メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

井上尚弥V3戦 結果 

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:井上尚弥(大橋) vs. 同級1位:ペッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ)

この日の井上は初回から全開という形ではなく、よく左ジャブが出て大人なボクシングをしていた印象。
ペッチバンボーンはスピードで劣るが思い切って打ってくるパンチには注意が必要で、打倒井上の気迫は感じられた。
基本的には井上が主導権を握る展開ではあったが、井上の右が中盤から少なくなっていき「またか…」の雰囲気。
しかし、左のジャブやボディは効果的で、徐々にペッチバンボーンを消耗させていった。
フィニッシュは10Rで、連打から最後は右が決まりペッチバンボーンはグシャリ
10カウント聞かせて井上が3度目の防衛に成功!

1位の選手を悪いながらも主導権を握り最後は倒しきるのだから流石モンスターといったところだが、
やはり物足りなさを感じてしまうのは井上に対する期待値の高さゆえ。
おそらく体重の面でもかなり厳しいだろうし、ロマゴンとやるなら早めの方が良いのではないか…

アンダーカードの井上拓真は1Rにキレイに倒されてしまったが、8.9回にダウンを奪い返し3-0のユナニマス。
相手もかなり強い選手で、この相手にしっかりと勝てたのは大きな収穫ではないだろうか。

オリンピック銅メダリストの清水聡は韓国王者が相手も、まぁ清水の相手になるレベルではなかった。
清水は計3度ダウンを奪ったが、まだまだプロのスタイルになりきっていないのは感じられた。
特に中盤ズルズルと持って行かれそうになってしまったシーンなどは修正してもらいたいところ。

しかし、各々課題が見つかりながらもしっかり結果を出せたということで良かったのではないでしょうか。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。