メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

WPB17トリプル世界戦観戦記 

WBCスーパーフェザー級タイトルマッチ
王者:ガマリエル・ディアス(メキシコ) vs. 10位:三浦隆司(帝拳)

三浦が9RTKOで新王者となった。
ディアスのラフで老獪な戦い方に惑わされず序盤から前に出てプレッシャーをかけた
3Rに左でダメージを与え追撃の左で最初のダウン
6Rには右のショートフックで腰砕けにさせ左でダウンを追加、この頃にはカットした傷と腫れでディアスの顔はかなり痛々しくなってきた。
7Rからディアスはスイッチをして何とかダメージの回復をはかるが今度は右の返しでダウンを追加
三浦も少々狙いすぎの感もあり、フィニッシュまでには持っていけなかったが、
9Rワンツーボディで攻め立てラストは左でダウンを奪いフィニッシュ
三浦の豪腕が粟生を破ったディアスを粉砕した。
本人もインタビューで言っていたが、ダウン後の詰め方をもう少し工夫するという課題は残ったが、内山をあわやに追い込んだパンチが世界王者級だった事を証明
粟生が失ったベルトを帝拳ジムに再び取り戻した。
内山へのリベンジの舞台へ防衛を重ねて欲しい。

WBCフライ級タイトルマッチ
王者:五十嵐俊幸(帝拳) vs. 7位:八重樫東(大橋)

戦前にどちらが勝つにしても一方的な内容になりそうと書いたが、やはり結果的に大差の決着で八重樫が2階級制覇に成功した。
八重樫はスタートから積極的に中に入り回転のいいパンチでペースを握っていった。
五十嵐も左右に動ける時はパンチももらわないし、いい攻めもできるのだが八重樫の距離でボクシングしてしまった事が敗因。
八重樫は回転力やスピードはそのままに、フィジカルトレーニングの効果か体格で上回る五十嵐に押し相撲でも負けない体の強さがあった。
五十嵐としてはもっと長い距離でサイドの動きも交えながらボクシングしたかったが、八重樫のプレッシャーに加えカットの影響もあり接近戦をせざるを得なかったのが痛かった。
ただ、前半からの感じだと後半KOもあるかと思ったが、五十嵐も王者になって接近戦に自信をつけていてそこまでは持っていけなかった。
八重樫はこれで2階級制覇に成功、防衛を重ねつつ井岡の階級アップを待ってリベンジを果たしたいところか
まずは次戦でフライ級でも問題ない事を改めて証明して欲しい。

WBCバンタム級タイトルマッチ
王者:山中慎介(帝拳) vs. 1位:マルコム・ツニャカオ(真正/比)

山中が12RTKOでKO防衛に成功!
前夜と同じ階級の世界戦でこれまで違うのかと思わされた好ファイト
3Rの最初のダウンはツニャカオのワンツーへのカウンターの左
ツニャカオ脚元定まらずダウンを追加するも、立ち上がったところがラウンド終了のゴング
速いラウンドでのKO決着かと思われたがツニャカオもさすが元世界王者
逆にプレッシャーをかけ山中の踏み込みを許さなかった。
その後もビッグラウンドは無いものの緊張感のある攻防が繰り広げられるスリリングな展開
ツニャカオも踏ん張ってはいるが流血も激しく徐々に体力を削られていく
最終12Rポイントは間違いなく山中だが、ポイントアウトを狙わず山中は最終ラウンドも倒しに行った
フィニッシュは左のカウンターからのワンツー2発、ツニャカオは立ち上がるが出血も激しくレフェリーがストップした

この試合をこれだけの好試合にしたのは間違いなく挑戦者のツニャカオの頑張りだろう。
序盤から積極的にペースを握ろうと仕掛けていったが、ハイペースに飛ばして途中2度のダウンを奪われながらも最後まで逆転を目指し積極的に攻め続けた。
山中は手数は相変わらず少ないが、冷静に受け止め左の強打でダメージを与えた
左のあとに右を返すなどもう少しバリエーションがあると良いがやはり左の決定力は相当なものを持っている。
統一戦なんて発言もあったが、あのポイント差で最終ラウンド倒しに行った。
同様のケースでポイントアウトを狙ったダルチニアン戦からの成長を感じたし、そういったステージに上がってしかるべき存在になったでしょう。
今後のビッグマッチに期待です!

12年ぶりの世界王座返り咲きに失敗したツニャカオは出し切ったという表情をしていたが、大きな拍手を送りたい。
この試合に賭ける想いがビンビンに伝わってきたナイスファイトだった。
結果的に完敗だったかもしれないが、相手が悪かったとしか言えない。

