メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

内藤大助│あの興奮と感動をもう一度 

おそらくこれが今年最後のエントリーになるでしょう。

2007年の国内ボクシングで、最も注目を浴びたのは10月11日のWBCフライ級タイトルマッチ内藤大輔vs亀田大毅だったと思います。
しかし、この試合が行われるきっかけとなったアノ試合
7月18日…歴史の動いた瞬間。
生ける伝説ポンサクレック・ウォンジョンカムに内藤大助が進退をかけて挑んだ一戦。

試合前は、スポンサーも集まらず、テレビ放送も決まらずと開催が危ぶまれたこの試合。
内藤の知名度も今と違い、ほとんど無かったと言って良いでしょう。
しかし、亀田戦ではなくポンサクレック戦こそ真のボクシングで、内藤が最も光り輝いた瞬間なのは間違いありません。

その内藤のタイトル奪取の試合が、明けて本日20:00よりMXテレビにて再放送されます。
亀田戦で内藤大助という選手を知った人も多いと思います。
是非この再放送を見て、内藤の凄さポンサクの凄さを知って下さい!

内藤本人も出演して、ポンサクとの再戦について語るそうです。
2008年…ポンサクを倒し、因縁の亀田家との再戦、坂田との統一戦などビッグマッチが期待される内藤まだまだRomanticは止まりません!

年末年始
31日ジャンクSPORTS大晦日SP!浜田のハダカ祭り
 1日新春かくし芸大会
 2日大逆転将棋2008
   さんまのまんま
   ぷっすま
 3日とんねるずのスポーツ王は俺だ!
 5日めちゃイケ!
と、内藤が毎日の様にテレビ出演します!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

練習納めと高山新井田との再戦へ 

亀田兄弟が練習納め「いろいろあった1年」
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20071227-OHT1T00169.htm

大毅の発言は良いとして、興毅の発言にはちょっと驚き
すぐにでも世界にいくのかと思いきや、まだ1年引っ張るのですか。
力を伸ばすのは賛成ですが、WBAの指名戦はどうなるんでしょう?
興毅が落ちても、デンカオセーンだとダイレクトになりますし…
う~ん、坂田の防衛路線が気になる所です。

内藤、白鵬に出げいこで練習納め
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20071227-OHT1T00088.htm

亀田家が暗だとすれば明の内藤大助
葛飾区から墨田区に走っていく?
10キロの距離は問題ないでしょうけど、走って来れる場所あるんですかね^^;
それよりも、ポンサクレックとの再戦が2月中旬以降ですか。
これは良いですね。開催はやっぱりタイなんでしょうか?
いずれにしても、早く決まって欲しいですね。

高山、来年3月に新井田との再戦熱望
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20071227-OHT1T00073.htm

完全決着…お互いしたいでしょう。
しかし、WBAの1位はリトルバレロのローマン・ゴンザレス
ゲホンを秒殺したロマゴンを新井田がどう攻略するかも見たい…
ミニマムも目が離せないですね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/12/28 01:59 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)

ボクシング│ノーモア大毅ルール否決とメイウェザー 

世界挑戦への条件 見直しへ
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2007/12/24/01.html

やっぱりなぁ。地方ジムにとってはなかなか厳しいですよね。
ただ、地方ジムで世界挑戦となるともっと難しい訳で、指名挑戦者や挑戦者決定戦に勝った場合は特例として認めるとかすれば良いのでは?

メイウェザー総合格闘技転向も
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2007/12/24/02.html

( ̄ロ ̄lll)マジ?
総合格闘技に行くメリットはあるのか?
ボクシングほど稼げるんでしょうかね?
まだまだメイウェザーにはやって欲しい事があるんですけど…
まぁ、行かないと思いますけどね^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/12/24 08:27 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

ボロボロ。。 

最近忙しいだけでなく、忘年会とかも絡んで心身ともにボロボロです。。

PCを触る元気もなかったり^^;

