メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

山中&リナレスW世界戦 

【BOX】山中、11・10にV5戦「倒します」
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130926-OHT1T00109.htm
プロボクシングWBC世界バンタム級王者の山中慎介が11月10日に両国国技館で5度目の防衛戦を行うと26日、所属する帝拳ジムが発表した。同ジムのホルヘ・リナレス(ベネズエラ)が3階級制覇を目指し、WBAライト級王者のリチャード・アブリル(キューバ)に挑むタイトルマッチも同じ日に組まれた。

 山中の相手は同級8位のアルベルト・ゲバラ(メキシコ)。1回KO勝ちした前回の防衛戦から約3か月での試合となる。「ダメージは少ないし、間隔が短いのは助かる」と歓迎した。

 過去の防衛戦はすべて自分と同じサウスポーと闘った。久しぶりの右構えの選手に「今まではどうしても(相手の右肩越しに)かぶせるように打っていたが、左がストレートに打てるので威力は増す。(KOで)倒します」と自信満々だった。



帝拳の山中慎介とホルヘ・リナレスのW世界戦が発表!
アンダーカードには粟生隆寛にローマン・ゴンサレスも出場の豪華興行になっています!

山中の相手のゲバラは、昨年末サンタクルスに挑戦し判定で敗れているものの敗戦はその一つのみ
前回シルバータイトルで世界ランカーにも勝利しているとは言え、苦戦は許されない相手
来年のビッグマッチに向け、豪快なKOを見せて欲しい。

リナレスはデマルコ、トンプソンに連敗から3連勝して約2年ぶりの世界戦で再び3階級制覇に挑戦
もう負けられないゴルデンボーイリナレスの「ヤッター」に期待しましょう。

同じく3階級目を狙っている粟生に、井岡との対戦が決まらなかったものの3階級目のフライ級転向の意向のロマゴンも登場する豪華興行になっています!

"TOUCH!WOWOW 2013 エキサイトマッチスペシャル ダブル世界タイトルマッチ "
チケットは来月上旬にチケットぴあで販売予定です!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2013/09/26 22:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)

この後!メイ×カネロ&ガルシア×マティセ 

このあと11時からWOWOWエキサイトマッチで生中継される今年最大のビッグマッチ
フロイド・メイウェザー×サウル・アルバレスの一戦が行われます!

もう細かい事抜きにこの試合は観ましょう!
WOWOW未加入の方は←のリンクからならネット割引があります。
天才が若きメキシカンヒーローをどう捌くのか、それとも若き重圧に押しつぶされてしまうのか…
個人的な予想はメイウェザーの判定勝ちですが、何が起きても驚けない試合です。
まもなく現役最強ボクサーが決まります!

アンダーカードのガルシア×マティセもメインに匹敵する好カード!
戦前の予想ではマティセ有利とされているようですが、個人的にはガルシアに期待します。
たしかにマティセのパワーは相当なものですが、ガルシアの左フックも相当な威力です。

いずれにしてもスリリングなKO必至の一戦になりそうです。




各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2013/09/15 06:00 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)

メイorカネロ? 

いよいよ日本時間の明後日日曜日に迫ったメイウェザー×アルバレスのメガマッチ!
日本の世界戦は井岡戦で一区切りも、世界中が注目のこの一戦を観ずに2013年の夏は終われません!

この試合のメイウェザーのファイトマネーは4150万ドル(約41億円)が最低保証…
PPVの売り上げ次第では、あのデラホーヤがメイウェザー戦で獲得した4500万ドルを超える可能性もあるという事でしょうか。

この試合の現在のオッズは約1:3でメイウェザーが有利と出ていますが、メイウェザーの試合としてはかなり接近している方と言う印象
メイウェザーが勝つ場合はほとんどが判定だと思われているようですが、アルバレスが勝つ場合はほぼ一緒ですが、若干KOの方が多いようです。
カネロの馬力でメイを粉砕するという予想なのでしょうね。

WOWOWで当然生中継されるこの試合、まだ未加入の方は早めの入会がお得なのでお早めに!
村田がゲストです!

皆さんの予想は?



