メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

安全について 

穂積の父 感じた異変「ろれつが回っていないようで心配した」
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/04/24/kiji/K20140424008032210.html
リングサイドで見守った長谷川の父・大二郎さん(58)は、前日計量後の電話で息子の異変を感じていたという。

 「ろれつが回っていないようで心配した。今までになかったことです」

 10年にがんで55歳の若さで亡くなった長谷川の最愛の母・裕美子さん。この3年、親子一緒に月命日の墓参りをしてきた。家族の絆に変わりはないものの、変化もある。ジムで息子の動きを見なくなった。無料通話アプリのLINE(ライン)で動画を送ってもらい、アドバイスを送る日々。年齢から来る衰えを感じているところに電話の一件があり、「勝っても引退してほしかった」と、目を赤くして打ち明けた。



昨日行われたIBFスーパーバンタム級タイトルマッチに敗れた長谷川穂積についてこの様な記事が…

結果的には、試合後の検査においても脳に異常があった訳ではないですし、問題は無かったのかもしれませんが、
仮に本当にろれつが怪しかったのだったとしたら、きちんと検査を受けたり安全を確認していたのかが気になります。

ボクシングは直接頭部を打撃するスポーツですので、他のスポーツと比べたら身体への深刻なダメージと隣り合わせと言えます。
もしこれが本当なのだとしたら、安全管理の徹底をお願いしたい
強烈なダウンシーンなどを見たいというのも事実ですが、リング禍を見たい訳ではないのですから。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/04/24 20:02 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)
ボクシングは拳の保護という名目で、グローブを総合のそれよりアンコを厚くしていますが、逆を言えばそれは“重り”という武器になります。
また同じグローブを使うキックよりも打てる範囲は上半身に集中し、なおかつA級以上では倍以上の時間を戦うわけですから…。
カットはなくても体に残るダメージ(特に頭部)は素人の目にはわかりません。
だからこそ、ボクシングが「キング・オブ・スポーツ」であるために、試合前・試合中・試合後の“プロの目”での安全管理を徹底することを願うばかりです。
[ 2014/04/27 14:55 ] [ 編集 ]
そうですね。
安全管理の徹底という前提の上で成り立っているスポーツですし
[ 2014/04/27 16:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。