メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

大晦日世界戦@東京 

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者:田口良一(ワタナベ) vs. 同級3位:カルロス・カニサレス(ベネズエラ)

強打が売りのカニサレスは序盤から大きなフックを振るうなど出てきたが、これは田口も予想通りだったか冷静に対処しているように見えた。
しかし、3Rからカニサレスは足を使ったボクシングにチェンジし田口はなかなかこれに対応しきれなかった。
田口はプレッシャーはかけるもなかなか手が出ない展開が続いたが、それでも懸命に追い続け後半はボディも効果的になってきていた。
しかし、それでもお互いに見せ場はなく、判定決着になった。

結果は、116-112、112-116、114-114のドローで田口がドロー防衛に成功。

前回よりも田口のデキそのものが良くなかった感じもするが、相性が良いと思っていた相手が相性の悪いボクシングをしてきたことで上手く対処できなかったのが大きいだろう。
ドローでも防衛できたことで今後に活きくれれば良いがどうだろうか。
八重樫東・田中恒成とライバル王者が日本に2人いるだけに2017年は統一戦という期待も出てくるだけに、この試合を肥やしに出来ているかどうかに注目したい。



WBA世界スーパーフェザー級スーパータイトルマッチ
王者:ジェスレル・コラレス(パナマ) vs. 同級3位:内山高志(ワタナベ)

まさかの2RKOで王座を失った内山高志のダイレクトリベンジマッチ
前回の試合を踏まえて内山はかなりディフェンシブな戦いで挑んでいた。
コラレスは前回同様スピードも有り、スイッチも頻繁でやりにくそうな印象。
序盤はコラレスがペースを握ったように見えたが、5R終了間際にスリップ気味だがダウン判定をコラレスが貰ってしまう。
コラレスはラウンドを重ねるに連れ疲労が見えてくるようになり、内山もパンチを当てられるようになってきたが連打は当てられない。
9R終了間際は右ボディでコラレスが効いたように見えたが、コラレスの執拗なクリンチで逃れられてしまった。
後半は内山がペースを握ったように見えるが、コラレスも12Rにはシューズのヒモを解いて時間稼ぎするなど必死にポイントアウトしようとしている。
内山も最後までダイナマイトに点火させることが出来ず判定決着に

スコアは117-110、115-112、113-114のスプリットでコラレスの防衛
内山リベンジ達成ならずという結果になった。

緊張感のあるスリリングな試合だったが、改めてコラレスは内山にとって相性が悪いという試合内容だったでしょうか。
前回とは違った形で力が出し切れなかった印象の内山は2016年勝ち星なしの連敗となってしまった。
進退は明らかにしていないが、コラレスに拘るのであれば少々厳しいのかもしれない。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。