更に今日の有馬記念ではドリームパスポートが飛んでボロボロ。。

明日はクリスマスイヴ…めんどい。。

クリスマスなんかよりも久高とフセインフセインの方が重要ってか、生で観たいです…

フセインフセインはポンサクとアルセにしか負けていない超強豪
亀田興毅が対戦を避けたとの話もある選手ですね。
来年まで観れないですが、本田共々楽しみな一戦。

ところで、内藤×ポンサクの正式決定はまだなんですかね?
1/28サラブリてのはどうなんでしょう?
オプションは絶対に売らないそうですが…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング│年間表彰をしてみよう。 

本日、ボクシング年間表彰が発表されます。
と言う訳で、メタモのボクシング観戦記的年間表彰もしてみようかと…
予想と独断と偏見を合わせて決めてみます。

MVP
内藤大助
これは文句なしでしょう。
伝説的王者ポンサクレックを下し、国民の注目を集めた亀田大毅戦にも勝利
一躍時の人となった苦労人

技能賞
ホルヘ・リナレス
昨日見事にKOで初防衛にも成功したベネズエラのゴールデンボーイ
日本でもお馴染みのラリオスを倒した試合は凄かったです。

敢闘賞
新井田豊
物議を醸した高山との統一戦もありましたが、
以前苦戦したエリベルト・ゲホンに完勝した安定王者

殊勲賞
松田直樹orクレイジーキム
ノンタイトル戦ですが、ルディ・ロペスを2度にわたり元世界王者を撃破
WBCフェザー級挑戦者決定戦に勝利したが、同門でどうなる?
東洋三階級制覇のクレイジーキムも忘れてはいけない
 
KO賞
エドウィン・バレロ
バレロは対象にするかどうか悩みましたが…昨日も見事KO防衛
牛若丸あきべぇの線もありますが、それならむしろ湯場でしょうか。

努力賞
坂田健史
4度目の挑戦でタイトル奪取
来年のビッグマッチに期待

新鋭賞
内山高志
亀海と言いたい所ですが、やはりタイトル獲った内山の方が有利ですかね。
佐藤は…

年間最高試合賞
内藤大助VSポンサクレック
文句なし!
あの試合を見て涙した人も多いのでは? 

特別賞
坂本博之
ありがとう!平成のKOキング! 
本望信人
逃げずに、バレロが唯一ダウンを奪えなかった男

メタモのボクシング観戦記的番外編^^;
ドン・キホーテ
ドン・キホーテが名乗りを挙げていなかったら内藤の奪取は無かったかも? 


しかし、日本のエース長谷川穂積が入らなかったです…
下田や粟生らの帝拳日本王者勢も入らず…難しいです^^;
亀田は当然入りませんね。
来年はもしかしたら世界戦以外が年間最高試合になるかも?
もちろん、粟生vs榎でね^^
皆さんの表彰選手らはどうでしょう? 


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング│チャンピオンカーニバル 

年明けからすぐに始まるチャンピオンカーニバルのカードが全て決定!

ミニマム級(4.6)
王者:黒木健孝×WBA5位:三澤照夫
Lフライ級(2.11)
王者:嘉陽宗嗣×WBC10位:國重隆
フライ級(4.14)
王者:吉田健司×1位:清水智信
Sフライ級(2.16)
王者:河野公平×WBA12位・相澤国之
バンタム級(2.24)
王者:三谷将之×WBC9位:大場浩平
Sバンタム級(4.5)
王者:下田昭文×WBA11位:山中大輔
東洋太平洋・日本フェザーWタイトル(4.5)
日本王者:粟生隆寛×東洋王者:榎洋之
Sフェザー級(1.5)
王者:小堀佑介×1位:松崎博保
ライト級王座決定
1位:中森宏×2位:石井一太郎
Sライト級(1.19)
王者:木村登勇×8位:松本憲亮
ウェルター級
王者:湯場忠志×1位:沼田康司
Sウェルター級
王者:石田順裕×1位:川崎タツキ
ミドル級(2.10)
王者:江口啓二×1位:鈴木典史

