メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

井上尚弥世界最速3階級制覇へ! 

井上尚弥 5・25WBAバンタム級王者と激突!世界最速3階級制覇に自信
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/03/06/kiji/20180306s00021000131000c.html

ボクシングの大橋ジムは6日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、2階級制覇王者の井上尚弥(24=大橋)が5月25日、東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級王者のジェイミー・マクドネル(31=英国)に挑戦すると発表した。


2階級制覇王者の井上尚弥の次戦がWBAバンタム級王者マクドネルとの一戦に決定!
勝てば日本では5人目の3階級制覇達成となるが、16戦目での3階級制覇達成は世界最速でもある。
バンタム級では13度防衛の記録にも挑戦したいとのこと。
マクドネルはこれが7度目の防衛戦で、6度の防衛には亀田和毅との2回も含まれている。

マクドネルも6度防衛に成功しているように弱い王者ではないがレギュラー王者であって、その上にはライアン・バーネットというIBF、WBA統一バンタム級王者がいる。
共にエディ・ハーンがプロモーターですが、リスクを冒さないタイプのプロモーターのイメージですが井上の評価はどうなんですかね。
井上尚弥がバンタム級でもモンスターっぷりを発揮できるのか注目の一戦です。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2018/03/06 18:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

プロフェッショナル 仕事の流儀「山中慎介」 

引退を表明した元WBC世界バンタム級王者の山中慎介に密着したプロフェッショナルが本日NHKで22時25分から放送されます。
昨年8月にも山中慎介の回がありましたが、岩佐亮佑との試合の時のことなど非常に濃い内容の放送でした。
今回は1日の試合に向けた道程の密着のようで見るのがツライかもしれないですが、あの試合に向けて山中がどのような準備をしてきたのかを見たいですね。

再戦へ 秘めた決意

プロボクサー・山中慎介

昨年8月、日本歴代最強とも呼ばれたボクサー山中慎介が、WBC世界バンタム級王者の座から陥落した。同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)の猛打の前に、プロ初となる衝撃のTKO負け。だがあれから半年、カメラは山中の再起への戦いをひそかに追いかけてきた。3月1日、再びあのネリに挑む山中。そのリベンジマッチへの道のりに密着する。

「神の左」を武器にこれまで戦慄のKO劇を量産、世界的にも高い評価を受けてきた山中。前回の敗戦後は、引退かとの憶測も飛んだ。過去のデータをひもとけば、現王者VS元王者の対戦は現王者が有利になるという。それでも、山中は最強の敵への再戦を志願した。
「俺は本当に強いのか・・・。」その答えを見極めるために。
ハイリスクを承知で上がる覚悟のリングには、一体なにが待ち受けるのか?
35歳、絶対王者と言われた男の挑戦に、再び密着!


見逃してしまったという方は、再放送が木曜日の25時25分からあるのでそちらを見逃さないように!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2018/03/05 17:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

W世界戦&粟生 

ノンタイトル8回戦
粟生隆寛(帝拳) vs. ガマリエル・ディアス(メキシコ)

2年10ヵ月ぶりのリングとなった粟生
1R早々にディアスの左フックを喰い若干ふらつくなどブランクを感じさせるスタート
試合を進めるに連れ徐々に硬さも取れていき3R終了間際にはワンツーでダウンを奪う。
ディアスはダウンをしても前進を止めず粟生も打撃戦を選択する。
粟生も良いパンチを当てるシーンはあるがディアスのパンチをチョコチョコ軽くだがもらい完全にペースはつかめない。
ディアスは徐々に失速しているが粟生もそれに付き合ってしまい決定的なシーンは作れず試合終了のゴング

判定で粟生の勝利だったが、やはりブランクによる試合感の鈍りは感じた。
現役を続けるなら年齢的な焦りもあるかもしれないが噛ませ相手でいいので実戦を積んだほうが良いかもしれない。
しかし、インタビューでの涙もあったようにこれだけのブランクを耐えた精神力は見事だと思う。

IBFスーパーバンタム級タイトルマッチ
王者:岩佐亮佑(セレス) vs. エルネスト・サウロン(フィリピン)

岩佐のいきなりの左がヒットするスタートこの左が効果的に機能
ストレートだけでなくアッパーなども織り交ぜ完全にペースは支配した。
サウロンは思ったよりも出てこず、岩佐もペースは握るが単発気味で見せ場まではいかないポイントメイクといった感じの試合運び。
後半になってサウロンが出てくるシーンもあるが岩佐は完全に動きを見切っている。
11Rには岩佐の左からのコンビネーションがヒットしサウロンを下がらせるがダウンシーンまではいかない。
最終ラウンドも詰め切るところまでは行かず結果は判定に委ねられ、フルマーク含む大差判定で岩佐が初防衛に成功。

もう少し早く11Rのような詰め方が出来ていればKOの可能性も十分あったと思うがリスクを負わなかった形か。
下位ランク相手に力の差は見せつけたが、物足りなさを感じるのも事実で、自身も大差判定ながら納得いっていなかったようなので次戦でもうワンランク上の岩佐を見せて欲しい。

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
前王者:ルイス・ネリ(メキシコ) vs. 元王者:山中慎介(帝拳)

日本で行われる世界戦で大ブーイングが起こったのは内藤大助×亀田大毅の時以来かもしれない。
結果はご存知の通りで、ゴミ野郎は無敗をキープ出来たと喜んでいるようだ。
タイトルマッチでウェイトを作ろうともしていない奴が無敗もクソもない、勝ち負け以前の問題だということに気付いていないのか。
山中慎介という日本ボクシング史上においてもトップクラスの名王者の最後がこんなゴミ野郎と関わることになったのが非常に残念だ。
記録上は負けかもしれないが山中慎介の築いてきた軌跡は光り輝いたままである。
ドーピング体重超過のゴミ野郎は二度と日本と関わらないで欲しい。

真面目にやった正直者が馬鹿を見る傾向にある今のボクシング界はおかしい。
競技は違うがボートレースはSG競争などグレードの高いレースでの準優勝戦以上でフライングを犯すと通常のフライングにおける罰則に加えて一定期間グレードの高いレースにも出られなくなる。
ボートレーサーは悪意を持って行っているわけではないが、上であれば上であるほど罰則が大きく収入も激減する。ボクシングはせいぜいファイトマネーが若干カットされる程度で、今回の奴はそれすらないという。
階級制のスポーツにおいて体重超過をこんなにも簡単に許してしまうのはその競技を破綻させることになる。
体重超過をしても負けないことの方がメリットが大きい今の風潮はとっとと是正して欲しいが難しいのだろうか。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。