メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

ベチェカ×ドネア 

さぁ!いよいよ明日行われるドネアの2014年初戦
5階級制覇がかかる一戦ですが、圧倒的有利予想ですが2013年のドネアのファイトは圧倒的強さを誇ったかつての姿と比べると寂しかったのも事実
5階級制覇と同時に再び世界を賑わす姿を見せてくれるのか注目です。

王者のベチェカと言えば長谷川穂積に敗れた事で日本でもお馴染みですが、トレーナーを変えやや攻撃的になり長谷川戦の時とは少々違うスタイルになっています。
ベチェカにとっても、前回のジョン戦がフロックでない事を証明するにはドネアは絶好の相手

個人的にはベチェカがベストのデキでボクシングしたらドネアは結構苦戦するんじゃないかと思っています。
倒そう倒そうという意識が強くなると、雑な部分が出てきてしまいダラダラ行ってしまう可能性も十分あると思います。
まぁ、予想するとすればドネアのKO勝ちですが、イメージほど楽に勝てるとは思いません。

明日はアンダーに帝拳ジムの石本も登場します。
IBFスーパーバンタム級の挑戦者決定戦で、クリス・アバロスと対戦します。
クリス・アバロスは山中が1RKOしたニエベスを4RKOで下し、前回もロリーをKOしています。
また、敗れていますが前王者のロメロからダウンも奪っています。
パワーではアバロスには負けますが、石本のタフネスも相当なものですし激しい打撃戦になりそうです。
不利予想にはなると思いますが、是非とも勝って長谷川の敵討ちをしてもらいたいです。

この試合ですが、WOWOWオンデマンドでは先行ライブ配信が行われます!
これはWOWOW加入者限定のサービスとなります。
テレビでの放送は2日のWOWOWエキサイトマッチ通常放送でとなります。
未加入の人で生で観たい方はお早目の加入、生じゃなくても良いという人は月が変わってからの加入がオススメです。
ちなみに、6月はセルヒオ・マルチネスvs.ミゲール・コットや、ロバート・ゲレロvs.亀海喜寛の試合もWOWOWオンデマンドで生配信されます!




各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/05/30 20:30 ] 海外ボクシング展望 | TB(0) | CM(0)

ドネアの復活 

今週末31日に行われるWBA世界フェザー級タイトルマッチ
シンピウェ・ベチェカ vs. ノニト・ドネアの一戦

ドネアはこの試合に勝てば5人目(デラ、パック含めると7人目)の5階級制覇達成となります!
ドネアは今年初の試合となりますが、昨年2013年はリゴンドーに敗れダルチニアンには苦戦の末勝利とイマイチかつての強さを発揮出来ていません。
完全復活なるか注目の一戦です。

ベチェカは、長谷川に挑戦した事もある選手で、日本でもお馴染みのクリス・ジョンからスーパータイトルを獲得しこれが初防衛戦となります。
長谷川戦では消極的なボクシングでタイトル獲得なりませんで、試合内容よりもロッキーの広告がで滑ってる印象の方が強い選手(あの日は本望の頑張りとかもあったので余計か)でしたが、当時と比べると手が出るようにスタイルを進化させています。
ベチェカにとっても進化を問われる一戦です。


現在のブックメーカーの賭け率はやってるところ少ないですが、1:4位でドネア有利と出ています。



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

村田4戦目 

今週は週頭から福岡にいて今日ようやく東京に帰ってきて村田諒太の映像見ました。

色々な意見の出そうな試合ですが、村田や陣営に関しては課題を持って試合を行っているという印象ですね。
もちろん、次即世界戦となったら物足りないですが、デビュー4戦目であれば十分では無いかと…

ただ、ブロック主体のディフェンスは攻防分離に繋がりますし、今後さらに強い相手とやった時に相手の時間を作らせてしまうのはどうなんでしょう?
あと攻撃のバリエーションの引き出しもまだまだ足りないという単調になりがちですね。
まぁ、そういった点も含めて今後更なる進化を期待したい所です。
フィジカルの強さは文句なしのものを持っていますしね。

アンダーでは大森将平が山中からダウンを奪っているエスキベルをKOしたとの事…お見事ですね

#いい加減正式に帝拳所属にした方がいいと思う^^;

##リアルタイムに見られなかった人間が言うのもなんだけど…AKBの選挙5時間も放送するなら…とか思っちゃいますね^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシングの日と袴田事件 

