メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

井上尚弥WBSS初戦&拳四朗V4戦 

WBCライトフライ級タイトルマッチ
王者:拳四朗(BMB) vs. 5位:ミラン・メリンド(フィリピン)

八重樫を1RKOした試合や昨年大晦日の田口との一戦で日本でもおなじみのメリンドを迎えた拳四朗の防衛戦。
序盤から拳四朗のジャブが効果的で、距離を完全に支配している。
拳四朗はパンチを当ててからスッと引いて自分のパンチだけを当ててメリンドのパンチを喰わない。
戦前に距離の支配力は自分の方が上と言ったメリンドに対し、自分の方が上だと主張した通りのボクシングが出来ていた。
6Rには右でメリンドが左目の上をカットするなどワンサイドに近い形。
7R拳四朗が詰めにかかりメリンドの出血がひどくなりドクターチェックとなり、そのままストップとなり拳四朗が7RTKOで4度目の防衛に成功!

拳四朗の安定感はかなり進化していたのではないか。ステップワークに効果的なジャブの放ち方で元王者を完璧にコントロール。
あの出入りの速さについていけないとなると途端にワンサイドになってしまう。
長期政権も十分可能だが、田口や京口といったところとの試合が組まれれば盛り上がるのではないか。



WBA世界バンタム級タイトルマッチ
王者:井上尚弥(大橋) vs. 同級4位フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ)

WBSS初戦でまたしてもモンスターがモンスターっぷリを発揮した。
試合が始まるとパヤノは半身に構えながらジャブをボディに打ち込んでくる。
井上は冷静にパヤノの右を前に出した左手で払い落としながら距離を測っていた印象。
試合が始まり1分ほどしたところ、井上が拳を一瞬下げ下から突き刺すようなジャブからワンテンポ置いてタイミングをズラし右をズドン。
この右が完璧にパヤノの顎を捉え、パヤノは硬直したままダウン。
ダメージは深刻で立ち上がることは出来ず、井上尚弥が1R70秒で元スーパー王者を秒殺!
WBSSバンタム級準決勝へ駒を進めた。

正直言ってWBSSの中で嫌な形の苦戦をするならパヤノかなと思っていましたが、寄せ付けませんでしたね。
頭とかラフファイトにどう対応するのかなど一抹の不安を感じていた人は多かったと思いますが…
あれだけ半身になっている相手に中に踏み込んでいってますからね…強すぎる。

しかし、生観戦した方は感じたと思いますが、会場の雰囲気最高でしたね。
なかなか日本では見ることの出来ないスタイルで、一緒に行ったあまりボクシング観戦歴の無い友人もテンション上がっていましたね。
WBSSスーパーライト級の方は…でしたが^^;

さて、井上の次戦は再来週に行われるロドリゲスとマロニーの一戦の勝者と来春に予定。
ロドリゲスとマロニーの一戦は井上×パヤノに次ぐオッズ差で圧倒的ロドリゲス有利とされています。
井上を脅かす存在なのかどうか、来週のテテ×アロイヤン同様注目しましょう。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/10/14 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。