メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

坂田健史vs.山口真吾観戦記とフライ級戦線 

昨日更新寸前にPCがフリーズでやる気ナッシングに^^;;

フライ級月間の最後を飾るWBAフライ級タイトルマッチですが、結果的には大方の予想通り坂田王者の判定防衛。
試合展開も大方戦前の予想通りで、スロースターターの王者を挑戦者山口が元々1階級下のスピードを生かしペースを握る形
3Rには前回のデンカオセーン戦に続いてカウンターでダウンを奪われる始末。。
しかも、前回のダウンよりも明らかにダメージは濃く、山口としてはここで詰められなかったのが痛かった。
このダウンが坂田のスイッチをONにした様で、4Rからは尻上がりに調子を上げポイントを挽回
山口は右のオーバーハンド位しか効果的に出せなかった事と、やはり体格差が響いた形
個人的な採点は、公式よりも若干迫った115-113で坂田でしたが、坂田の驚異的な手数とスタミナには毎度毎度驚かされます。
TBSの亀田ほどではないにしろ坂田贔屓の影響も有ったかもしれません。
山口が良いのを当ててもほとんど無視は無いでしょう^^;

さて、これでフライ級戦線は順当に全員が残った形になりました。
坂田・金平の協栄陣営は統一戦オファーなんて話もありましたが、内藤・宮田陣営は時期尚早との見解だそうで…
日本に2つある世界のベルト…フライ級戦線はこれからどうなるのでしょうか?

・WBA王者坂田…前回ドローのデンカオセーンか前WBC王者のポンサクレックとの防衛戦の方向
・WBC王者内藤…内定の長縄が引退で、現時点で未定
これに加わるのが、元WBAライトフライ級王者の亀田興毅ですが、1.2戦挟んでWBC王者内藤に挑戦の意向
後はCCの勝者、吉田or清水といった所か。

個人的には内藤vs坂田は是非見たい!
ただ、そのタイミングが今では無いという内藤陣営の話も最もだと思う。
穿った見方をしてしまうと、坂田はともかく金平会長は統一戦+興毅の決定戦が組めて一石二鳥を狙ってるとも思えてしまいますしね。
個人的理想は、坂田は現在の予定と言うかデンカオセーンとの再戦
内藤には中南米あたりのランカーとの防衛戦
亀田には、CCの勝者との挑戦者決定戦orポンサクレックとの対戦後内藤or可能なら坂田への挑戦
これらをクリアして、統一戦という話になるのではないでしょうかね。
亀田に厳しくと言う訳ではないですが、安易に統一戦を行って決定戦出場→2階級制覇だけは阻止して欲しい。
統一戦が内藤×坂田で行われて坂田が勝った場合、正規王者と一切戦わない2階級制覇なんて事も有り得ますからね…

ちなみに、現時点での内藤×坂田の予想は内藤のKO勝ち
ここ2戦の坂田のダウンは気になります。
タラレバになってしまいますが、デンカオ戦はデンカオの左手故障がなかったらどうなっていたか?
山口戦では体格差の無い内藤だったら…パワーのある内藤だったら…と考えてしまうんですよね。
金平会長の言う「良くも悪くも坂田らしい試合」これを改善していかないと安定王者とは言えない。
内藤・坂田共に順調に勝ち抜き、来るべき時が来た時に両者の決着戦を見たい。
もちろん、この両者に割って入る新星にも期待したい。
日本だけのものにしてはいけないが、日本が中心のWBA・WBCのベルト
戦国フライ級、どの様な展開になっていくのか…ますます楽しみになってきました。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

WBAフライ級タイトルマッチ坂田vs.山口 

昨日はX JAPANの復活ライブに行ってきました…
もう10年も経ってたんですね…hideが出た時にhideファンらしき隣の女性が泣いてました^^;

WBAフライ級タイトルマッチ
王者:坂田健史(協栄) vs. 7位:山口真吾(渡嘉敷)

