メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

亀田興毅復帰戦の対戦相手決まる! 

亀田の相手はWBO2位フローレス
http://boxon.jp/news/002763.php

サマンやアランブレットと同じ匂いがすると言ったブエノから、Lフライと1階級下ではありますがフライ級でナルバエスに挑戦し完敗も判定までいったフローレスに変更です。
コノフローレスですが、3敗していますがKO負けはなく、パッキャオを筆頭に昨年旋風を巻き起こしたフィリピンの強豪選手の一人と思われます。

いや~これは一気にレベルを上げてきた感じですね。
ブランク明けの復帰戦としては、なかなかの相手では無いでしょうか?
フローレス自身もWBOのLフライ級インター王者ですが、昨年8月の防衛戦以来の復帰戦で、共に同じ位のブランクの空いた選手同士ですね。
フローレス自身も、25歳と一番脂の乗っている時期に再び世界に挑戦するチャンスでもあります。
この選手を倒せば、興毅の評価は上がるでしょうね。
「大毅は駄目だけど、なんだかんだ言って興毅は強い」と観ている人を思わせるような、倒す倒されるよりも中身の濃い試合を見せて欲しいですね。


あと、内藤のチケットが4000枚ほどしか売れて無いそうですが、大毅戦でも6000人位でしたしそんなものなのでは?
チケットの値段が高いとも言われていますが、それよりもマス席がセットだったのが原因かと…
亀田に勝って知名度が上がったとはいえ、ボクシングを見に行く人が1グループ4人もなかなか集まらないですよ…

それと、放送するTBSも考えてもっと宣伝して欲しいですね。
内藤の魅力(売り)って「亀田に勝った」ではないでしょう?
もちろん、それもありますが日本人の天敵だったポンサクレックを正しく激闘で破った事をもっと宣伝しないと。
あの7月の試合の再放送を土日等にしていれば売れたと思いますけどね。
まぁ、このまま売れなかったとしても、世の中の人に「大毅との試合で内藤の全てを知ったと思うなよ」と思わせるような試合をしてくれれば本物の人気が手に入りますよ。

う~ん、Ⅲ観て欲しいな…動画探してみますか…
インタビューの時のファンの声が「これを民放でやらないなんて」とか「内藤~ポンサク~いい試合だ」とか入ってるんですよ(笑)


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

世界挑戦資格… 

東日本協会が世界王座挑戦資格の修正案なんですが…
改悪って奴じゃないでしょうか?
タイトル経験無くても良いのなら、タフミルの様な実力に見合っているとは言えないランカーを倒せばOKになってしまう。
そもそも、国内タイトルorOPBFタイトルの活性化、国内ボクシングの人気底上げに繋がらないのでは?

と言うより、この修正案を出した理由が「チャンスの少ない地方ジムなどの反対」って書いてありますが…
元々何の為に、この案を出す事になったのか考えて欲しいですね。
地方ジムがチャンスが少ないのは分かります。
CCカーニバルだって、折角1位になっても良く分からない外国人倒しただけの大手ジムの選手に挑戦権奪われてしまうって事もあるとおもいますし…
ただ、この程度の案じゃ今までと何も変わらないですよね…

しかし、ほとんどの日本ジム所属選手の世界王者って日本or東洋のタイトル経験者なんですよね。
最近では高山とイーグル位ですかね?
高山は陥落後に日本タイトル獲ってますし、純粋に世界タイトルしか獲ってないのって、
F原田・海老原・西城・大場・具志堅・中島・渡嘉敷・(渡辺)・小林・(新垣)・(ルイシト)・イーグル
ですか。
ルイシト小泉とイーグルは外人、新垣はIBFだからそれぞれを除くと9人しか残りません。
しかも、イーグル等を除くと20年以上前の話。
やはり、国内で潰しあう経験が無い人間は世界も厳しいんですね。
反対している地方ジムさんはこの歴史をキチンと見てほしいですね。
記念挑戦でも出来れば良いのでしょうか?
15位→10位なんて事よりも、地方ジムだろうが実力のある人間が日本・東洋に挑戦出来るシステムを作る事が大事でしょう。
先日のトーナメント案を詰めていけば解決に近づくのでは?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

すげぇ… 

何が凄いかと言うと、まずは「ボクシングマガジン

94年に、日本中の注目を集めたWBCバンタム級王座統一戦の両王者の対談が載ってます!
当時の話も当然あるんですが、辰吉の左拳って1Rで折ったんじゃなくて元々やっちゃってたんですね…
よく比較される亀田との違いや、薬師寺ジム開設のタイミングの話など10P特集!
当時胸を熱くさせた方も、当時を知らない人も是非!
この記事書いた後であの試合の映像見ます^^;