本日5月19日は、故・白井義男氏が日本で初めての世界チャンピオンになった日という事で、2010年からボクシングの日と定められている日です。

今年も後楽園ホールにてイベントが行われます。
過去にはチャーリー×湯場、新人王戦など公式試合も行われていましたが、
今年は世界・東洋・日本王者のトップ選手同士のガチンコスパーなどが行われます!
・WBC世界フライ級 八重樫東(大橋)×WBC世界ライトフライ級 井上尚弥(大橋)
・日本スーパーバンタム級 大竹秀典(金子)×日本フェザー級 細野悟(大橋)
・OPBFバンタム級 岩佐亮佑 (セレス)×OPBFスーパーバンタム級 和氣慎吾 (古口)
この超豪華な組み合わせ^^;

さらに、河野公平や三浦隆司のミット打ちや、世界王者のトークショー、チャリティーオークションなど現役チャンピオン31人来場予定で、様々な企画が行われる予定です!
ちなみに、司会はボクシング芸人として「だいごの NO BOXING NO LIFE」などでもお馴染みのだいごさんです。

また、今年は袴田巖さんがWBCの名誉ベルトの贈呈式に登場予定という事です。
先日無事に釈放された袴田さん、まだスタートラインではありますが、ボクシング界はずっと支援し続けていましたし、
昨年のボクシングの日に贈呈された袴田シートにいよいよ袴田さんが着席されるという事になりそうです。

18時開演で、指定席5000円自由席が2000円となっています。
お時間のある人は参加してみてはいかがでしょう?

袴田事件を扱った映画「BOX 袴田事件 命とは」の英語字幕版がYOUTUBEにUPされています。
熊本典道元判事の視点からの映画となっていますが、まだ見た事の無い人は是非どうぞ
冒頭に姉の秀子さんの手紙があります。



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/05/19 12:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

井上世界戦!見逃した人、録画失敗した人必見! 

4月6日にWBC世界ライトフライ級タイトルを獲得し、日本史上最速6戦目での世界タイトル獲得に成功した大橋ジムの井上尚弥の世界戦ですが、放送時にフジテレビの延長で録画が上手く出来ていなかった人が非常に多かったようです。
個人的には時間指定で録画していたので大丈夫だったのですが、そういった苦情が多かったのか本日深夜に再放送されます!

井上尚弥SP衝撃の世界奪取!~日本ボクシング史上最速6戦目の戴冠~
4月6日、WBC世界ライトフライ級タイトルマッチは20歳の怪物・井上尚弥が日本史上最速6戦目での世界王座獲得を成し遂げた。この歴史的一戦の完全保存版
27時58分~28時58分


当日録画に失敗した方や、録画出来ておらず観る事が出来なかった方など、見逃した方は必ずチェックしておきましょう!
inoue.jpg



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/05/17 11:30 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)

MGM 

和毅 日本人初!V2戦は7・12ラスベガス濃厚
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/05/14/kiji/K20140514008156560.html
事実上の国外追放処分となっている亀田3兄弟の三男で、WBO世界バンタム級王者の和毅(22=亀田)の2度目の防衛戦が7月12日に米ラスベガスで行われることが濃厚となった。対戦相手は既に決まっていた同級1位のプンルアン・ソーシンユー(26=タイ)で、会場はMGMグランド・ガーデン・アリーナ。国内で試合ができない苦境の中、聖地の最高峰の舞台で日本人初の世界戦を行うことになりそうだ


いつの間にか延期になって今度はラスベガスMGMグランドでアルバレスの前座になったそうです。
カネロプロモーションだからですかねぇ?
それにしてもアジア人同士のバンタム級の試合とか大丈夫なんですかね^^;
とりあえず今までの様な戦い方じゃ向こうじゃやっていけないと思うけどどうするんですかね
まぁ頑張って下さい

ちなみにプンルアン・ソーシンユーは、和毅がタイトル獲得したアンブンダに敗れてタイトルを奪われた元王者
敗れた2戦は、このアンブンダと先日山中が4度ダウンを奪いKOし、かつて和毅とも対戦し試合後判定が覆って和毅が勝利したジャモエとのもの
AJバナルにはダウンを奪いKOで勝っています。
和毅とはかつてスパーリングも行っていたそうで、手の内は分かっていそうです。

最新の試合



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

色々と話題になったヘビー級対決と井岡 

先日行われて藤本京太郎が判定で勝利したヘビー級ノンタイトルマッチのテレビ放送は本日深夜27:19~TBSとなっています。
生観戦された方の中には元世界王者の石田が勝っていたという声も多かったので、どの様な試合だったか気になっていた人も多いと思いますので要チェックです。
夜遅いので録画される方はお忘れなく!