3月は内藤大助・亀田興毅の試合が行われ、正にフライ級月間と言える月でしたが、
その最後を飾るのがWBAフライ級王者の坂田健史!
本人はもちろん、協栄ジムの金平会長も「(内藤・亀田と続いた)フライ級で一番強いのが誰か分かる」と、自信満々な様子。
後継者に指名する位ですから、金平会長の坂田に対する愛が感じられますね。
内藤・亀田と比べ、知名度・話題で劣る坂田だけに、ここはKOで決めてフライ級最強をアピールしたいところ。

対する山口は、ライトフライ級時に先日リング禍で亡くなった崔尭三に挑戦以来、6年ぶりの世界戦のリング
現日本王者の嘉陽や世界ランカー戎岡に勝っている、元々は下の階級とは言え力のある選手
有名とんかつ店キムカツに勤めているそうですが、元祖とんかつ王者の星野に続く事は出来るでしょうか。
ちなみにどうでもいいですが、キムカツには行った事無いですが、系列のゲンカツには行った事があります。
薄切り肉が重なったミルフィーユ状のカツで、かなりジューシーで美味しいです。
黒胡椒が好きですが、男ならがーりっくを攻めるのも^^;
ただ、ランチでも値段は一緒っぽいですね。ランチで2000円位払うのは頻繁には厳しい?^^;

さて、試合ですがやはり体格的にも有利な生粋のフライ級の坂田が有利でしょう。
お互い倒し倒されと言った試合をするタイプでは無いですし、山口に一発を期待するのも厳しそう。。
展開としては、スロースターターの王者を挑戦者がスピードを生かしかく乱し、それを王者が後半にかけて追い上げるという感じでしょう。
山口の金星があるとすれば、序盤にペースを握りそれを絶対に渡さないボクシングをするしかないでしょう。
予想としては、やはり坂田の小差~中差の判定勝ちでしょうね。

内藤・亀田、そしてこの試合の勝者に、来月のCC勝者、更には中広もフライ級をまだまだ視野に入れているとの事で、まだまだこのクラスから目が離せません!

TBSで午後2時~生放送です!
内藤もゲスト出演しますよ!

裏のテレ東では鬼塚の番組が組まれてますね^^;
更に、お昼にはメレンゲの気持ちに内藤選手が出演!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/29 09:06 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(8)

小堀ベルト返上、世界へ!長縄、網膜剥離で引退 

小堀が正式に日本王座返上 森田-矢代で決定戦
http://boxon.jp/news/002820.php

決定戦の話もちょっと前には出ていましたが、正式に返上になったようです。
矢代との対戦が見たかったですが、このタイミングで返上となればある程度形になっている世界挑戦なのでしょう。
スーパーフェザーは、先日3階級制覇を達成し次はライト級、更にはデラホーヤとの対戦も噂されているフィリピンだけでなくアジアの至宝マニー・パッキャオや、エドウィン・バレロと簡単に挑戦出来る所じゃないですからね。
ネイチャーボーイが世界のリングに立つのが楽しみです。

ショック!東洋王者・長縄、網膜剥離で引退
http://boxon.jp/news/002818.php

これは…
WBCフライ級王者の内藤大助の次期挑戦者として内定していると言われていたOPBF王者の長縄正春が眼疾で引退。。
正直、内藤への挑戦は歓迎しにくい選手でありましたが、まだ若い選手だけに残念ですね。
岐阜ヨコゼキジムは小西明生に続いて連続ですね…


残念と言えば袴田氏の再審請求棄却も…
疑いが生じる余地がたっぷりだと思うのですが…
更に、ダニー・グリーンの引退でクレイジー・キムの世界がまた遠のいた?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/27 07:26 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)

久しぶりに一般ニュースで辰吉の名が… 

心臓病女性を救う募金活動 辰吉さんも協力
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080323/trd0803232055020-n1.htm

久しぶりに辰吉の名前を一般紙(?)で観ました。
専門誌ではもちろん見てはいましたが…
そういえば辰吉復帰の時は署名活動とかやってましたよね。

ところで、やはりまだヤル気なんでしょうか。
定年も過ぎて、今年の9月で特例の期限も切れますよね?
となると、現実的に国内での現役続行の道は断たれるわけですよね…
ファンとしても無責任に「もう一回観たい!」とか言いにくい状態ですからね。。

