メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

三浦&ロマゴン&大竹&パッキャオ 

昨日行われたダブル世界戦!
見事に両チャンプ共にKOで防衛に成功しました。

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
王者:三浦隆司(帝拳) vs. 同級1位エドガル・プエルタ(メキシコ)

スタートから速い連打で出てきたプエルタ
浅いパンチを当てて前に出てきたプエルタにクリンチする三浦、そのクリンチの離れ際に巻き込むような左でプエルタがダウン
ダメージはさほど感じさせないものの、スタートから三浦の豪打が炸裂した
プエルタも右をヒットさせたり、テンポの早いパンチで流石指名挑戦者という感じだったが、三浦のボディが効果的で徐々にプエルタを消耗させていく
パンチでカットも奪うなど、三浦リードのまま迎えた6R
ボディを意識させる中で上へのパンチもまともに当たってきた
左ストレートでプエルタのヒザがガクリと折れた所を三浦は見逃さず詰め、左右の大きなフックがヒットしたところでレフェリーがストップ
見事な6RTKOで三浦が11ヶ月ぶりの防衛戦に勝利!

ボディーワークも巧みになり、明らかに進歩した姿というのが見れた見事な試合だった
来年は内山との試合や海外でのビッグマッチなど更なる飛躍が期待出来そうだ

WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者:ローマン・ゴンサレス(ニカラグア/帝拳) vs. 同級8位:ロッキー・フエンテス(フィリピン)

怪物ロマゴンにフエンテスは右のオーバーハンドで一発狙いに来ていた
何度かこの右のオーバーハンドでオッと思わせるシーンはあったが、ロマゴンのいつもの隙の無い間の空かない波状攻撃でどんどん下がらされてしまう
フィニッシュは6R
重たい左ボディでフエンテスが下がった所にワンツーの追撃でフエンテスが前のめりにダウン
何とか立ち上がるもかすった程度のパンチでもうフラフラ
パンチをまとめたところでレフェリーがストップ
ロマゴンが八重樫から奪ったタイトルの初防衛に成功!

ロマゴンのテクニカル且つ強いパンチを止める事は出来なかった
インタビューで井岡、井上、エストラーダの名前を挙げられたロマゴンだが、井岡は眼中に無いのか「井上とエストラーダとやりたい」と発言
確かに、フエンテスはアムナットと中差判定負け、井岡はアムナットにSD負けでは現状一枚落ちる存在なのは間違いないでしょう。
年末に井上がナルバエスに勝つような事があれば非常に楽しみな対戦になりそうです。


先ほど終了したクイッグと大竹の一戦
クイッグの左右のボディが強く、時折見せる右のオーバーハンドも怖い
大竹もボディ攻撃は良かったがポイントを取り切るまではいかず、10Rには右瞼もカットの苦しい展開
119-109. 119-109. 118-110のユナニマスで判定はクイッグ
大竹はタイトル獲得ならず

本日12時からWOWOWで放送されるパッキャオとアルジェリの一戦
まだWOWOW未加入の方は料金もお得で15分程度で視聴可能なネット申し込みがオススメです。
WOWOW←加入申し込み


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。