メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

八重樫&井上W世界戦結果 

WBCフライ級タイトルマッチ
王者:八重樫東(大橋) vs. 同級8位:オディロン・サレタ(メキシコ)

ロマゴン戦への通過点と言う見方も多かったが、サレタも気持ちが乗って素晴らしかった
序盤手数と脚を使ったボクシングに八重樫が空転させられるシーンも有ったが、4R辺りから距離をつかんできた。
6R辺りからボディーが効果的にヒットし、サレタが失速するかと思われたが、意外なほど踏ん張った。
序盤から思い切って打って来ていただけに、あのボディーで折れるかと思いきや逆に打ち合いに応じる等気持ちの強さを見せていた。
フィニッシュは9R
公開採点で逆転し、負けの危険はなくなってきた所に打ち合いの中で八重樫の右のクロスがヒットし膝を落とし追撃でダウンを奪う
サレタ立ち上がるも続行不可能で八重樫9RKO勝利!

少々苦戦した印象もあるが、総合力では流石に差があった
ただ、やはり日本人選手はこういう選手が苦手だなぁと感じた試合

さぁ!これで次はアンダーカードでフィリピン人をKOで退けたローマン・ゴンサレス!
会場も分かっている!「こんな僕でも(ロマゴンと)やっていいですか?」の問いに大歓声!
夏か秋ごろにビッグマッチが実現しそうだ!

WBCライトフライ級タイトルマッチ
王者:アドリアン・エルナンデス(メキシコ) vs. 同級4位:井上尚弥(大橋)

井上が1Rから積極的にプレッシャーをかけるスタート
減量苦が伝えられたエルナンデスのボディを右のストレートで打ち抜き、その後もコンビネーションをヒットさせエルナンデスを下がらせる
挑戦者らしく思いっきりよく積極的で素晴らしいスタート
2Rも井上が完全にペースを握り、ボディ、顔面と上手く打ち分け下がらせていた
井上は攻撃だけでなくディフェンス面も距離感が素晴らしくエルナンデスのパンチを交わしつつ、打ち終わりに合わせるなどここまでやりたい放題
3Rボディにフェイントをかけながらの上、出てきたところを交わしてのアッパーなど完全に井上劇場
ガードを割った右のストレートでエルナンデスの左目がカット
4Rエルナンデス出るも井上は攻勢を許さず、逆に右のカウンターでダメージを与える
5R少々貰い若干効いたか失速
6Rエルナンデスの猛攻を許すも、終了間際井上の右がエルナンデスの顎を打ち抜きダウンを奪う!
エルナンデス何とか立つも続行できず見事6RKOで世界タイトル奪取!

井上は確かにモンスターだった
苦しいシーンも無くはなかったが完勝と言って良いでしょう
まだ20歳…どこまで伸びるのか非常に楽しみだ!


#アンダーカードの結果
ロマゴン3RKO勝利
細野悟逆転の10RKOで日本フェザー級王座獲得
松本亮3-0判定で久高に勝利
井上拓真大差判定でファーランに勝利


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。