メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

和氣&井岡W世界戦 結果 

IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦
1位:和氣慎吾(古口) vs. 2位・ジョナタン・グスマン(ドミニカ)

リーゼントボクサー和氣慎吾の初の世界挑戦は1Rからパーフェクトレコードのグスマンのプレッシャーからの思い切りの良いパンチが目につく
2Rにバッティングアピール後の右で和氣が一瞬膝をつきダウン扱いに、この時のバッティングで和氣は右頬をカット
その後、グスマンの飛び込みながらの右からの左でこのラウンド2度目のダウン
3Rも引き続きグスマンが優勢に進め、ラウンド終了間際に左を引っ掛ける形でダウンを追加
4R和氣が左のショートを当ててグスマン若干効いたがグスマンのボディーも強烈で効いてしまっている
5Rグスマンが前のラウンドで警戒を強めたか誘っているのか足を使うシーンも
2分辺りでグスマンの右がキレイに入り尻もちをついた和氣はこの試合4度目のダウン…ここで止まるかと思いきや和氣も根性を見せる、しかしラウンド終了時のパンチでダウン判定ではないがマットを這う形に
6Rここで勝負は決まるかと思ったが、左のタイミングが合ってきて当ててはいるが追撃までにはいかない
中盤以降グスマンも前半振り回した影響で失速するも、和氣もダメージ深く決定的なダメージを与えることは出来ず要所でまとめてくるグスマンのパンチも喰ってしまう
右頬の腫れもヒドく右目は完全に塞がってしまった。
グスマンは疲れながらもポイントアウトするテクニックも見せ、逆転は難しい状況
11R2分過ぎにグスマンが右からの左フックを当てクリンチで凌いだところでレフェリーがストップ
グスマンの11RTKO勝利となった

和氣は初の世界挑戦に失敗
よく頑張ったとは思うが、グスマンとの力の差は大きかった
グスマンは戦績通りのパンチャーでテクニックも有ったが、難攻不落というタイプではなくこの試合の中に攻略のヒントは有ったと思う
セレス小林とムニョスの試合のようだったが、セコンドは止める勇気も持った方が良いかもしれない



WBA世界フライ級タイトルマッチ
王者:井岡一翔(井岡) vs. 7位:キービン・ララ(ニカラグア)

ララは初っ端から旺盛な手数で井岡の出鼻をくじいてきた
井岡もこれに序盤から応じる形になってしまいボディーを上手く当てていたがパンチを貰うシーンも目立った
4R辺りまではララの手数が止まらなかったが、5R終盤にボディからパンチをまとめて見せ場を作った
これ以降ララの手数は明らかに落ち、井岡の的確なパンチがヒットする展開
10Rボディーからパンチをまとめるとララの動きが止まり、追撃でこの試合最初のダウンを井岡が奪う
ララはなんとか立ち上がるもダメージは濃厚で何とか命からがらゴングに救われた
フィニッシュは11R
ダメージが残るララを的確にパンチをまとめて攻め2度目のダウンを奪うとララは立ち上がれず10カウント
井岡が11RKOで3度目の防衛に成功

序盤は挑戦者の手数に手こずったがボディを積み重ねることで失速させペースを握って押し切った
エストラーダとやるという言葉は聞けなかったが、井岡に求められているのは数字ではなく中身になってきている
本人の言う通り唯一無二の存在になりたいのであれば誰もが納得する相手との試合を組んで欲しい


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。