メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

シーサケット×ロマゴン 結果 

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:シーサケット・ソールンビサイ(タイ) vs. 1位:ローマン・ゴンサレス(帝拳/ニカラグア)

スタートからシーサケットの手数とパワーにロマゴンは押され気味
距離も合っておらずパンチは空転し、ロマゴンのバランスも悪い
4Rに右ストレートに合わされた右フックでロマゴンがダウン
ダメージ深く、再度打ち合いの中で右フックを合わされ大の字になり終了
4RTKOでシーサケットがロマゴンを返り討ち!

序盤からバッティングのアピールなどロマゴンが弱気なのが気になった。
パンチが効かないのはもちろん、体の力でも劣っているのでシーサケットが下がらず自信満々に戦えていた。
ロマゴンはやはりスーパーフライ級ではスーパーな存在では無かったということ。
フライ以下では下がらせられていた連打で下がってくれないので力んでバランスも崩すという悪循環。
残念ですがシーサケットはよく研究もしていたし完璧に仕事をこなした。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
ある意味予想通りでしたが、おかげで井上の勝利が目立たなくなってしまいました。メタモさんのおっしゃられる通りで、スーパーフライのロマゴンは、フライまでの圧倒的な圧迫感がない分、相手にとって怖さがないと思います。井上選手はどうするんでしょうか、ロマゴン、クアドラスでは今更感が強いし、シーサケッドとエストラーダを待つこともなさそうなので、次戦はバンタムで世界戦となるのでしょうか?
[ 2017/09/11 18:09 ] [ 編集 ]
体の力で劣ってるので相手が下がってくれないんですよね。
シーサケットはよく見ていましたが、かつては見させないほどのプレッシャーがありましたし。
シーサケットはこれで名も売れましたし、日本に呼ぶのはかなり費用が掛かりそうで年内は無さそうな気がしますね。
バンタムならネリの処分によってはいきなり決定戦出場も出来そうですがどうでしょう。
[ 2017/09/11 20:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。