メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

山中×スリヤン&粟生 結果 

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
王者:山中慎介(帝拳) vs. 同級1位:スリヤン・ソールンビサイ(タイ)

本日行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチ
具志堅用高に並ぶ6連続KO防衛を狙った山中慎介と2階級制覇を狙うスリヤンの一戦

スリヤンがスタートから小気味良く前進し、いきなりの右を山中の顔面にヒットさせる
ウィラポンでもおなじみのこのいきなりの右になかなか山中は対応する事が出来ず、軽いながらも数を喰ってしまう
なかなか左を当てる展開にもならず、イライラが溜まりそうな試合展開も中盤からは徐々に脚も動いてきた
4R終了時点で1者スリヤンのほぼ五分の展開も、山中にペースがあるとは言えない展開

右がもう少し出ていれば左が当たる展開になりそうなものだが、7R山中の左がようやく炸裂
スリヤンの右を外してからの左、動きの止まったスリヤンにもう一発左でダウンを奪う
このダウン山中がニュートラルコーナーにいないという事で、カウントが途中で止められ結果的には20秒位カウントされてしまい、追撃の機会を逃してしまった。
続く8Rスリヤンのダメージも残っていそうだが、変わらず前に出てスリヤンの大きい右が山中にヒットしちょっと効いた印象
しかし、その後再びスリヤンの右を外して左右左のコンビネーションでダウンを追加
9回にも左ボディーアッパーでダウンを追加するもまたもフィニッシュは出来ずスリヤンのタフさが目立つ

スリヤンにダメージは感じられるが前に出て体をくっつけてくる事で強打を受けず、山中もそれに付き合ってしまっている印象
時折良いパンチも当てているが、最終ラウンド終了のゴングを久しぶりに聞く結果に

結果はもちろん3-0のユナニマスで山中慎介が7度目の防衛に成功した

スリヤンがタフな事も有るが、山中の動きに精彩が無かった感じもする
もっと脚で捌いて横の動きが出ていればもっと楽になったのではないか
もちろん、それをさせなかったスリヤンの突進と勇気、タフさを褒めるべきなのかもしれないが…

スリヤンはKO負けが今までに無いが、佐藤洋太も3Rに2度ダウンを奪いながら結果的に僅差判定までもっていかれてしまった選手
思い切って入ってくるし、手も出してくる、小さく頑丈で打たれ強いと、どんな選手にとってもやりにく相手なのでしょう
山中はこれで記録が途切れた事、こういう苦戦をした事を肥やしにして更なる進化を遂げてもらい、ビッグマッチ実現してほしい!

アンダーの粟生はサルガドに3-0の判定勝ち
最終ラウンドにはサルガドをダウン寸前まで追い詰めましたが、序盤にはサルガドの右を喰ったりとあまり褒められた内容ではなかった
パンチの精度も低く、世界挑戦のゴーサインが出るかどうかは微妙な所


毎年恒例となっている秋のWOWフェスですが、今年のボクシング三浦隆司とローマン・ゴンサレスのダブル世界戦のチケット先行受付が始まっています。
アンダーカードには赤穂亮も出場します
TOUCH!WOWOW2014 チケット受付
icon
会場となる横浜国際プール限定のサービスも予定されていますので、是非生観戦しましょう!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。