記録にも記憶にも残る天才ボクサー辰吉…納得出来る日は来るんでしょうか…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/24 07:39 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

帰ってきた亀田興毅vs.フローレス 

先週土曜日に行われた、亀田三兄弟の長男、WBAライトフライ級元王者の亀田興毅の8ヶ月ぶりのリング
昨年の騒動から久しぶりのリングで、色々な意味で注目された試合。

対するレクソン・フローレスも、久しぶりの実戦でブランク自体は同じ程度でしたが、
試合始まってすぐに亀田の負けは無いなというのが分かってしまいましたね。
スピード・パワーが無いのはいつもの事(?)ですが、打ち方がオープン気味で所謂猫パンチの様なうち方をする選手で、弱い選手とは思いませんが世界上位ランクの選手とは思えませんでしたね。
世界戦の終盤ではかなり荒々しいボクシングをしたと聞きましたが、その様な感じも無かったですしね。
ただ、身体は柔らかく、この選手をKOするのは難しかったですね。

試合としては、意識的に旧亀田スタイルを離脱しようとしている感じは見受けられました。
ただ、やはりジャブは少なく上体の動きも少ない、以前のままの部分がかなり多かったです。
今まで、ジャブ代わりに打っていたボディーも少なく、???な展開も見受けられましたね。
ロープを背負ってのカウンター狙いや、今まではほとんど無かった右のアッパー(ミハレス効果?)等色々と試している部分が多かったので、それらの改善策も見たかった所ですが…
良かった所は、相変わらず左のストレートを合わすのは巧いです。
その左をもっと効果的に当てる工夫も今後身に付けて欲しいですね。
スピードも若干落ちた?とすら感じさせましたし、ブランクの影響はありましたかね…

まぁ、久しぶりの実戦と言うだけでなく、トレーナーの変更等のゴタゴタがあっての試合でしたので、全てを求めても仕方ないですが、次戦以降どこまで伸ばしてこれるかに注目したいですね。
自分のボクシングがノビノビと出来ないポイントでどう対処するか…
下がってくれる相手には強いが、出てくる相手には弱いと言うのは、世界にいく前に絶対に修正しないと勝負にならないです。
内藤にしろ、坂田にしろ、興毅の思い通りに動いてくれる相手ではないですからね。

まぁ、亀田本人も納得いっていないようですし、観ている側もつい先日内藤ポンサクが有ったばかりですし満足のいく内容ではないでしょう。
それは次回以降に期待ですかね。
復帰戦なりの試合は見せてくれたと思います。

そう言えば入場曲変えるんじゃなかったっけ?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/24 04:51 ] 亀田三兄弟戦観戦記 | TB(0) | CM(0)

亀田興毅久しぶりのリングへ…フローレス戦 

昨年10月に行われたWBCフライ級王者の内藤大助の初防衛戦で挑戦者の亀田大毅の反則行為、並びにそれを指示したとして処分を受けた、亀田三兄弟の長男・亀田興毅の昨年7月以来の復帰戦が本日行われます。

対戦相手は1階級下のLフライ級のWBOインター王者のレクソン・フローレス
当初予定されていたブエノよりは格上ですが、噂されたワンディーよりは下の選手と思われます。
フローレスは3戦前にWBOフライ級王者のナルバエスに挑戦し、ほぼフルマークに近い形で負けている選手
興毅の勝ちは堅いと思いますが、3度の黒星は全て判定と、元々は1階級下とは言えこの選手を倒せたらソコソコ評価して良いのではないでしょうか。
まぁ、亀田家の試合で毎度思うことは、下手なKOよりも中身のある試合をして欲しいと言う事。
特に今回は、久しぶりの実戦ですしジックリとボクシングして欲しいものであります。

この試合が、新たな亀田家のスタートとなります。
新しいトレーナーとやってきている事が出るのはまだ先だと思いますが、
少なくとも例の事件の反省をプロボクサーとして示す事が出来る最初のチャンスですね。