え~と、当然と言えば当然なんですが、かなり豪華です!
唯一残念と言えば、ライト級が王座決定戦になってしまった事。
長嶋が世界ランカーとの対戦が決まっているとからしいんですが、中森とやって欲しかったです。

さて、皆さんの注目カードはどの階級でしょうか?
おそらくほとんどの方がフェザー級と答えるでしょうね^^;
もう、世界挑戦者決定戦と言って良いでしょう。
待ちに待った、粟生vs榎の正しく日本頂上決戦!
JCBホールの杮落としとして行われるこの一戦ですが、下田×山中Ⅱも行われますし、
いくらキャパが増えたと言っても、チケットは争奪戦になるでしょうね。
絶対生で観たい一戦です。

個人的にはSフライ級も楽しみです。
世界熱望の河野に、世界戦で惨敗したエリート相澤
生き残りを賭けたサバイバルマッチとなるこの一戦。
名城にもオファーがあったそうですが、相澤でも十分ビッグマッチです。

そしてバンタム級!!
これはヤバイです。次期orその次の挑戦者決定戦でしょうか。
年明けに池原がシドレンコに挑戦しますが、その勝者とここの勝者orサーシャですかね?

ミニマム級も再戦が見たかった一戦
前回これからという所での負傷判定で涙を飲んだ三澤ですが今度こそは
孫悟空・黒木も初防衛をKOで決めて勢いありますし…

つーか、全部観たいですよ。。 


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング観戦記│週末ボクシング観戦記(ネタバレも) 

まずは生観戦したDANGAN・Ⅴ

ビータイトプロデュースの興行は外れが無いので、今回も楽しませてくれるだろうと楽しみに行きました。
前座から好試合が多く「流石ビータイト!」という感じ。
特に、小野寺洋介山と吉田真の一戦は当日のベストバウト!
ランカー同士が6回戦でぶつかり合うのですから当然白熱!
長身の吉田がスピードで前半は試合をコントロールし、
セコンドの内藤でお馴染みの宮田会長も「すっげ~!」と言わせる流れ
後半は洋介山が上位ランカーの意地を魅せ、逆に吉田をグロッキー寸前まで追い詰める。
両者共に持ち味を存分に見せた試合で、両者共に勝者としたい試合でした。
判定はドローでしたが、皆が納得のドローだったのではないでしょうか。
内藤も応援に来てましたね。

セミの福原はまさかの4RKO負け…
1Rでダウンを奪われるも、ラウンド開始前に応援席にポーズを見せるなど余裕なのかと思いきや、
まったく右を出さない変な戦い方。
「もしかしてまた?」という不安も過ぎりました。
4Rで2度目のダウンを喫した所でタオル投入で終了。
ダメージではなく止めた感じなので、何かあったのでしょう。
高山はガンダム梅津とのドローに続いて、王者経験者に魅せましたね。

さて…メインのフライ級タイトルマッチ吉田×佐藤ですが…
泥試合という言葉がピッタリ
バッティング・クリンチばかりで、打ち合いは無かったですね。
一応吉田が判定勝ちしましたが、吉田は前回に続いての凡戦
内藤・坂田・亀田の絡みには現状じゃ絡めませんね。
前回の件もあるので吉田が中心に叩かれそうですが、佐藤もひどかった。
例の世界戦のようでしたね…
CCでの清水智信(もちろん来場)戦ではクリーンに戦って欲しい。
応援するのは当然清水ですが(^^;

まぁ、興行自体は面白かったです。
尻すぼみでしたが…

さて、世界が注目の本日行われたメイウェザーとハットンの無敗対決!
明日のWOWOW待ちしている人はこれ以降(簡単にしか書きませんが)の記事と、ニュースサイトなどを見ないように(笑)

さて試合ですが、ハットンがプレッシャーをかけロープにメイウェザーを追い込むまでは出来るものの、
メイウェザーにパンチを当てられないと言うか、メイが当てさせない。
メイウェザーはカウンターを幾度となく当て、ポイントを獲る流石のボクシング
そして10R飛び込みざまに出した左フックに、メイウェザーの左フックのカウンターがモロにヒットしコーナーに頭をぶつけるダウン
これで勝負ありで、再開後メイの連打でストップ
やはりメイウェザー強し!
ただのタッチゲームの様なボクシングではなく、倒し切ったのを見るのは久しぶりの様な気がします。
う~ん、メイウェザーを止めるのは誰なんでしょうか?コット?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング弾丸興行!DANGAN5見に行きます! 