そして、今年のチャンピオンカーニバル最注目試合の粟生×榎!
下田×山中Ⅱと同時興行で、後楽園ホールより広いJCBホールの杮落としとなるこの興行ですが、
JCBホールでも狭かった様で、発売1週間で完売に近い売れ行き
帝拳ジム・榎後援会では全券種売り切れで、ぴあでも売り切れが近そう。
Bタイトの瀬端氏もラジオでよく言っていますが、良いカードならお客さんは入るんですよね。
ボクシングの人気低迷やらなんやら良く聞きますが、ファンが観たいカードを組んでいけばホール位なら埋まると思うんですが…
粟生×榎の興行は地上波では深夜なんですかね?
是非、後日でも良いから日曜日の夕方など、子供含め多くの人が観れる時間に放送して欲しい。

しかし、粟生×榎で良いのかな?東洋は榎だけどCCな訳だし…でも東洋もかかってるし…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

先週末のタイトルマッチ 

先週末のダブルタイトルマッチ等について簡単に…

まず、佐々木…

やっぱりやってくれました。
不利とか言いつつ、大物喰いの実績が忘れられず密かな期待をしていた人は多いのでは?
ゴング直後の奇襲は、肉体的ダメージはさほど与えられなかったかもしれませんが、精神的ダメージは十分に与えられたでしょう。
明らかにフルラウンド戦う気の無い戦法含め、流石の勝負師です!
新天地で、ポカ癖は消えているか、次回以降も注目です!

河野vs相澤…

相澤がムニョス戦とは違い打ち合いに応じたのが良かった。
河野は相変わらずのスタミナとタフネス
相澤が距離を取ろうとしても、そこを潰して打ちに行く…理想的な相澤対策が出来ていた。
相澤としては、もう少しボディーを打ちたかったはずだが、それをさせなかった河野がやはり上手だったか
しかし、ムニョス戦と比べれば、見ている人を納得させるボクシングは出来ていた。
相澤の今後に期待したい。
河野はこれで次は世界か?
正直、この試合の内容では厳しいという意見もある。
名城・中広・河野
川嶋のいなくなった今のSF級で世界が期待されるのはこの3人
ムニョスにしろミハレスにしろ、日本人は勝てていない。
数打ちゃ当たるではなく、挑戦者決定戦をして欲しい。


そのターゲットの1人のミハレスの防衛戦
興毅をスパーリングパートナーに呼び、迎えた今回の防衛戦
相手は日本でもお馴染みのナバーロでしたが…
もうミハレスは疑う余地の無いスーパーチャンプですね。
右のリードブローとディフェンス勘が凄い
初めて見た時はパッとしない印象でしたけど、今は華がありますね。
ちょっと日本人がミハレスを倒すのは厳しい感じ。。

しかし、あの試合でナバーロにフルマークで付けるってどんだけですか。。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

河野公平vs.相澤国之他 

今月のボクシング興行で最も注目の一戦と言って良い今日の興行

東洋太平洋・日本スーパーフライ級Wタイトルマッチ
王者:河野公平 vs. WBA13位:相澤国之

4月のJCBホール杮落としで行われる粟生×榎の次に今年のチャンピオンカーニバルで注目されている試合ではないでしょうか。
王者の河野は、ジムの先輩柳光と同じスーパーフライで日本東洋を奪取。
今回の試合は、ベルトを守ると言うよりは、世界挑戦経験もある相澤を倒し、世界挑戦を決定付ける試合と言うべきか。
元々は名城にオファーを出したとの話で、陣営はよっぽど自信があるのでしょう。

対する相澤は、昨年9月にムニョスに挑戦するも、終始「逃げ回っていた」と言われても仕方ない消極的なボクシングをしてしまい、
ムニョスに「今まで対戦した日本人の中で一番弱かった」と評されてしまったあの試合からの再起戦でいきなり河野と対戦。
飛び級での世界挑戦となった前回の反省か、再び世界挑戦の為にもここで健在振りをアピールしたい所。

試合展開としては河野がガンガン前に出て、それを相澤が捌こうという感じでしょう。
河野の前進力は日本トップクラスですし、手数も豊富で、ムニョスのようなパワーは無いがある意味もっとやりにくいかもしれない。
河野が勝つとすると、豊富な手数とラッシングパワーで押し切る形
相澤が勝つなら、スピードを生かし得意のボディーを含めたコンビで河野の動きを止め、カウンターをお見舞いといった所か。
相澤が前回の様な消極的な試合をしたら勢いのある河野に一気にもっていかれてしまうでしょう。
が、相澤が本来の動きを取り戻しているなら、攻撃リズムが単調になりがちな河野にカウンターを当てるシーンも想像出来ます。
相澤の動き、出方次第で試合の流れは大きく変わりそう。
勝ち上がった方は間違いなく近い将来世界挑戦する形になるでしょうし、見逃せない一戦になりそうですね!