世界云々は今は語れる立場にいないと思いますし、新生亀田に期待しましょう。


ところで、親父さんは予告通りリングサイドで大声張り上げて指示を出すんですかね?
子供の足を引っ張るような事はしないで欲しいですが…
あと、TBSの放送がどう変化するのか?しないのか?にも注目ですね^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/22 05:43 ] 亀田三兄弟戦展望 | TB(0) | CM(4)

内藤・亀田他メディア情報 

週末に迫った亀田興毅の復帰戦は亀田家としては久しぶりの夕方放送、
昨年の事件以来となる試合で、亀田家としての禊が始まります。
ついでに、亀田兄弟のHPもリニューアルしましたが、月額840円はFC(?)の会費としては結構高額ですね。
まぁ、以前よりコンテンツなど増えていましたが、無料期間中に充実させていくのでしょうね。
亀田興毅の復帰戦は22日の16:00~TBSでいつもの解説陣で放送です。

その亀田のターゲットの1人、WBC王者の内藤は週末2番組に出演!
興毅の試合のある22日の夜23:10~NHKBS1にて、先日のポンサクレック戦での密着番組が放送されます。
日曜日には「行列の出来る法律相談所」にも出演します。

雑誌系では、現在発売中のスポーツ誌「Number」に辰吉・薬師寺・ちばてつやの特集が載ってます!
更に、来月の最注目興行となる東洋王者榎と日本王者粟生の対戦の特別インタビュー(インタビュアー竹原慎二)が現在発売中のヤングサンデーに載ってます!
世界戦でも一般誌、漫画雑誌に記事が載る事は少ないのに…注目度の高さが窺えますね。
こちらも是非チェックして下さい!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/20 15:13 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)

凄かった… 

1週間ぶりになっちゃいましたね^^;
ミハレスとムニョスの統一戦とか、内藤の視聴率よか色々とネタはあったんですが色々と忙しくて^^;

今日は久しぶりに後楽園へ行ってきました。
メインは長嶋健吾の世界前哨戦(?)ですが、目当てはその長嶋の返上したライト級の王座決定戦!

中森かな~と思っていたのですが、石井のパワーが炸裂した形…
来日中のウィラポンパワーですかね(笑)見事なKO劇でした。

メインの長嶋はハカとの対戦でしたが、2Rにフックでダウンを奪われヒヤリとする展開も、
ベテランらしく冷静に立て直し、僅差で判定勝ち。
長嶋が2Rにダウンとなると、シリモンコンとの王座決定戦を思い出してしまいますね^^;

そう言えば、今日はボクシング雑誌の発売日!
今月はボクワーの方が面白いかも
辰吉・西澤ら定年越えボクサーの特集などもありますし、
来月に迫った榎vs粟生興行の特集もなかなか興味深いです。
もちろん、内藤や新井田の世界戦の結果や、今月の残りのフライ級の特集もありますしね。
是非どっちかだけでも買ってみて下さい^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

内藤2度目の防衛に成功!まだまだRomanticが止まらない!! 

と言う訳で、昨日行われた内藤大助の2度目の防衛戦
WBCフライ級タイトルマッチ~ナショナルヒーローズ~に行ってきました。

報道されていた通り、お客さんの入りはイマイチ(6割位?)でしたが、会場の盛り上がりはかなりのものでしたね。
やはり、内藤の試合は生で観る価値があります!
ここまで、会場が一体となって声援を送る選手って、最近少ないですよね。

さて、試合ですが予想通りポンサクレックは序盤積極的に出てきました。
対する内藤は、序盤動きが少々硬く空振りも目立つ立ち上がり。
ペースを握られる様な展開ではないですが、この空振りが終盤のスタミナ切れに繋がるのでは?と思わせる流れではありましたね。
4R終了時点での採点ではドロー~若干ポンサク有利
やはり相当研究してきているなぁ~という感じでした。
前回なら当たっているようなパンチもかわされていましたし、流石でしたが…