久しぶりのホール…1ヶ月ぶりでしょうか。

しかし、ビータイトは良いマッチメイクしてくれますね。
日本フライ級タイトルマッチがメインですが、元王者の福原がセミ
小野寺洋介山と吉田真のランカー同士の対戦
更にランカー金城の試合まで組まれる超豪華興行!
裏メインとも言える日本王者小堀と内山の賞金スパーまで…
この興行をテレビでやらないとかもったいなすぎますね。

更に今日は、内藤大助が「メレンゲの気持ち」に出演!
あややとは2度目の共演ですかね?
日本時間で日曜日にはメイウェザーとハットンの今年度最後のビッグマッチもありますし、
この週末もボクシングを満喫出来そうです^^


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング観戦記:90秒の激闘 

ボクシング界注目の一戦となった日本ウェルター級タイトルマッチ
湯場vsあきべぇをテレビ観戦しました。

結果は皆さんご存知の通り、湯場がわずか90秒で無敗のホープ牛若丸あきべぇを失神KOで下しました。

試合は開始直後から動いて、まずはあきべぇの右フックで湯場がダウン
まさか…と過去の試合が過ぎりましたが、立ち上がった湯場は実に冷静でダメージも感じられない。
一気に決めようとするあきべぇに対しても冷静で、鋭い左で応戦
そして、ダウンを奪われた右の大きなフックに対し左の打ち下ろしフック気味のパンチであきべぇが前のめりにダウン
初ダウンのあきべぇですが、脚元は覚束なくかなり効いている。
再開後も湯場は左・ワンツーで攻め立て、あきべぇも右フックを強振するが当たらず。
最後はガードを突き破るようなワンツーであきべぇが崩れ落ち10カウント&タオル投入!

あきべぇは完全に飛んでいる様で焦点が定まっていない感じで担架で退場。
わずか90秒で3階級王者が、若き無敗のKO記録ホルダーを葬り去ったという形。

1RKOは事故みたいなものと言いますが、この試合は力通りの差が出たと言う印象。
結局の所、あきべぇが最初にダウンを奪った後、一気に決めようと打ち気に逸った所に、ダウンを奪われて冷静になったと言う湯場の左が突き刺さった訳ですが、
あきべぇの亀田家入りしてからの対戦相手の大半を占めたインドネシア人らのいわゆる「かませ犬」相手ならそれで通用したでしょう。
しかし、日本人では間違いなくトップレベルの湯場相手に、ダウンを奪ったとは言えダメージも浅く意識もハッキリしている相手に大振りのフックを振り回すだけでは勝てる訳がありません。
そこで冷静に相手を観察する力があれば、また展開は変わっていたかもしれません。
また、湯場はライト級時代から強敵相手に修羅場をくぐり抜けてきました。
大曲戦での秒殺KO負けなどがキチンと生かされ、キャリアをちゃんと積んでいる者の強さを感じましたね。
38戦目と17戦目という数字ではない、中身の濃さが違ったと言う事でしょう。

逆に言うと、あきべぇはこの敗戦で一気に成長する可能性がありますね。
たった90秒とは言え、あきべぇにとってもの凄い勉強になった濃密な時間だったはずですし、自らの足りない点を見つめ直すチャンスになった訳ですから。
試合後、湯場の控え室に訪れ「ありがとうございました。勉強になりました。」と、挨拶に行った姿は良かったと思います。
まだ22歳と若く、この敗戦を肥やしにして再浮上を期待したいです。