セミファイナルのレブ・サンティリャンvs.佐々木基樹ですが、
KO必至のこの試合は共にジム移籍して最初の試合です。
フィリピンから石神井スポーツジムへ、協栄から帝拳へ
年齢的なものも含め、移籍初戦が最後の試合となってもおかしくない両選手
パンチのある長身サウスポーのサンティリャン相手に、佐々木が湯場を喰い、木村を苦しめた大舞台に強い力を発揮出来るかどうかでしょうか。
冷静に見るとサンティリャン有利と思いますが、日高を物差しにすると佐々木が勝ってもおかしくないです。
サウスポーは得意なのかもしれませんし…
この試合も要注目です!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/02/16 16:48 ] 国内ボクシング展望 | TB(0) | CM(0)

ようやく… 

ようやく嘉陽vs国重を観ました。
嘉陽はパワフルになっていましたが、それに拘り過ぎた感じがしますね。
国重も挑戦者にも関わらずクリンチ多用と微妙。
更に負傷判定と、消化不良な試合でした。
これは再戦が期待されますが、どちらの方が上とか言う話ではなく、この2人なら国重になっちゃいそう。
嘉陽にとって国重はやりやすい相手ではないです。
まぁ、世界に行くならそれを問題にせず勝つ位じゃないといけないですが…
しかし、嘉陽もフライ級での世界挑戦視野ですか…
山口もそうですが、せめてフライ級で結果を残してからにして欲しい。
しかし、アスロウムやソーサが日本に来てくれないからからですかね?

あと、亀田関連では大毅の「車はぶつけるもん」…違います。
自分がぶつけられたらブチ切れるでしょう?^^;;
「興毅も実はぶつけてた」…引退するまで我慢しなさい。
史郎氏の婦人公論「現役中の親子離れはない」…興毅が本当に一人暮らしを拒否したなら無理なんでしょうね。
控え室行く・リングサイドで大声出すは譲りませんね^^;;
それよりも、孫にまでボクシングやらせて教えるつもりだとは…
今からそんな事言ってたら息子さん達にお嫁さん来てくれないですよ^^;;;;

さて、今月の再注目カード「河野vs相澤」がいよいよ2日後に迫りました。
協栄から帝拳に移籍した佐々木の東洋挑戦!
一応、サンティリャンも日本のジム所属になったんですよね。
いきなりの強気マッチメイクですが、湯場に勝ってますし、サンティリャンと1勝1敗の日高にも勝っています、木村術を最も苦しめたと言っても良いでしょう。
前座にも注目カードが組まれていますし、是非生観戦したいところ…
一応明日で一区切りつきますが、疲れMAXなので行く元気があるかどうか…
チョコレートで元気出します。。
どっかの高いチョコレートより、普通の板チョコとかの方が美味しく感じてしまうのは育ちの問題なのでしょうか^^;;;;;;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

眠い。。 

坂田の防衛戦決定とか、興毅とミハレスのスパー感想(動画削除)とか書こうかと思ってたんですが、忙しくて無理です。。

まぁ、坂田は日本人同士の対戦ではありますが、盛り上がりには欠けるでしょうね。
坂田有利なのは当然ですが、坂田が圧倒するかと言うとそれも微妙な気がします。

そう言えば、帝拳選手の人命救助は素晴らしいですね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

内藤!興毅!最強トーナメント! 

長縄が内藤に挑戦へ…WBCフライ級
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20080203-OHT1T00222.htm

微妙。。
もちろん、これは内藤がポンサクに勝つ事が前提な訳ですが…
ちょっと早いんじゃないですかね。

世界王者が興毅を絶賛
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20080206-OHT1T00047.htm

ミハレスと互角!?
本当だったら凄いですよ^^;;
スパー云々じゃなくてちょっと疑問と言うか引っ掛かるのは「亀田プロモーションによると」の部分。
つまり、協栄主導ではなく亀田プロモーション(史郎氏)が窓口になっているという事?
以前のメキシコの時の様に、協栄の人間は誰か付いていっているのでしょうか?
だいたい、トレーナーが決まったとかの話も出ていないような…
そもそも、協栄での練習よりも海外の方が多いって、例のJBCの処分は実質守られて無い気もします。。

