時代は結構ダウンしてますし、バンタムに上げてから耐久力も上がっているのであれば井上も苦戦する可能性はありそうです。
スーパーフライ級の時はとても難攻不落タイプには見えませんでしたので。
ただ、テテは怪我が多くて信用しにくいんですよね^^;今回もそうですがナルバエス戦も延期してましたし…
[ 2019/11/10 08:49 ] [ 編集 ]
丁寧なコメント感謝しております。

テテですが、ドネア戦で手酷く痛んだ井上は、今が「食べ頃」と見てるのでしょうね。
これまでは「安全圏の遊び」で勝ってきてしまっている部分があるように感じます。
相手が勝つ気がないように見えるくらい絶妙な距離感で弄んでるようにも見えるんですよね。事実上戦意喪失させている。
今回のドネアのように「仕上げて、スイッチが入った」状態ならどうなるかは未知数といえます。より緻密に、正確に射程外から撃ち抜いてくると、予想します。
パンチがないのではなくて「倒しにいく必然性」ないスタイルだから、ブランク明けの井上と対峙するとテテに「KOゾーン」がない分、よりあのスタイルが機能しそうな気がするんですよね。ドネア戦前ならテテは受けないけど、今ならチャンスと踏んでるのかも。
最後にナバレッテですが、かつてフィニート.ロペスが、階級を上げる上げると言いながら、4年程ミニマム級に留まったことありましたよね。ナバレッテはあと1、2戦と言いながら中28日で戦ったり、近々防衛戦あるなど平然と戦い続いています。井上が意思を示せばウルトラCでのナルバエス戦も踏まえて可能性0ではないと思いたいですが。
まあロペスは、メキシカンには珍しい例外的に節制に努める厳格な修行僧タイプであったことを注釈として付け加える必要はありますが。ナバレッテが、留まれるのかは?ですが。
思い入れありすぎて長々失礼しました。
[ 2019/11/10 10:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。