湯場はこれで世界ランクもゲットでしょうが、ウェルターの王者と言えばメイウェザーとコット。。
まず世界挑戦は出来ないでしょう。地方ジムとか言う以前に。。
湯場は4階級5階級を目標にするようですが、湯場ほどの選手が世界に1度も挑戦出来ないのは…残念です。
4階級・5階級と言う目標も素晴らしいですが、これが一般にはなかなか伝わらないのが歯がゆいですね。

さて、亀田家関連は記録の懸かった試合で大毅・あきべぇ(もう亀田家ではないですが)と、共に内藤・湯場というベテラン王者に打ち砕かれました。
この流れを興毅は止められるのか?それとも和毅?(^^;


ところで、昨日のホール赤コーナーと青コーナーが逆でしたよね?
何があったんでしょう?テレビの都合か?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング展望:湯場忠志vs牛若丸あきべぇ 

日本ウェルター級タイトルマッチ
湯場忠志vs牛若丸あきべぇ

注目の日本タイトルマッチがいよいよ今日に迫りました。
日本タイトル三階級制覇の湯場に、連続KO日本記録に並び新記録を狙うあきべぇが挑戦する一戦
あきべぇの世界ランクを湯場が奪いに行く一戦とも取れますね。

湯場は、ライト級王者になる前に、ライト級王座を22度防衛したリックと分けてる訳ですし、随分と前からトップクラスに君臨している訳ですが、地方ジムという事で厳しい面がありました。
大曲戦の様な事故的なKOや、バキロフ戦の様な勝てる試合をこぼしたりと、強いんだけど不安定さを持っている感じの湯場選手
あきべぇの様なガンガン来るファイターとは相性が悪く、サウスポーも苦手みたいですね…
しかし、亀田家絡みで一般的知名度はある牛若丸が相手ですし、四階級・五階級制覇に向けてモチベーションは高いでしょう。

対するあきべぇは、浜田氏に並ぶ15連続KOに並び、王者獲得と共に連続KO新記録を狙う。
あきべぇは、一時期亀田家入りした事で若干変な目で見られている部分は有りますが、ここで誰もが認める湯場を倒せば16連続KOの価値は別としても、実力は文句なしに認められる存在となるでしょう。
ウェルターと重い階級だからこそ、亀田家流のトレーニングは最も合っていたともされていますし、ボクシングが雑になったとも言われますが成長した部分もあるでしょう。

試合展開はガンガン懐に入ろうとするあきべぇを、湯場がボクシングしながら狙い打つ形と思われるが、湯場は「打ち合いの凄い試合になる」とも言っているようですね。
あきべぇのプレッシャーとパワー・湯場のテクニックどちらが相手を上回るのか?
個人的予想としては、打たれ過ぎるあきべぇを湯場が後半倒すor判定とみますが、あきべぇが前半一気に湯場を巻き込む展開となったら決して打たれ強い訳ではないのでKOも十分考えられます。

是非見て欲しい一戦です。
KOもしくはそれに近い激しい一戦となるでしょう。
TBSで深夜2:15~


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/12/06 04:24 ] 国内ボクシング展望 | TB(0) | CM(2)

ボクシング観戦記:下田昭文vs小林秀徳他 

日本スーパー・バンタム級タイトルマッチ
下田昭文vs小林秀徳

無敗の挑戦者を迎えた下田の2度目の防衛戦
来年にも世界挑戦を視野に入れている帝拳期待の星ですが、
スタミナ難が課題で言い続けられていましたが、その課題の克服も垣間見れた良い試合でした。

序盤から下田の左が上下、特にボディーが良く決まり主導権を握る。
2R終了間際には、その左ストレートが綺麗に入り最初のダウン
3Rにも左でダウンを奪いますが、これは2Rのダメージを引きずったような感じ

しかし、その後悪い癖と言うか、左に頼ると言うか狙いすぎで単発気味に…
小林の根性も素晴らしく、下がらず前に出てパンチを出し続けながら回復
その後も、左を喰うものの耐え続けていました。素晴らしい根性でしたね。

下田はガードを下げたりそっぽ向いたり無駄が多い。
これは上にいく為に、精神的に克服しなきゃいけない部分でしょうか。
スタミナ面はスローダウンはしたものの、大分克服してきているように見受けられました。

結果は大差判定で下田の勝ちでしたが、小林も最終ラウンドの打ち合いや、ダウンからの巻き返し(ポイントは取れませんでしたが)は本当に素晴らしかった。

これで下田は2度目の防衛成功
CCでは瀬藤へのリベンジか木村か?
24歳で迎えたいと言う世界戦に向け、センスの塊叩き上げ王者には更なる向上を期待したいですね!