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

井岡&宮崎防衛戦 

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者:井岡一翔(井岡) vs. 同級5位:クワンタイ・シスモーゼン(タイ)

井岡が元世界王者を序盤から圧倒し、見事なKOで防衛に成功した。
序盤からジャブを突きながらペースを握った井岡は、いつもよりもかなり好戦的で序盤から決めに行っている印象
クワンタイも時折右のカウンターを狙うも決定打とまでは行かず、逆に井岡のボディーで徐々に失速
迎えた7R、左のボディーブローでクワンタイのガードが下がり、空いた顔面に左フックでダウンを奪う
顔面へのダメージと言うよりはボディーへのダメージでのダウンという感じで、そのまま10カウント
井岡が3試合連続のKOで2度目の防衛達成

序盤からKOを意識した試合運びでクワンタイを圧倒した
そのマッチメイクから亀田化してきているという批判も増えてきている井岡だが、
個人的に亀田との違いは、力はあるのだからローマン・ゴンサレスとやる所を見てみたいという事
インタビューなどでもボクシング界を引っ張ると言う意識があるようだが、邪道な引っ張り方ではなく王道な引っ張り方が出来る可能性が十分にある存在だからこそ落胆も大きい
クワンタイも弱い選手ではなかったと思うが、井岡への期待はこんなものじゃないという事
もし、これでフライ級に階級を上げるのならば、また色々な試合の実現をファンは期待する
陣営には是非ともファンの期待に応えるマッチメイクを実現して欲しい

WBA世界ミニマム級王座統一戦
王者:宮崎亮(井岡) vs. 暫定王者:ヘスス・シルベストレ(メキシコ)

宮崎が僅差判定で何とかベルトを守った
頭から来る相手に対し正面から向き合ってしまったのが失敗
宮崎も踏み込んでのワンツーなど単発でヒットは奪えるものの、その先にはなかなか繋がらない
バッティングで両目が大きく腫れた影響も有り、自身の思ったボクシングは出来なかった
シルベストレは動かれた時の対応があまり上手くなかったので、序盤からもっと足を使った方が良かったのではないかという気もするが、
これが減量の厳しいミニマム級での宮崎の出来るボクシングといった所か
頑張ったとは思うが、個人的な採点は2Pシルベストレ有利に付けた

宮崎はこれで返上し階級アップだろう
ライトフライ級であればパワフルさも増し、速いコンビネーションも生きるはず
しかし、あの痛々しく腫れ上がった眼…何も無いと良いが…



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

井岡&宮崎Wタイトル戦 

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者:井岡一翔(井岡) vs. 同級5位:クワンタイ・シスモーゼン(タイ)

この夏の世界戦ラッシュを締めくくる一戦
残念ながらローマン・ゴンサレスとの一戦はこの階級では実現しなかったが、ロマゴンが進出するフライ級へのゴーサインが出る様な試合を井岡が元世界王者相手に出来るか注目の一戦
とは言っても、皆さんの予想でも9割が井岡勝利を支持している様に今の井岡が苦しむような相手ではないと見る。
左右のフックを振ってくる挑戦者は井岡にとってやり難い相手では無さそう。
序盤からペースを握り中盤以降にKOシーンが見られそう

WBA世界ミニマム級王座統一戦
王者:宮崎亮(井岡) vs. 暫定王者:ヘスス・シルベストレ(メキシコ)

階級アップの噂もあった宮崎だが、指名戦を直訴しての今回のミニマム級防衛戦
暫定王者を下して、適正階級へ階級を上げたい所。
皆さんの予想では5-5とイーブンの状態
宮崎の不安点は相手云々よりも自身の減量、コンディショニングにある
元々ライトフライでもキツイと言われていただけにミニマムでのそれは相当なもののはず
前回は見事な左フックで決めたが、試合が長引けば長引くほど減量の影響が出てくる
そう簡単にKO出来る相手ではないので、序盤に出来る限りペースを握りたい
前回の様に打ち合ってしまうと危険な相手
勝つにしても負けるにしても、僅差の判定になるのではないか

この2試合は、TBSで21時から放送となりますので、ネタバレしたくない方は夕方頃からネット断ちする事をオススメします。
個人的にはツニャカオの再起戦も注目してます。




各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2013/09/11 00:00 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(2)

井岡&宮崎防衛なるか!? 