また、明日17時からのバース・デイは3階級制覇挑戦に失敗した井岡一翔の特集になっています。
> 叔父・弘樹の果たせなかった3階級制覇へ。
> 大偉業に挑んだ戦いの舞台裏に密着!
だそうです。
井岡陣営がどの様な臨戦過程であの試合に臨んだのかが見られそうです。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/05/09 12:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

井岡が強くなる 

井岡一翔が初の敗戦をした訳ですが、試合後の井岡陣営のコメントはどうなんでしょう
2P勝っていたとか、アムナットは逃げていただけというのが、本心から言っているのであれば、井岡の今後が少々心配

少なくともボクシングの採点基準を理解しているファンにとって、実力云々は別として井岡は完敗したと思っている人がほとんど
選手が試合直後に負けを認められないのは理解出来ないでもないが、すくなくともあの展開で勝っていたと思い込めているセコンド陣はもう少し客観的に見ないと今後も同様の事が起きそう
王者陣営がポイントはリードしていると見るのは分かるが、井岡サイドからポイント挽回しないとマズイというようなコメントは試合中出ていなかった気がするので、もしかしたら本当に勝っていたと思っていたのかもしれない
確かに前には出ていたけど、単なる突進は攻勢とは認められないですからね。

井岡に関しては、亀田化と言われるようになり批判の声も増えていたが、間違いなく実力のある選手
秋にも再挑戦なんて話もあるが、フライ級の身体作りをしてから見たい
この負けをきちんと受け入れる事が出来れば、井岡は更に強くなれる選手なので復活を期待したいですね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

井岡&高山W世界戦 結果 

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ
王者:高山勝成(仲里) vs. 同級10位:小野心(ワタナベ)

序盤から小野が長いリーチと左のストレートを効果的にヒット
高山は脚を使って出入りを試みるも、入り際のジャブや左ストレート、引っ掛けるような右フックで上手く入りきれない
小野もペースを握りきっている訳ではないが、上々の立ち上がりと言える
7Rには小野のパンチで高山カットし苦しい展開
しかし、後半に入り徐々に高山が右のパンチをヒットさせるようになる
ターニングポイントは10R
ロープ際で身体が外に出てしまった小野が動きを止めたところ、レフェリーがストップしていないのを確認した高山が連打しダウンを奪う
更にラウンド終盤に右のフックで小野をグラつかせる
最終ラウンド両者出るがダメージの濃い小野を攻め立て、小野はクリンチしきれず2度目のダウン
高山も仕留め切れずにゴング

個人的な採点は114-112で高山
オフィシャルは4P×2に8P×1とユナニマスで高山が防衛に成功

小野はあの10Rの油断の分厳しかった
あそこであのような形にしてしまう所が世界王者に足りない部分だったかもしれない。
しかし、両者力を出し切ったナイスファイトだったと思う
再戦すればまた好ファイトになりそうだ。

IBF世界フライ級タイトルマッチ
王者:アムナット・ルエンロエン(タイ) vs. 元2階級制覇王者:井岡一翔(井岡)

王者アムナットが序盤から思っていた以上に思い切ってパンチを振るってきて井岡はなかなかパンチが出せない
序盤はアムナットの強いパンチと入り際のアッパーが強烈
アムナットはスピードもあり、上手く隙間に打って来たり、クリンチワークも上手く井岡は攻めあぐねた
中盤以降、井岡はボディーを増やし、アムナットの疲れもありプレスは強めたが、アムナットのテクニックに上手くいなされてしまった。
クリンチの増えたアムナットに10R1P減点があるが、展開は変わらずやはりアッパー、ジャブなどで潰されてしまった。

決定的なシーンを作る事が出来ないまま最終ラウンドのゴングを迎え採点に…

個人的な採点は116-111でアムナットだったが、オフィシャルは119-108、115-112でアムナット、114-113で井岡のスプリットでアムナットの勝利

正直あの試合で井岡の勝ちにつけるジャッジはどうかと思う完敗だったと思う
階級の壁もあったかもしれないが、ここでしっかりと負けられた事で井岡にとっては良かったかもしれない
下の階級では通用していたプレッシャーも、アムナットには通用しなかった
また、アッパーをあれだけ被弾してしまった事で、穴も見えてしまった
こういった穴も、体格面も、これから立て直せば良い訳で、まだ若く必ず3階級制覇出来る素材なので再起して欲しい