前座の亀海は初の判定決着
とは言え、ランカー相手にダウンを奪う完勝だから文句なし…
と言いたい所ですが、右だけでなくもう少し手数が欲しかったですね。

五十嵐は分の悪いドローでした。
バッティングによるカットの影響も大きかったと思いますが、
下の階級ですし、勝ちを逃したのは残念でしたね。

山口はまさかの完敗KO
と言うよりも、あれが山口?と言う出来
柴田は金星ですね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

亀田兄弟練習再開と謝罪(!?)会見 

明けて今日の下田vs小林の展望書いたのに、エラーで全部パーに。。
頭に来たので、書くつもりのなかった亀田兄弟の練習再開と会見について少々…
ちなみに、下田は判定勝ちの予想です。
元々1階級上の相手で、無敗のプライドもあるでしょうし倒しきるのはなかなか厳しそう。
明日は亀海(かめがい)や五十嵐も出ますし、予定の無い方は是非ホールへ!
当日券は1500円!

さて…

軽口連発…謝罪そこそこ練習再開
http://www.sponichi.co.jp/battle/flash/KFullFlash20071130067.html
亀田大毅、開き直り反省なし会見「ほっといて」
http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_11/s2007113011_all.html

え~と、わざとですよね?
もはやギャグとしか思えませんでしたよ^^;
あれが、金平会長が課した復帰の条件の“謝罪会見”なんでしょうかね。
興毅によって大幅に軌道修正されたイメージを再び元に戻しちゃいましたね。
内藤や関係者への謝罪(挨拶回り)は済んでいるらしいので、今回の謝罪会見はあの試合を「ボクシング」として見たかった視聴者や観客に対しての謝罪と説明だったはずなのでは?
それが、誰に何を申し訳なく思っているのか分からない、一応の「申し訳ございません」のみ。
金平会長もしょうもないですね。
自身の会見では「そろそろ時間…」と言ったスタッフに「誰が決めた」とお怒りでしたよね?
今回は会長自身が終わらせようとしてました。記者の質問も受けさせようともせずに…誰が決めたんですかね?

あれは会見でなくて、ただの報告でしょう。
しかも、その後の言行動を見聞きする限り、彼が自らのやった事の意味が分かっているとは思えず、反省の色も感じられませんでした。
記者を小馬鹿にするような態度や、帰宅の際のキレ発言は、不快でしたね~
あの親父と一緒に出た時の姿は何だったんでしょう?
結局、「亀田は亀田」だったと言う事でしょうか。
興毅も「人間そう簡単には変わらない」みたいな事言ってましたが、
それでも変わる事を求められていたんじゃなかったんでしょうか。

ゼロからのスタートを強調していましたが、あれではゼロからのスタートも出来ないですよ。
とてつもないマイナスからのスタートです。
非常に残念でガッカリする会見(にもなっていない)でした。
もったいないなぁ。。
どうなるんでしょうね。亀田兄弟は。
まともなマッチメイクも出来るんでしょうか。
金平会長も駄目なら大竹マネージャーにビシッと教えてやって欲しいです。
このままじゃ本当に駄目になりますよ。。

あと、高橋ジョージさんは亀田家の話題で発言しない方が良いです。
自身はもちろんですが、亀田家にもマイナスになりますよ(^^;
あれで「記者も厳しい…」は無いでしょう(^^;;;;
舞い戻った世論を認識した上でサンジャポで何て言うかちょっと楽しみ^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。