来週9月11日に行われる井岡ジムの世界王者2人の防衛戦の予想をお願いします。

井岡は期待されたローマン・ゴンサレスとの試合は実現せず、元ミニマム級王者の同級5位クワンタイ・シスモーゼンとの防衛戦に
同僚の宮崎は志願しての暫定王者で同級1位のヘスス・シルベストレとミニマム最後の一戦になります。

一部では井岡は亀田化してきているとの声も出てきていますが、実力を発揮して実力を見せ付ける事ができるかどうか
宮崎は強敵なのは当然だが、その前にどうしても付きまとうのが減量
今回でミニマムは卒業と思われるが、5日前の練習後の段階でまだ2k残っている減量を無事クリア出来るかどうか…




各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

語るに値しない亀田のIBF戦 

昨日行われたIBFスープーフライ級の王座決定戦
どうやら亀田大毅が判定で王座に就いたようです。

しかし、この試合を本当に世界戦として、認めて良いのかかなり疑問です。

今年から認可されたIBFは、他のメジャー3団体と違い当日計量が実施されており、
約4.5kg以上体重が増加していた場合、その選手は選手権の出場権を失うというルールが有ります。

当然昨日の試合でもこの当日軽量が実施された事になっていますが、その当日計量を日本ボクシングコミッションに通知せずに予定の10時から2時間前倒しして実施したとの事。
JBCは寝耳に水で、抗議をしたそうですが前日計量はクリアしていたという事でそのまま認定してしまった。

問題点は複数あります。
まず、IBFの説明でローカルコミッションの管轄ではなく立ち会わない事も多いと言っていましたが、
それが本当だとしても立ち会うか立ち会わないかはJBCが決める事で、IBFが判断する事ではない。
IBFの管轄だろうが日本で行う以上、日本側に連絡するのは当然のはず。
これを許すのであれば、亀田の父親がセコンドに着くのもIBFが許可したらOKなどやりたい放題出来る事になる可能性だってある。
そもそも、亀田側にしてもJBCの人間がいないのなら連絡するのが普通の感覚ではないか。
何か問題が起きた時の責任の所在も曖昧になってしまう。

これではもし不正が有ったとしても分からないし、最低でも計量時の映像なりを提出させる必要がある。
特に今回は、両者ともに減量苦が報じられていたり、1回目の計量失敗から何故か2回目に体重が増えるなど不可解な点が有っただけに余計です。

そして、今回ので一番問題なのがJBC
面子丸つぶれの馬鹿にされた行動を取られて、抗議したとは言っても結局認定している時点でどうかと
世界戦として認められたという事は、リング上で来場者に向かって「全てに適格でした…」とか言っちゃったはずですけど、何を持って適格だったと言えたのだろうか?
前日の計量がOKだけで良いのはよその団体で、IBFは当日計量を済ませなければいけないって事を知らないはずはないのに…
自分たちの存在意義を自分たち自身で否定したと言われても仕方ないですね。

第1部 総則

 ボクシングはスポーツであるが故にあらゆるボクシング試合はスポーツマンライクの態度をもって行われるべきである。
 また、プロフェッショナル・ボクシングは、ビジネスの要素を持つことを認めるが、あくまでも正直なビジネスの倫理法則に合致すべき方法で行われることをもって方針とする。従って、JBCは不正破壊の行為に対しては、たとえ法規において合法と解釈されることがあっても、フェアープレイと誠実の精神を侵す場合は之を排斥する。

第1章 コミッショナーの権能

 第1条 日本ボクシングコミッション・コミッショナーは、(財)日本ボクシングコミッション(以下JAPAN BOXING COMMISSION=JBC)管轄下で行われる日本での全てのプロフェッショナル・ボクシング(以下プロボクシング)試合(公式試合場におけるスパーリング及び慈善試合を含む)を指揮および監督する権能を有する。


何だかんだ言いつつとりあえずは見てきましたが、今回は見ませんでした。
何で亀田の時っていつもゴタゴタがあるんですかね?
それも亀田側の都合の良いように…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

黄金の戦い 

8月は国内においても世界戦が多数有り盛り上がりましたが、11日の井岡・宮崎のW世界戦でとりあえず落ち着きます。
しかし、その後には海外においてフロイド・メイウェザーとサウル・アルバレスの一戦が行われます。

152P契約と2P軽いとはいえ、勝った方がパウンド・フォー・パウンド最強の称号を得る事になります。
黄金の戦いとはまさにその名の通りで、この試合に懸けられているタイトルは
・WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座
・WBC世界スーパーウェルター級王座
・リングマガジン世界スーパーウェルター級王座
の3つですが、WBCは24金の特製ゴールドベルトを勝者に贈呈すると発表しています。
これは、ブロンズのコインに両者の顔が刻まれ、アメリカ・メキシコの国旗もデザインされており、パウンド・フォー・パウンド最強の称号を意味するというベルトだそう。

ちなみにメイウェザーは久しぶりに年間2試合行う事になりますが、いまだに負ける事が想像しにくいメイウェザーを若いアルバレスが壁を突き破れるのか本当に楽しみですね。

WOWOWで当然生中継されるこの試合、まだ未加入の方は早めの入会がお得なのでお早めに!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。