メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

リナレスも世界戦!村田6戦目も 

【BOX】村田、12月30日にプロ6戦目「いいところを見せられれば」
http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20141111-OHT1T50096.html
帝拳ボクシングジムは11日、ロンドン五輪金メダリストでWBC世界ミドル級8位の村田諒太(28)=帝拳=が12月30日に東京体育館でプロデビュー6戦目となるミドル級ノンタイトル10回戦を行うと発表した。対戦相手はジェシー・ニックロウ(27)=米国=。

 戦績が5戦全勝(4KO)の村田は「前回の試合で悪い面が出たし、いい経験にもなった。次の試合でいいところを見せられればいい。相手は好戦的なのでかみ合うと思う」と抱負を口にした。

 ニックロウは身長175センチの右ボクサーファイター。24勝(8KO)4敗3分けの戦績で、アマチュアは55勝6敗と豊富な戦歴を持つ。

 また、元WBC世界フェザー級、元WBA世界スーパーフェザー級王者でWBC世界ライト級1位のホルヘ・リナレス(29)=帝拳、ベネズエラ=が同じ興行でWBC世界ライト級王座決定戦に出場することも発表。同級2位のハビエル・プリエト(27)=メキシコ=と対戦する。リナレスは世界3階級制覇がかかる一戦となる。

 この興行では、前WBC世界ライトフライ級王者の井上尚弥(21)が挑むWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチと、前WBC世界フライ級王者の八重樫東(31)=ともに大橋=が出場するWBC世界ライトフライ級王座決定戦も予定されている。


昨日発表された八重樫の3階級制覇に続き、リナレスも12月30日3階級制覇を狙いリングに立ちます。
リナレスの世界戦はデマルコに逆転KO負けを喫した2011年から約3年ぶりとなります。
日本での世界戦となると、衝撃の1RKO負けとなってしまった2009年のサルガド戦以来となります。

リナレス荒川との一戦で、フィゲロアの挑戦権を獲得していたのですが、フィゲロアが前回のエストラーダ戦でカットした左眉の影響で休養王者になるとの事で、この勝者と戦う予定となっているようです。
ただ、フィゲロアはGBPとの契約も切れていて、階級アップの可能性もあるとの事でどうなるでしょうね。
リナレスはこれに勝てば3階級制覇になりますが、獲得が全て決定戦となります。
ベネズエラのゴールデンボーイも来年30になります。
ベルトを獲得して長期政権やビッグマッチに繋げて欲しいです。
相手のプリエトは昨年末からライト級で戦ってシルバータイトルも獲得していますが、元々はスーパーライト級が主戦場でウェルターで戦っていたこともあり、パワーでは劣るかもしれません。
スピードとコンビネーションがカギになりそうです。

この日は村田も出場!
前回の試合で少々苦しい姿を見せてしまった村田ですが、早ければ来年にも世界を狙うと言っているだけにここはキッチリと結果を出しておきたいところです。

12月30日はトリプル世界戦に豪華アンダーカードと、どれもメイン級でもの凄い興行になりそうですね!
大晦日の方がちょっと可哀想になってしまう^^;
予約はこちら


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/11/11 20:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。