世界&東洋&日本の上位4人が集結
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20080205-316806.html

おぉ~~!!これは凄そう…
これはチャンピオンカーニバルとは別なんでしょうか?
そもそも、エントリー(?)の4人はどうやって決める?
細かい事は分かりませんが、これでタイトルを獲るor防衛した人には、世界挑戦の優先権が与えられるとかじゃないと結局はA級トーナメントと同じ様になる気もします。
体力のあるジムの選手は飛び級で世界挑戦してしまうようなケースが多いですが、
このトーナメント(タイトル含む)を制した人間は、少なくとも国内最強的存在な訳ですから、協会がプッシュして世界などの大舞台をサポートしてもらいたいですね。
湯場や佐竹等、地方ジム故にチャンスに恵まれない実力者を救済するようなシステムになって欲しい。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/02/06 06:35 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

OPBFSフェザー級タイトルマッチ&前田宏行 

昨日行われた東洋太平洋Sフェザー級タイトルマッチ
内山高志vs山崎晃の一戦
結果的には、内山の10RTKO勝利も、ダウンは奪えず。

内山は序盤、重たそうなジャブと強烈な左ボディーで冷静に攻め立て、
ガードが下がり気味になった中盤からはワンツーで顔面狙いと、いつ倒すかと言う一方的な展開。
しかし、山崎のとてつもないタフネスで倒れない
10Rコーナーに詰めた所でストップとなったが、最後まで行っても倒れたかどうか…
それでも内山は、流石の強さで実力を証明。
次は阪東ヒーロー戦ですが、昨日の感じだったら問題ないでしょう。
ただ、本人も言っていた様に世界はまだ厳しい。
このクラスは、ホイホイ日本人が挑戦出来るものでもないので、個人的には小堀と挑戦者決定戦をやって欲しい。
ハードパンチャーにして頭脳派の二人の対戦は面白そう。
内山に関しては、顎が上がり気味なので、上のレベルとやるとそこが命取りになりそうな気も…

地上波で放送されたK-1ワールドMAX
内藤や坂本を筆頭に、ボクシング関連の人も多数見ていたでしょう。
もちろん、注目は元日本三階級制覇の前田宏行
同じボクシング出身のTATSUJIを1RKOで倒すなど、昨日最も盛り上げた存在
準決勝はダウンを奪うなど一方的にも関わらずドクターストップの無念。
どこで折っただか脱臼だかしたんですかね?
そう言えば、山本KIDも昔骨折かなんかで棄権しましたよね。
なんか、他にもよくある気がするし、やっぱしらけちゃいますよね。
ボクサー出身として、K-1でようやく格好の付く形にしてくれたので良かったですが、
良い時の前田とは当然ですが違うのが残念なんですよね…
今後に期待!と言いたい所ですが、ボクシング技術では圧倒的…でもK-1では…になるんでしょうねぇ。。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

東洋太平洋Sフェザー級タイトルマッチ展望 

明けて今日行われる、東洋太平洋スーパーフェザー級のタイトルマッチ
王者:内山高志vs13位:山崎晃

内山にとっては初防衛戦であり、初の日本人ランカーとの対戦。
ノックアウトダイナマイトの内山にとって、世界ランカーのフセインに勝っているとはいえ、
真価の問われる初防衛戦になりそうです。

内山のタイトル獲得となった前回のナデル・フセイン戦は見事の一言
世界戦経験もあるフセインをほぼ一方的に攻め立ててのKO劇
パッキャオにTKOされてはいますが、KOは内山が初となります。

しかしこの内山…よく言えば冷静、悪く言えば消極的な面があります。
もっと行けば良いのにと言う場面や、詰められる所で慎重になったり。
ライト級も視野に入れて、年内の世界を目指すようですが、この階級の世界は甘くはありません。
ランク以上に強敵の山崎を相手に、KOダイナマイトの力を見せ付ける事が出来るでしょうか。

G+は生中継!地上波でも深夜放送あります!

今日は、K-1MAXもありますね。
前田宏行等も出場しますので、一応見ないと駄目ですね。
ついでに、深夜と言うよりも早朝(?)に、テレ東で「ザ・ハリケーン」が放送されます。
冤罪で刑務所に入れられたボクサー「ルビン・カーター」の映画です。
先日イベントも行われた、袴田死刑囚に似ていますね。
ちなみに、先日のイベントの模様は↓で観れます!
http://www.ohmynews.co.jp/photo/20080125/20122?p=1

坂田健史vs河野公平のスパー等も観れますので是非!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2008/02/02 00:31 ] 国内ボクシング展望 | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。