中盤からは内藤がペースを掴み始め、ポンサクレックの鋭いステップインからのボディーストレートが減ってきた。
身体を預けながらのボディーなどが効果的にヒット
前半から思っていましたが、ポンサクの怖い右フック・アッパーが少ない。
内藤の出させない動きも流石で、4度目ともなればお互い良さも十分分かっている感じ。
8R終了時の採点で今度は逆に内藤が若干有利に
しかし、この差はあって無いようなもので、終盤で全てが決まりそうな展開

9Rは前回同様、ポンサクレックが一気に出てきた。
しかし、ここでまさかのポンサクレックの投げが炸裂…



クリンチを振りほどこうとした様にも見えましたが、帰ってビデオを見ると地面に押し付けている様にも見えます。
故意にしろ過失にしろ、かなり強く肩の辺りを打ちつけていましたし、内藤もかなりツラそうな表情でした。
会場でもかなり強い音が響きましたし、ダメージも心配されました。
ポンサクレックも相当焦っている感じでしたが、結局このラウンドで詰められなかった事が、試合を決めたかもしれませんね。

個人的な採点は115-113で内藤の勝ちでしたが、難しいラウンドもありましたしドローは妥当だったのではないでしょうか。
韓国人ジャッジの採点はちょっと微妙ですが…
ダウンシーンもなければ決定的なシーンも無かったが、良い試合だったと言えるでしょう。
会場に来ていた人も「内藤勝ったと思ったけど良い試合だったな」とか「亀田戦じゃわからなかったけど内藤って強いんだね」とか言う声が聞こえてきましたし、満足していたのではないでしょうか?

これで内藤はオプション問題が解決し、本当の意味で自由な王者になりました。
ただ、宮田会長には「世界タイトル」だと言う事を分かって欲しい。
日本人対決を観たい気持ちはもちろん有る。
しかし、対戦相手が日本人限定の世界タイトルマッチは観たくありません。
あと、もう少しリーズナブルな値段でチケット売って下さい。
一番安い5250円の席は沢山人がいましたし、値段次第では観たい人は沢山います!

まぁ、いずれにせよ内藤大助2度目の防衛おめでとうございます!
まだまだ内藤のRomanticは止まりません!!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

内藤大助 vs. ポンサクレック・ウォンジョンカム 

いよいよこの日が来ました!
内藤大助2度目の防衛戦にして、前王者ポンサクレックとの決着戦!

WBCフライ級タイトルマッチ
~ナショナルヒーローズ~
王者:内藤大助(宮田) vs. 1位:ポンサクレックウォンジョンカム(タイ)
0308


亀田大毅戦では準備期間が短く動きの悪かった内藤ですが、今回はたっぷりの試合間隔。
昨年末から走り込み合宿を行うなど、肉体の若返りにも成功し準備は万端。
国内最年長防衛記録と共に、前王者ポンサクレック返り討ちを狙う。

対する前王者にして、同級1位の最強挑戦者ポンサクレック
減量苦・公開スパー拒否など、ピリピリムードかと思いきやジャージ着用100gアンダーで計量パスと、
三味線だったのかと思わせる戦前のポンサクレック
7年17度守った緑のベルトを取り戻す為に、久しぶりの挑戦者としてのベルト奪還を狙う。

試合予想としては、両者共に年齢的にも劇的な変化は無いでしょう。
おそらく、昨年7月の試合(映像)の様なギリギリの戦いとなるでしょう。

ポイントとしては、序盤のポンサクレックの出方ではないでしょうか。
どちらかと言うと待ちのボクシングのポンサクレックですが、挑戦者の今回は積極的に出てくる可能性が高いですし、
減量苦が本当なのであれば前半勝負の可能性もあります。
内藤も挑戦者精神で序盤から前回同様、リーチ差を生かしフェイントやトリッキーな動きを交えたヒットアンドアウェーでポイントを重ねペースを奪いたい所。
内藤の長い右か、ポンサクの右フックやアッパーのコンビネーションか。
お互いのサンデーパンチを防いだ方が勝利へ近づくのではないでしょうか。

予想としては6:4でポンサクレック有利だと思います。
やはり総合力ではポンサクレックに軍配が上がるでしょう。
しかし、前回同様セオリーとは逆の右回りや頭の位置を常に変え、
距離を取った出所の分からないフックで攻め立てれば勝機は十分あります!
前回は8:2.7:3と言われていた位ですからね。

前王者とのリマッチと言えば、日本のエース長谷川穂積とウィラポンでしょうか。
辰吉・西岡を粉砕し続けた安定王者ウィラポンを判定で下し、2度目の再戦では芸術的なカウンターでKO勝利!
内藤は長谷川になれるのか?

