メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

三浦V4戦&村田&八重樫 

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
王者:三浦隆司(帝拳) vs. 同級6位:ビリー・ディブ(オーストラリア)

元世界王者を迎えた三浦のV4戦
ディブは足を使って距離を取ってサイドに回るが、三浦はボディーを中心にプレッシャーをかける
ディブの足とクリンチが厄介で試合は長引きそうな気配だった。
しかし、意外にも早い段階で三浦のボンバーレフトが炸裂する
3R1分過ぎにコーナーに追い詰めた三浦の左がディブの顔面を捉え、その後左を追加してディブがダウン
何とか立ち上がるものの、足元がおぼつかずストップとなった。

三浦の豪腕が炸裂し元世界王者を粉砕
安定王者と言うスタイルではないが、安定王者となってきた。
統一戦やビッグマッチの期待が膨らむ見事なボンバーノックアウトだった。

ノンタイトル10回戦
村田諒太(帝拳) vs. ダグラス・ダミアオ・アタイデ(ブラジル)

世界ランカー同士の一戦
村田は入場からいつもの様な笑顔ではなく無く気合がみなぎっていた。
両者序盤から左のジャブが出ていて好調さを感じさせ、村田がクリーンヒットを奪うとアタイデも連打を返す展開
村田はガードが硬くクリーンヒットは与えず、アタイデは時折スイッチも見せる
アタイデは手数を増やして対抗してくるが、村田はよく相手を見ていてパンチを当てていく
クライマックスは5Rに訪れる
開始早々ワンツーの右をボディに打ち、これが伏線となったか直後のワンツーの右がモロに顔面をヒット
アタイデが崩れ落ち最初のダウンを奪う
アタイデ何とか立ち上がるもダメージ深く、再開後村田の右を喰らい再度ダウン
2度目のダウンでレフェリーがストップ!
2試合続いた判定の鬱憤を晴らすかのような鮮烈なKO勝利だった。

これまでとは意識が違ったのか村田の気迫を感じたこの試合
15位とは言え世界ランカーを完璧にKOしたのは自信にもなるはず
世界戦に向け突き進んで欲しい!

ノンタイトル8回戦
八重樫東(大橋) vs. ソンセーンレック(タイ)

元2階級制覇王者の八重樫東の再起戦
1R様子見かじっくりとしたスタートでちょっと硬さも感じられた立ち上がり
しかし、1R終了間際には右のクロスでダウンを奪う
2Rも攻め急ぐ事はなくじっくりとボクシングをするが、パンチの応酬で右が2発入りソンセーンレックがこの試合2度目のダウン
強烈なダウンでカウント無しでストップ
八重樫が2RTKOで再起に成功!

力量差のある相手だったが、連敗からの再起戦としては仕方ないか
相手の動きもよく見えていたし、冷静に戦えていて良かった。
これが上の相手とやっても出来るのであれば期待出来るでしょう。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。