メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

内藤!圧勝!完勝!初防衛成功! 

内藤圧勝でした
後は帰ってから…

帰って来ました。
寝てないので今日は無理。。

明日は休みなのでいくつか記事を書くつもりです。

と言う訳で、起きましたと言うか、内藤のテレビ出演が一段落したようなので、とりあえず現地での印象を書きましょう。

会場の有明コロシアム…前座は客席は空席の嵐…
メイン時の客入りと比べて2.3割とも思えるような感じで、
多くの人がボクシングではなく、内藤vs亀田を見に来ている感じでした。

セミから40分近くの休憩後、いよいよメインのWBCフライ級タイトルマッチ
赤コーナー側だった事もあるかもしれないが、亀田側の入場に比べ内藤の「ロマンティックが止まらない」をバックの入場の内藤コールの多さは過去の亀田戦では見られない光景でした。

試合としては、1R予想通りいつも通り亀田スタイルで距離を潰しにかかる亀田に内藤が左でリーチ差を生かし距離を作り接近戦かわす展開。
顔を完全に覆う亀ガードから、クリーンヒットはなかなか奪えないが大毅がパンチを出せる距離に入れず内藤の手数だけが目立つ展開。
正直、ここで勝負あったか。

その後も、大毅の出鼻を多彩なパンチで封じる内藤ペースで進む。
中盤以降、揉み合いのシーンが多くなり後半からは両者エキサイト
9Rには内藤のスリップダウン後の加撃で1Pの減点、これはいけない。
そして悪夢の12R、KO以外勝ちのない大毅が取った行為は反則行為の嵐
減点3…聞いた事無いですが過去にあったんでしょうか?
これを歴代の世界王者、世界王者を目指した人、世界王者を目指している人はどのような思いで見ていたのでしょうか…

採点は当然内藤の3-0
個人的な採点も亀田に甘く見ても117-107
手を出さない相撲の様なスタイルで勝てる訳がありません。
戦前から言われていた事ですが、レベルが違いました。

更に残念なのが、握手もしない健闘を称える事もしないで逃げる様にリングを去る亀田陣営の姿
試合中の行為を100歩譲って、熱くなってしまったで片付ける事も出来なくなった。
内藤は王者らしくリップサービスかもしれないが、「思ったよりもやりにくかった」と最低限の配慮は見せた。
亀田はボクシング、世界戦の価値を落とし、ヒールと言うよりも悪になっただけと言われても仕方が無い。

18歳の子が、ベテラン王者相手に最後まで立っていた事は凄い事なのかもしれないが、それ以前のボクサーとして人として幼すぎる。
18歳18歳と言うが、彼はもう社会人な訳で、影響力もある知名度のある人間だと言う事がわかっていない。

「18歳だから…」で片付けて良いんでしょうか?
亀田だからそこまで言う?そうかもしれません。
でも亀田なんだから当然なんじゃないですか?
試合前の舌戦はパフォーマンスは良いですよ。
だからこそアフターケアが重要なんです。
過去の辰吉薬師寺・畑山坂本の時を思い出して下さい。
試合後の両者の態度・発言によって、より美しい試合になった訳でしょう。
その点が非常に残念で悲しいです。
大毅ならびに陣営には猛省と謝罪をしてもらいたい。
それが出来ないならボクサーを名乗る資格は無いし、ボクサーとしてだけでなく人間としても成長できないでしょう。
応援する人もますます減るでしょうしね。
応援してくれる人の有難みが内藤を見て分かったでしょう。

内藤も目には目をの行為をしてしまったのは良くない。
それと、観客の一部で「切腹しろ!」「腹切れ!」と言っている人もいたが、それはもう良いでしょう。
ブーイングは構わないですが、汚い野次を飛ばしていた人はもう止めましょう。
内藤ファンと言うより、アンチ亀田の人なのかもしれないですが…
亀田の応援団も、ラウンド中の太鼓は駄目だと言われていたんですから守りましょうよ。。

内藤ファン、ボクシングファンとしては勝ってくれて嬉しい面、ホッとした面がありましたが、
試合内容などモヤモヤと後味の悪い部分も残りました。
テレビ観戦していた人にはどう映ったのでしょう?
ボクシングがただの喧嘩と思われていないか心配です。

あぁ~ここ最近の疲れがドッと出てます。
酸素カプセルに行ってから、録画したものを見たいと思います。
「酷かった」と何人もの人から連絡を受けたテレビ放送…不機嫌にならない程度のないようである事を祈ります^^;
会場からでは見えなかった部分も確認したいですし。

とにかく、内藤が勝って良かった!
内藤のRomanticはまだまだ止まりません!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
やった、やってくれました内藤選手!
今日はこれで十分、後日又お邪魔いたします。
[ 2007/10/12 02:15 ] [ 編集 ]
とにかく勝ってくれた事に感謝ですね!
[ 2007/10/12 10:09 ] [ 編集 ]
匿名希望さん…

貴方ようなボクシングファンがいると悲しくなってきますわ…
こういうことは2ちゃんかなんかでやって下さいな(笑)