昨年年間最高試合に選ばれた試合の再現を内藤には期待します!
亀田興毅との対戦だけでなく、WBA王者坂田との統一戦など、まだまだ内藤にはやらなくてはいけないことがあります!
まだまだこんな所で内藤のRomanticは止まりません!頑張れ内藤!!

TBSで生中継されますので、会場にいけない人はテレビの前で応援しましょう!
放送は19:00~ですが、例によってTBSの長い煽りが1時間ほど続くようです。
それが嫌な人は、試合は19:55~ですので19:45~からで大丈夫でしょう。
また、前回や亀田戦関連で鬼塚等の解説が嫌という人は、TBSラジオがオススメです。
解説はアンタッチャブル(お笑いじゃないです^^;)川島氏ですよ!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/08 09:44 ] 世界タイトル戦展望 | TB(1) | CM(3)

3戦目の動画あり!内藤大助vs.ポンサクレック準備2 

前回の準備1では両国国技館の良さを公開しましたが、今回は試合の方に入りますか^^;

ポンサクレックの減量苦が伝えられていますが、体温や血圧も普通でしたし、
あくまでもポンサク側の言っている事で三味線の可能性も十分ですが、動きが悪いのは事実のようですね。
試合の予想は前日にでも書くとして、今回は大毅戦で初めて内藤を見たような人に本当の内藤の強さを見てもらおうかと…

対ポンサクレックⅢ
昨年7月、奇跡の王座奪還となった安定王者ポンサクレックとの3戦目
涙を流している人もいたこの試合ですが、生放送はMXテレビで東京周辺の人しか見れませんでした。
TBS深夜、skyAと、なかなか普通に見れた人はいなかったでしょう。
昨年の年間最高試合にも選ばれたこの試合の動画がようやく見つかったので載せておきます。

WBCフライ級タイトルマッチ(2007.7.18)
王者:ポンサクレックvs.6位:内藤大助
part1
part2
part3
part4
part5
part6

入場シーン観ただけで震えてきますね!
9Rの壮絶な打ち合い…インタビューの時のファンの声…本当ですね^^
Romanticが止まらない夜でした。

中野戦がニコニコ動画に、小松戦(ベストバウトの1つか)がYOUTUBEにありました。
時間のある時に是非観て下さい!きっと生で観たくなります^^
入場シーンだけで震えられる数少ないボクサーの一人ですよ!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

内藤大助vs.ポンサクレック準備1 

いよいよ8日に迫った、WBCフライ級タイトルマッチ内藤大助の2度目の防衛戦
チケットの売れ行きがイマイチとの話もありますが、ここに来ている人で時間のある方は是非会場へ観に行きましょう!
内藤の場合は、入場シーンを見るだけで生の価値があります(笑)

さて、初回の今回は会場の両国国技館について
国技館と言えば、お相撲が行われる会場で有名ですが、プロレスやコンサート等、各種イベントの会場としても使われています。
ちなみに国技=相撲と思われている人が多いみたいですが、厳密に言うと違うらしいですね。

ボクシング興行も何度も行われており、現役世界王者でも長谷川穂積が鳥海と挑戦者決定戦を行ったり、先日見事にKO防衛した新井田豊がランダエタと対戦した会場でもあります。
と言っても、個人的に国技館でのボクシングと言えば「畑山隆則×コウジ有沢」
世界戦クラスの規模で行われたあの一戦は、日本タイトルの歴史の中でも激戦の域に入る名勝負でした。
ちなみに畑山はチェ・ヨンスやリック吉村とも、国技館でやっていますね。
個人的な評価で言うと、東京近辺ではかなり観やすい会場の一つだと思います。
ただ、マス席は経験者は分かると思いますが、思っている以上に狭いので注意です。

ちなみに、土俵は電動で地面に埋めちゃうらしいです。

総武線・大江戸線など、交通の便もいいですし、観光も可能ですよ!
オススメの観光スポットは…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

新井田KOで圧勝!ロマゴンかかってこい!! 