アムナットは思った以上にパワフルな戦い方だったが、基本的には後半のクリンチワークを駆使したやりにくい負けにくいタイプの選手
いわゆるタイ人っぽい選手ではないのは見たとおりで、かなり強い選手だったのは間違いない
日本人の苦手なタイプなので、どの様な選手が対戦しても苦しい試合になりそう


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

井岡3階級挑戦&高山×小野のW世界戦 

ここ数週間のボクシング世界戦を締めくくるのが明日行われるW世界戦
井岡はミニマム、ライトフライに続く3階級制覇に挑戦し、高山は新井田豊戦以来久しぶりの日本人との対戦となります。

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ
王者:高山勝成(仲里) vs. 同級10位:小野心(ワタナベ)

IBF王者の高山はこれが2度目の防衛戦
昨年日本のリングに復帰した高山は、スピード感のあるフットワークが持ち味
小野は宮崎亮が返上した東洋ライトフライ級タイトルを獲得後、2戦挟んでの世界初挑戦
リーチで大きく上回る小野はリーチ差を生かしたボクシング、高山は軽快な出入りをしたい所か

下馬評は圧倒的に高山有利となっている
小野は後の世界王者の熊に勝っているものの、東洋獲得もかなり苦戦してのものでその評価も仕方ないか
高山がフットワークを駆使する展開になってしまうとワンサイドの可能性も高いが、小野が高山の脚を封じれるかがポイント
高山も長いリーチを掻い潜ってしまえばやりたい放題出来そうだが、懐には入れなければ意外と苦戦の可能性もある
ベテラン挑戦者の意地が勝るか、王者のスピードが勝るか…テクニカルな一戦になりそうだ
予想をするとすればやはり高山の中差以上での判定勝利

高山は勝てば大晦日にWBO王者との統一戦を目指すという
4団体のベルトを獲得する為にはここで躓く訳には行かない



IBF世界フライ級タイトルマッチ
王者:アムナット・ルエンロエン(タイ) vs. 元2階級制覇王者:井岡一翔(井岡)

井岡が3階級制覇にチャレンジするこの一戦
アムナットは08年にアマ時代に井岡に勝っており、オリンピック出場も果たしている
いわゆるアマチュアエリートで、ゾウ・シミンにも勝っている
アマの実績そのままに無敗のままプロでも世界タイトルを獲得、これが初防衛戦
アマ暦が長いため32歳でプロデビューし、34歳でもまだ12戦とキャリアは浅い
タイトルを獲得したのは奈須や池原、向井などに勝っている日本でもお馴染みのロッキー・フェンテスとの決定戦
ジャブが非常によく出て、仕掛けるよりは受身で相手の隙が出来たら連打という感じで、クリンチも上手く使うのでやりにくそうな選手ではあります
タイでやっていればなかなか負けにくいタイプの選手だと思いますが、今の井岡なら十分クリア出来る相手
噛み合いそうな相手ではないので判定決着な気がしますが、アムナットのジャブを交わせる距離なら良いですが、常にブロッキングさせられるとクリンチと合わせてイライラさせられそうです。

井岡に関しては、最近批判的な見方をする人が増えている現実が有ります。
私自身、本来なら3階級制覇のチャレンジをワクワクしているはずなのに、そこまで興味が湧かないというのが本音
亀田化という声もありますが、亀田と違うのは井岡に関してはまだまだ期待している人が多いという事
かませ相手に疑惑の勝利をしている訳ではないですし、実力を認めているからこそ今の現状が歯がゆいという感じではないでしょうか
一度こういう評価になってしまうと挽回するのは大変ですが、幸い井岡には挽回するチャンスが本人が望めば十分にあるはず
ここをアッサリ通過して、即返上して4階級などというつまらない小細工はしないで、ボクシング界を本当の意味で引っ張るような試合を期待したい
ミニマム級の時はオーレイドンから奪って、エルナンデス、八重樫とヨードグンを除けばかなりハードだったんですけどね…

試合はTBSで19:56~から放送です。
ゲストにはボクシングファンでお馴染みの香川照之さん
香川さんは井岡がミニマム級でタイトルを獲得した時もゲストで出演し、鬼塚に代わり解説をしていましたね^^;
ボクシングファンの香川さんだからこそ出来るぶっこみに期待したいです^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/05/06 22:23 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)