私に文句があるならメタモさんは私のアドレス知ってますから聞いて頂いて構いませんから一対一でお話してもよろしいですよ。
[ 2007/10/12 12:49 ] [ 編集 ]
昨日はテレビで観戦しました! 内藤選手の圧勝でしたね! 手数、テクニックすべてにおいて大毅を圧倒してましたね!それにしても大毅の反則の多さには呆れました。クリンチでの足へのパンチ、あれには内藤選手もかなり頭にきてたように見えました。それから12ラウンドが始まる前に亀田おやじと興毅が反則を促すような発言を音声が拾ってらしく、またまた問題になりそうな気配ですね。
[ 2007/10/12 14:43 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/12 22:30 ] [ 編集 ]
大方の予想通りなんでしょうけどチャンピオンやってくれましたね。
でもものすごい注目度とかプレッシャーもあって動きがずいぶん硬かったような。
あのままではポンサク戦は危険ですね。
次は兄が挑戦しそうかなって思いましたけど反則指示するような選手とはやらなくていいですね。
「WBCは世界戦のルールで、親族がセコンドにつくことを禁止している」
これは知りませんでした。禁止してるのになんであの親子堂々としてるんだろ。
[ 2007/10/12 22:54 ] [ 編集 ]
内藤選手初防衛おめでとうございます。初防衛でそうとうプレッシャ-があったと思うけどさすがです。初防衛で失敗するチャンピオンは多いですから。次戦のポンサクは防衛のプレッシャ-から解放されて頑張って欲しいです。
[ 2007/10/13 00:56 ] [ 編集 ]
内藤選手が勝ってくれて本当にうれしい。
ボクシング界を救ってくれたとおもっています。

が・・・

メタモさんの言うとおり、後味悪いと言うかモヤモヤ感がのこりますね。

会見での悪態
亀親父の恫喝
度重なる故意の反則
親父と兄貴の反則指示
勝者をたたえる事のない態度

いったい何をしたかったんだ?
ボクシングじゃないのか?
あれで万が一内藤選手が頭から落とされて、再起不能の怪我でもしていれば。

謝罪じゃすまないですよ。

若かった
熱くなった
一から出直す

もうたくさんです、聞き飽きました。

この問題、何があろうと徹底究明すべきです。

[ 2007/10/13 01:27 ] [ 編集 ]
>匿名希望さん
タイトルはもう少し考えてください。
内藤の動きはベストでは無かったですね。
間隔の短さ、調整不足の影響もあったと思います。

>がくさん
初めまして!コメント有り難うございます。
太ももへの打撃とサミングは相当頭にきてましたね。
インターバル中の件はJBCも動くそうです。

>通りすがりさん
秘密コメントにここでお返事して良いのか分かりませんが、
問いかけられる形になってたのでここで失礼しますね。
野次のところはそう思いますよね。
ブーイングや試合中の件で言うならあれですが…
内藤の反則行為は確かにいけない事ですが、その前後を見てもらうと大毅のサミングと思われる行為等に何度もアピールしている事が分かると思います。
あの行為自体いけない行為ですが、そこに到った過程を見ると内藤よりもやはり大毅が…となってしまうのは仕方ない気がしますね。
弱かった発言は、本音だと思います。
少なくとも追い詰められたようには見えないですし、採点待ち中も亀田の反則について話している感じでした。
インタビュー中も怒っているような印象でしたし。
まぁ、これは私の意見で人によっては「言う必要ない」と思う人もいて当然だとは思いますよ。

>まつまつさん
やってくれましたね。
内藤は固かったと言うか、力んでたと言うか…^^;
調整不足もあったんでしょうかね。
本当は亀田家の中では興毅とやって欲しいと思っていましたが、現状の亀田家とはもう関わらないで欲しいという気持ちに変わりましたね。
セコンドの件は、JBCのローカルルールに合わせたみたいです。
これは越本も同じですね。
もし認められなかったら誰がセコンドに付くんでしょう?^^;

>マイトさん
JBCの姿勢も問われますね。
ここでキチンとしておかないと、やり得と言うか認めてしまう事になりますから。
[ 2007/10/13 03:02 ] [ 編集 ]
>スーパー☆さん
すいません。抜けてました。コメント有り難うございます。
獲るよりも守る方が難しいと言いますしね。
次戦はポンサク戦になるんでしょうかね。
まずはゆっくり休んで、頑張ってほしいですね!
[ 2007/10/13 03:27 ] [ 編集 ]
アナウンサーと解説の亀田に偏った話し方に嫌気がさします
鬼塚のコメントが、亀田兄が世界戦で最初に負けた(インチキ判定勝ち)時の12Rと同じコメント連発していたのには笑いました
確かに、スタイルが噛合わない両者だったので醜い試合でした(4回戦以下の喧嘩)
内藤も今一で、次回のポンサク戦で負けてしまうのではという内容でした
内藤には頑張って欲しいんだが・・・
スレ汚し失礼

2007/10/12(金) 12:24
[ 2007/10/14 08:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://box1ng.blog86.fc2.com/tb.php/144-64b9bf51

プロボクサー(!?)の亀田大毅選手が投げ技を見せている似顔絵を描いてみました。世界チャンピオンの内藤大助選手と試合をした亀田の次男さん。格闘技は格闘技でも、プロレスでしたね。前半は、ヘッドバット。中盤は、スピアーと三沢選手ばりのエルボーとサミング。首を押
今日(11日)、WBC(世界ボクシング評議会)世界フライ級タイトルマッチが、有明コロシアムで行われました。王者内藤大助選手(33歳 宮田ジム)に亀田3兄弟の二男で同級14位の亀田大毅選手(18歳 協栄ジム)が挑戦しました。戦前から対戦をめぐって挑発や舌戦が繰り...
[2007/10/12 01:00] ベリーズ日記
そんなわけで、自明の理にして当然の結果。至上最低の挑戦者を退け、内藤大助が初防衛に成功した。亀大は本当にお粗末な挑戦者でしたね。ガードを固めて頭から突っ込むだけの、愚劣なファイトスタイル。くっつくと反則を
このブログの趣旨とは変わりますが、先日行われた「フライ級タイトルマッチ内藤大助vs亀田大毅」について、ブログを通して多くの人が様々な意見を出しているようなので、僕も意見したいと思いパソコンを立ち上げました。
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。