今日の3試合は全て世界戦らしい素晴らしい試合だった。
こういう試合を魅せる事で、テレビ視聴者も次は会場で見てみようとなってくれると良いのですが…


#山中以外の録画に失敗。。
WOWOW、NHKBS、CSの3つがキーワード録画でゴチャゴチャのスケジュールになってしまったのかな。。
再放送あるからいいですが…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
他のブログで山中の相手は弱いロートルボクサーだと書いてましたが
本当でしょうか? また帝拳がインチキな事をしているのでしょうか? どう思いますか? その方は日本人ボクサーは日本でインチキ試合と判定ばかりでヒィリピン人には勝てない世界王者ばかりだといつもブログで日本人ボクサーをバカにしていますが本当でしょうか?
素人なのでよく分かりません真実を教えてください!
自分的には昨日の試合は面白かったですが。
[ 2013/04/09 09:11 ] [ 編集 ]
まさかの山中 ツニャカオ戦の録画に失敗しました。悔しいです!再放送ないんですかね?相当イイ試合だったようですね。他の2試合は見れました。いい試合でした!
[ 2013/04/09 10:45 ] [ 編集 ]
>tmさん
そのブログがどの様な方が書いているのか分かりませんが、ボクシングファンではないでしょうね。
まず、ツニャカオについてですが確かに12年前の世界王者で、35歳と年齢は高めです。
ただ、だからって弱いロートルではないですよね。
その後階級を上げ東洋タイトルを獲得、ロリー松下に1度敗れてはいますが、大場に勝利していますし、世界挑戦経験者の本田、中広に勝利、山中がタイトルを獲得したエスキベルと前戦挑戦者決定戦として対戦し7RKOで勝利、山中はダウンを喫し11RKO勝利だった相手に完勝でした。
これが弱いロートルになりますか?

それと、帝拳のインチキってなんでしょう?また?以前のインチキとは?
WBCが認定した挑戦者決定戦を勝ったランキング1位の選手を疑惑の判定ならまだしもKOしたのにどこがインチキだったのでしょう?

そのブログの方が言う日本人ボクサーが日本でインチキな試合と判定ってどの事でしょう?

日本人ボクサーを馬鹿にするのは自由ですが、何の根拠も無く馬鹿にしたり否定することが真実だと思いますか?

>ガハハ本舗さん
他の2試合は見れたという事ですのでG+には加入されているのですか?
ならば、その2試合を含め4月14日に完全版放送が有りますよ!
いい試合でした!
[ 2013/04/09 20:22 ] [ 編集 ]
そのブログ僕も見たことありますよ。
確かデンバー・クエリョの動画で検索してる時にそんなブログに辿り着きました。
フィリピン在住の日本人のブログだったと思いますが、日本人としてはちょっと胸くそ悪くなる
内容もあったので、僕はそれ以降見てませんね。
[ 2013/04/10 01:59 ] [ 編集 ]
>桐島条助さん
へ~そうなんですね。
見た事がないと言うかどのブログの事なのかわからないのでどの様なニュアンスで書かれているのかわからないのですが、日本人ボクサーが嫌いなのかフィリピン人ボクサーが好きなのか、tmさんのコメントを見ると帝拳嫌いの感じもありますがどうなんでしょうね。
別に日本人だから日本人を応援しなきゃいけない訳でもないですし、
そういう人が自身のブログで書く分には別に良いんじゃないですかね。
よその所でそういう内容を書きなぐってたら問題ですけど^^;
気分が悪くなるようなものなんだったら見ないのが正解です(笑)
[ 2013/04/10 02:32 ] [ 編集 ]
勇者 フィリピンボクサーというブログでボクシングブログにエントリーしているブログですよ、とにかく日本人ボクサーは弱い、卑怯
だという姿勢は一貫していて、帝拳は悪の権化でヒィリピン人は強くてすばらしいそうです! ちなみに日本でのヒィリピン人との判定は
すべてインチキ判定で日本の世界王者はヒィリピンの国内王者にも負けるなどといつも書いています メタモさんが褒めているボクサーや試合でもいつもボロカスで間逆の事を書いています、しかも本人は
ジムの関係者らしき事や高山選手やドネアとも知り合いみたいな事を書いており、ど素人の妄想でもないようなので、本当はどうなのかがとても気になります、だからボクシングに詳しいメタモさんに聞いたのです! 長文失礼しました。
[ 2013/04/10 10:31 ] [ 編集 ]
>tmさん
あぁブログ名は出さないで欲しかったです。。
まぁ、上にも書きましたが別にいいんじゃないですか
全てインチキ判定だと思って自分のブログに書く分には
tmさんもそのブログに書いてあるからとかではなく、自分で試合を見て評価すればいいと思います。
私も自分で良いと思った選手や試合はそう書いているので
そもそも、本当はどうなのかっていう意味もよく分からないです。
とりあえずツニャカオは強かったし、ツニャカオの頑張りが有ったからあれだけの好試合になった。
tmさんもいい試合だと思ったから面白いと思ったんですよね?それで良いんじゃないですか?
それに、最新のだけ見ましたがツニャカオを日本に来て日本のボクサーになった、だから…としていますが、そうだとしたらドネアはフィリピンのボクサーではなくアメリカのボクサーになりますよね。

それと、帝拳に対して批判的な方は日本にも多くいます。
でも現実を見ると、帝拳だからやれる事が多いのは事実だと思うんです。
帝拳が業界のリーダーなのは間違いないので、道を拓いてよりボクシングの発展に貢献してくれていると私自身は思いますけどね。

tmさんもボクシングが好きなら誰々がどうのこうの言ってたと言う事よりも、面白い試合があった、楽しみな試合があるという事を楽しまれた方が良いと思いますよ。
[ 2013/04/10 16:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。