メイウェザー×マイダナ 結果 

WBA.WBC世界ウェルター級王座統一戦
フロイド・メイウェザー vs. マルコス・マイダナ

序盤からマイダナがラフに強引に出てメイウエェザーがかなりやりにくそうにしていた
マイダナは頭からいったりパンチを振り回したがメイウェザーにパンチを当てる事は出来なかった

途中まではスリリングで面白かったが、途中からマイダナのダーティーなボクシングで少々興醒めした
ヒザを入れたりするのは戴けない

普通に大差でメイかと思いきや、判定は1人ドローの2-0でメイウェザー
判定勝ちでタイトルを統一したが、この試合でドローを付けられるのは可哀想
山中とジョーさんもドローは無いと言っていましたが、浜田さんだけは納得なのかな^^;
有効な“クリーンヒット”が軽視されすぎている気がする
レフェリーももっとしっかり注意しないと…減点があってもおかしくなかった

苦しんだとは言えメイウェザーはやはり強いし上手い
ダーティーなマイダナに熱くなり過ぎる事もなく自分の仕事を完遂したという感じ

メイウェザーが今後どの様なマッチメイクをしていくか分からないが、まだまだメイウェザーの壁は高そうだ


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

メイウェザーに当たるか? 

WBA.WBC世界ウェルター級王座統一戦
フロイド・メイウェザー vs. マルコス・マイダナ

今年のゴールデンウィークの目玉はこの一戦
昨年メイウェザーの後継とも呼ばれているブローナーを粉砕してこのチャンスを得たマイダナはKO率も高いファイター
この試合のと言うか、メイウェザー戦におけるポイントは、メイウェザーにパンチが当たるかどうか
カネロ、ゲレロ、コットみんな当てる事が出来ずに敗れている
マイダナのパンチがメイウェザーに当たる可能性はかなり低いかもしれないが、マイダナの振り回すパンチがまともに当たったらメイウェザーもピンチに陥るはず
圧倒的にメイウェザー有利とされているが、序盤にマイダナの一発がヒットすれば大波乱の可能性も…
勝敗を予想するのであれば、皆さんの予想も約8割がメイウェザー勝利となっていますし、メイウェザーの判定勝利というのが最も可能性としては高いでしょう
しかし、いずれにしても序盤はスリリングな試合になりそうである

この試合はもちろんこの後11時からWOWOWで生中継されます!
まだWOWOWに加入されていない方は、初回であれば翌月末までの2か月分1,800円で視聴が可能です!
月末のドネア×ベチェカも、加入者限定で生配信されます!





各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/05/04 08:00 ] 海外ボクシング展望 | TB(0) | CM(4)

乗り越えた? 

藤本が辛くも判定勝ち「いい勉強」
http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140430-1293636.html
<プロボクシング:ヘビー級8回戦>◇30日◇東京・後楽園ホール

 日本ヘビー級王者藤本京太郎(27=角海老宝石)が、日本ミドル級2位石田順裕(38=グリーンツダ)を辛くも判定で下した。

 3回にワンツーを浴びて腰を落として後退。約12キロの体重差を生かせず、石田がバテたところを小刻みなパンチ。その手数でなんとか上回り、3-0もジャッジは1人が1ポイント、2人が2ポイントの小差だった。前夜は怖くてほとんど寝られなかったという。「負けたと思った。次やっても勝てない。すごい選手。一つ乗り越え、いい勉強になった」と胸をなで下ろしていた。



ヘビー級日本王者の藤本京太郎と元WBAスーパーウェルター級王者の石田順裕が対戦するという事で、ウェイトなどの問題から試合が成立するかどうかすら危ぶまれたこの一戦
小差判定で藤本が判定勝ちという事ですが、現地で観戦した方達によると石田が勝っていたと言う声が圧倒的に多かったです。

して、この藤本のコメント…
負けたと思っていて、次やっても勝てないと思っているのに一つ乗り越えたというのはどういう事なんでしょう?
リマッチして今度ははっきり勝ちたいというならまだ分かるのですが…
まぁ、試合の映像を見ていないので何とも言えないですが、元世界王者とは言えヘビー級としては急増仕上げのボクサーに苦戦するというのは日本のヘビー級の現状を表しているという事でもあります。
今後どういう形になっていくのか分かりませんが、厳しいのは事実な様です。

この試合はTBSで9日の深夜に放送があるそうなので、それをチェックしたいですね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2014/05/01 01:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。