メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WBSS組み合わせ決定!井上尚弥の相手は… 

井上尚弥 1回戦は元WBAスーパー王者パヤノと対戦 WBSS組み合わせ決定
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/07/21/kiji/20180721s00021000132000c.html

今秋開幕予定の「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」バンタム級トーナメントの組み合わせ抽選会が20日(日本時間21日)、ロシアのモスクワで行われ、WBA王者・井上尚弥(25=大橋)の1回戦の対戦相手は元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)に決まった。


本日モスクワで行われた井上尚弥が出場するWBSSの組み合わせ抽選会で井上尚弥の相手はは元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノに決まった。
井上尚弥の第一希望はノニト・ドネアだったようですが、第1シードのバーネットが先に指名してしまったためパヤノになりました。

パヤノはオリンピック2大会連続出場後プロ転向し、山中と激闘を繰り広げたモレノからWBAスーパー王座を獲得
V2戦でルーシー・ウォーレンに敗れたのが唯一の敗戦、井上戦は再起4戦目となる。

1回戦の組み合わせは以下の通り
・WBAスーパー王者 ライアン・バーネット vs. 元5階級制覇王者 ノニト・ドネア
・WBA王者 井上尚弥 vs. 元WBAスーパー王者 フアン・カルロス・パヤノ
・WBO王座 ゾラニ・テテ vs. 元アマ世界王者 ミーシャ・アロイヤン
・IBF王者 エマヌエル・ロドリゲス vs. IBF3位 ジェイソン・マロニー

準決勝の組み合わせや日程などは未定のままです。

スポンサーサイト



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2018/07/21 12:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

井岡一翔が現役復帰 

井岡一翔が米国で現役復帰 9・8「Superfly3」参戦 4階級制覇目指す
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/07/20/kiji/20180720s00021000213000c.html

 ボクシングの元3階級制覇王者・井岡一翔(29)が20日、東京都内で会見し、現役復帰を発表した。復帰戦として9月8日、ロサンゼルスでのSuperfly3に参戦する。また、SANKYO所属となることも発表した。

昨年の大晦日に引退を表明した元三階級制覇王者の井岡一翔が現役復帰を発表しました。

井岡ジムでの復帰ではなく拠点を米国に移し、9月8日に開催される「SUPER FLY3」が復帰戦となるとのこと。
所属はパチンコメーカーのSANKYOで、クリチコ兄弟やゴロフキンとの関係で知られるトム・ルーファー氏が2018年に立ち上げた360 プロモーションズとの契約になった模様。

結婚などで父親の井岡一法井岡ジム会長との確執も噂されていましたが、一法会長も別に会見を行いエールを送ったとのことです。

復帰戦から世界ランカーを相手にするそうで、4階級制覇の可能性を感じる試合を1年半ぶりの実戦で見せることが出来るかといったところでしょうか。
日本にいたころはマッチメイクが甘めとの指摘も多かった井岡ですが、アメリカとなるとこれまでよりもハードな路線になるのは間違いないでしょう。
フライ級でも少し余裕を感じさせていましたが、しっかりとスーパーフライ級の体を作れるのでしょうか。
同じTBSで放送されていた亀田も海外では結果を出すことが出来なかっただけに、井岡はどうなるのかといったところです。

#ところで、ロマゴンもシーサケットもクアドラスも出ないSUPERFLYシリーズは以前ほどの注目度があるんですかね?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2018/07/20 19:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

パッキャオ1年ぶりの再起戦 結果 

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ
王者:ルーカス・マティセ(アルゼンチン) vs. 6階級制覇王者:マニー・パッキャオ(フィリピン)

1Rからパッキャオは丁寧かつ積極的にジャブからストレートと打ち込んでいく
マティセの入り際に右フックやいきなりの左も効果的
マティセは右のフック気味のパンチは重たそうだが後手気味で前半は苦労しそうな立ち上がり

3R開始早々パッキャオの左アッパーでマティセダウン
マティセは立ち上がりダメージも深刻ではないものの感じさせる
その後もパッキャオの独壇場は続き5Rにはジャブからの右フックで2度目のダウンを奪う
7R再び左アッパーで3度目のダウンを奪った所でレフェリーがストップ

パッキャオが1年ぶりの再起戦を2009年のコット戦以来となるKOで決めた
衰えも指摘されることが多くなったパッキャオだが、マティセを全く問題としない完全勝利で健在ぶりをアピール
負けたら引退との報道もあったが、勝ったことでビッグマッチの可能性も見えてきたか

WOWOWでは29日の伊藤雅雪の世界戦も生中継の予定です。
まだ加入されていない方はお早めに!



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。