メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

ボクシングフェス2017初日&田中恒成 

WBA世界ミドル級タイトルマッチ
村田諒太 vs. アッサン・エンダム

エンダムは大きいリングをオーダーした通り序盤からジャブを打ちながらリングを広く使う。
村田はガードを固めながらプレッシャーをかけるスタート。
2Rから徐々に手数と右も打ち始めた村田、4Rにはラウンド終了間際に右のショートがカウンターになりエンダムからダウンを奪う。
ダウンをしてからの粘りが凄いのがエンダムだが5R打ち合いに持ち込むなどその片鱗を垣間見せる。
ダメージ感じさせるエンダムだが7R休もうとするエンダムだが村田の右でよろめくなどガードの上からでも効いてしまう状態か。
村田の右の打ち終わりをエンダムは狙っているが村田のカバーが早いのでクリーンヒットは奪われず。
最終ラウンドまで村田が出てエンダムが下がる形で試合終了のゴング

結果は114-116 117-110 112-115のスプリット・デシジョンでアッサン・エンダムが勝利

まさかの結果に会場は騒然…
“素人”には村田がリードしているように見えたが…
たしかに手数はエンダムだったが村田はブロックしていたしダメージもエンダムだったはず。
“プロ”である現・元世界王者らもこの判定には首を傾げているようですが…
有効なクリーンヒットとは何なのか…残念。。

WBC世界フライ級タイトルマッチ
ファン・エルナンデス vs. 比嘉大吾

1Rは足を使われてこのままだと厳しいと思ったところ2Rにいきなり比嘉のパンチが炸裂!
左フックでこの試合最初のダウンを奪う。
その後も比嘉のプレッシャーが強く5Rにもダウンを追加!
フィニッシュとなる6Rには4度のダウンを奪いレフェリーがストップ!

比嘉大吾が日本ボクシング史上初となるパーフェクトレコードのまま世界を奪取!
計量失敗のエルナンデスをリング上で成敗!

比嘉のパワーはかなりなものだったが、距離の詰め方も非常に優れていた。
1Rの感じを見ると手こずりそうな印象もあったが、録画したものを見直すと捕まえられる実感をこの時に得ていたという。
その通りに2Rでダウンを奪い圧勝するのだから素晴らしい。
井岡の距離も潰せるのかどうか対戦して欲しい。

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
ガニガン・ロペス vs. 拳四朗

名前にちなんで「愛をとりもどせ」で入場の拳四朗
試合は序盤からジャブと打ち終わりを共に狙うペースの取り合いとなった。
徐々にペースを上げた拳四朗だが、ロペスも下がらず応戦し拳四朗がグラつくシーンも。
4Rも8Rも公開採点では僅差で拳四朗がリード。
後半はロペスが挽回しに前に出て拳四朗が足を使う展開となったが、ロペスの左を喰うシーンもありヒヤリ。
最終ラウンドはお互い気力を振り絞った打ち合いのまま試合終了のゴング。

微妙な判定は115-113×2、114-114のマジョリティデシジョンで拳四朗が王座獲得!

後半追い詰められるなど薄氷の勝利だったが10戦目での世界王座奪取は立派。
これでライトフライ級は日本人が4団体独占の偉業となった。
正直、拳四朗は他の3王者と比較すると現状においては一つ劣るかなという印象ではあるが、伸びシロは十分だと思うので今後に期待したい。

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ
田中恒成 vs. アンヘル・アコスタ

パーフェクトレコーダーのアコスタが序盤からプレッシャーをかけながらゴツンゴツンとスピードはないものの重たいパンチを思い切って打ってくる展開。
田中は少々後手に回り様子見といった感じだが、気は抜けないのは画面を通しても伝わってくる。
4R辺りから田中のボディを中心とした攻撃が活きてきてアコスタを下がらせるシーンも。
5Rには田中が右アッパーから打ち下ろしの右でダウンを奪う!
アコスタはこれがプロ・アマ通じて初めてのダウンだという。
アコスタは立ち上がるとダウンを挽回するようにパンチを出し続けるがボディのダメージはかなりある印象。
ダウン以降は田中が詰めてアコスタが下がるシーンが増えるがアコスタは力を込めたパンチをまとめて打ってくるので怖さは変わらない。
アコスタはパンチもあるが序盤からボディが効いているのにパンチを返し続けるタフさも驚異的だったが、9Rには露骨にクリンチに逃げるなどかなりダメージが深く田中のKOシーンの機運が高まってきたか。
後半、アコスタは露骨にダメージを感じさせるがそれでも諦めない、田中も消耗してきており消耗戦にもなってきた。
最終ラウンド、ポイント劣勢のアコスタはもちろんだが田中も最後までKOを狙っている。
両者最後まで気力を振り絞り試合は判定決着へ…

117-110×2
116-111
のユナニマスデシジョンで田中恒成が初防衛に成功!

強いパンチをまとめて出せる挑戦者に前半は後手に回されてしまったが、中盤以降はパンチも見切って上手く上下を打ち分けペースを握った。
試合後のインタビューではゲストとして来場していた田口良一をリングに招き年内の対戦を約束。
田中が強敵を退けライトフライ級の統一に前進した好ファイトだった。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。