メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

河野×コンセプシオン&田口×宮崎 W世界戦 

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:河野公平(ワタナベ) vs. 同級1位ルイス・コンセプシオン(パナマ)

コンセプシオンはジリジリとプレッシャーをかけながらジャブ時折右アッパーなども見せ、
河野は足を使って回りながら様子見のスタートもちょっと後手になっているのがどうか。
足を使うにしてももう少し手は出しておきたいところ。
3Rから河野が少し出て行くがR中盤からまた回る流れ、ガードの上からでも吹っ飛ばすコンセプシオンのパワーが凄く、
当然やりながら打ってくる時のガードの低さなどは分かっているはずだが、なかなか思うように出ていけない。
4R相打ち気味とボディを攻める河野だが、コンセプシオンそこに右アッパーを狙っていてこれが怖い。
ラウンド終了間際にはロープに詰められながらもコンセプシオンの右に合わせた右カウンターが2発ヒットするもコンセプシオンは構わず前に出てパンチを打ってくる…
前半終わって改めて河野は勇気を求められる試合になった。

4R終了間際に入った右は効果的だが5Rに入ってジャブも少し当たるようになってきた河野、ただ打ち合いになるとコンセプシオンのパワーはまだまだ健在不用意な打ち合いになると依然危険だ。
河野は徐々に良くなってきているがそろそろ明確に取ったラウンドも欲しいところだが、右の良いのが当たってもコンセプシオンは下がらない。
7R河野が上下の打ち分けで前に出るようになりボディも効果的な印象、ただコンセプシオンも疲れは見せつつも一発のパワーはまだまだ残っており怖い。
8R開始直後にコンセプシオンの左のアッパーが河野の顎を捕らえ、河野がグラつきコンセプシオンも一気に出るが河野も一緒になって打つ激しい打ち合い。
河野のオーバー気味の右が肩越しに幾度となくヒット、お互いピンチはチャンスといった展開。

後半4Rで勝負が決まりそうな展開、お互い消耗しながらも手は出し続けている激戦。
河野の右は引き続き当たっているが左のフックも当たってきてコンセプシオンもかなり効いている印象で足を使って休もうとするシーンも。
河野は右のストレートにボディ、コンセプシオンを左右のアッパーどちらもまだまだKOパンチになりうるパワーはあるがお互いタフで倒れない。
11R偶然のバッティングでコンセプシオンが左目上をカット、ドクターチェック明けに一気にくるが河野も応戦河野の右でコンセプシオングラついた。
12R開始直後にコンセプシオンのローブローで少し河野に休憩が与えられる、しかしコンセプシオンやはり出てくる河野も小さいパンチで応戦。
お互い消耗激しい中最後までパンチの交錯が続き試合終了のゴング!

個人的な採点は114-114でドロー
オフィシャルは115-113 116-112×2のユナニマスデシジョンでコンセプシオンが勝利。
河野は4度目の防衛に失敗となった。

4P差2者というのは少々厳しい採点という印象もあるが、序盤の戦い方が悔やまれる所ところか。
内山同様年齢的に再起も軽い気持ちで出来ないと思うが、コンセプシオンと打ち合って僅差の勝負ができる日本人はなかなかいないのも事実、好ファイトでした。



WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 
王者:田口良一(ワタナベ) vs. 同級1位:宮崎亮(井岡)

向き合うと身長差をかなり感じる両者だが宮崎のハンドスピードはやはり速く田口も焦らずにジリジリと打ち終わりを狙う形。
2Rから試合は動き始め田口が仕掛け気味に出てジャブやくっついてのフックを出していく、距離も田口の距離になりつつある。
お互いジャブを出すが田口の方が緩急をつけながら当てており、くっついてのボディなどペースを握りつつある。
宮崎はL字ガードで誘っての右やアッパーなど変化を見せつつあるがまだ距離が合っていないか。
4R宮崎が今度はプレッシャーをかける形で距離を詰めて来てこれはそれなりに機能しているが田口もコンビを許さずペースは渡さない。

宮崎は速い左のダブルなど出し、田口は軽いながらも上下に当てている展開だがお互い印象的なパンチはまだ出せていない。
田口がパンチをまとめて出すシーンが増えてきたか宮崎も応戦するが、少々後手気味で攻撃もちょっと単調になっている。
7Rもスタートから上下への速いコンビネーションを見せる田口、宮崎は手数も少なくもう少しメリハリのあるボクシングをしないとズルズル行ってしまいそうだ。

後半に入っても展開は変わらず田口のペースで進む。
宮崎は単発では厳しいのでコンビネーションを出したいがなかなか効果的に出せない。
宮崎はトリッキーな動きも見せるが田口を揺さぶるまでには行かず、近い距離でも小さいパンチをもらってしまい厳しい展開。
宮崎はもう倒すしか勝ち目はないが、田口は最後まで集中を切らさず攻防を続け当てさせてもらえない。
最後までお互い手を出し試合終了のゴング!

個人的な採点は119-109で田口
オフィシャルは116-112 117-111 119-109のユナニマスデシジョンで田口
田口が4度目の防衛に成功

田口が想像以上の仕上がりで終始宮崎をコントロールした完勝だった。
宮崎は無策というか色々と打開策を探っていたようだが、どれも付け焼き刃感で田口には効果がなかった。
田口は少しムラッ気のあるところがある選手というイメージだったが、今日のような最後まで集中を切らさずに戦えるのであれば長期政権も十分狙える実力を付けてきたのではないか。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2016/09/01 11:00 ] ボクシングニュース | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://box1ng.blog86.fc2.com/tb.php/1345-783a36cb

管理人の承認後に表示されます
[2016/11/30 18:39]
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。