昨日行われたWBAミニマム級タイトルマッチ
新井田豊の7度目の防衛戦ですが、深夜放送にも間に合わずようやく今見終わりました。

1Rのスタートから今回の新井田は積極的でプレッシャーをかけながら左フックを効果的に使用し素晴らしい立ち上がり。
1R終了間際の左ボディーはかなりパワフルで、試合後のインタビューによるとバレラはあのボディーで効いてしまった様。
確かに、以後脚を使っていると言うよりは使わされているような動きで、かなり弱気なボクシングになっていました。
2Rも左の速くパワフルなフックの連打や、右を被せるカウンター等等…
天才新井田の動きを見せ付けるスタートとなりました。

3Rには左のフックでダウンを奪うとこの時点で一方的な展開。
4Rも引き続き左のダブル~を下上と続け、新井田はスイッチも見せるなど余裕の展開
5Rは狙っているのか、ちょっと手数が減り後手になってしまいましたが…
6Rには強烈なリバーブローから、クリンチで逃れようとするバレロを連打でまとめて悶絶10カウント!

世界戦で微妙な試合が多かった新井田ですが、前回のゲホン戦では明確な判定勝利
そして今回のバレラ戦ではKO勝利と、天才新井田のパフォーマンスはまだまだ向上中の様。

防衛記録もこれで歴代単独4位となった小さな天才ボクサー新井田豊
イーグルがまさかの陥落で統一戦は難しくなりましたが、次戦はCC勝者かミニバレロ、ローマンゴンザレスとの指名戦
無敗のロマゴン相手でも「勝つ自信がある。チャンピオンとしてのプライドがある」とはっきり宣言した新井田
ロマゴン相手ならWPB復帰もありえるか。
不人気王者返上の足掛かりとなる、見事なKO勝利でした!



各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

WBAミニマム級タイトルマッチ新井田豊vs.バレラ 

どうも下っ腹が気持ち悪く、病院に行ったら慢性の前立腺炎症。。
座りっぱなしがよくないと言われてもねぇ^^;
さぁ、いよいよ明けて今日から3月に突入!
日本人絡みの世界戦3つに亀田興毅復帰と注目月間ですね!
まずは本日行われる世界戦の展望を簡単に…

WBAミニマム級タイトルマッチ
王者:新井田豊(横浜光) vs. 13位:ホセ・ルイス・バレラ(ベネズエラ)

日本人歴代単独4位となる7度目の防衛に挑戦する天才新井田豊
記録に伴う人気や知名度がなく、下位ランクのバレラクラスはKOで倒し株をあげたい所。

対するバレラは、日本でもお馴染みのランダエタや高山、ゲホンに挑戦経験があり、今月ソーサに挑戦予定のカルロス・メロと2戦1勝(直近勝利)、カルデロンに挑戦経験ありと、ランク以上に強敵の可能性も…
しかし、ミニバレロ、ローマン・ゴンザレスに1Rで負けているだけに、新井田としても次期挑戦者のロマゴンに強さを見せ付けたいところ。

ここ最近、一発に拘るあまりキレのある連打が少ない新井田だが、今回はスピード重視の練習を積んできたとの事で、パワーの加わった速いコンビネーションが見られそう。
予想としては中差新井田だが、そろそろ新井田のKOが観たい。

G+は生中継・地上波は深夜日テレです。
東松原周辺にG+の観れる所…無いだろうな^^;;
深夜まで待つかな…録画したのを見るよりドキドキ感ありますよね!
帰って来てもネット断ちせねば…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/03/01 01:06 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。