メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

菊井がミハレスに挑戦! 

ボクシング前日本スーパーフライ級王者の菊井徹平(花形)がWBC(世界ボクシング評議会)王者クリスチャン・ミハレスに7月14日敵地メキシコにて世界初挑戦が決まった。

菊井は現東洋太平洋王者の相澤国之や、世界ランカー有永政幸にボクシングをさせず、完封に近い形で下して来た堅実な選手。
ジャブの良い正統派のボクサーだが、前回の試合で亀田和毅のスパー相手に立候補した河野との1勝1敗で迎えた決着戦で敗れたばかり。
日本タイトル敗戦からの世界挑戦は、中広大悟もそうだが少々スッキリしない。

確かに、日本ではトップクラスの選手だし、王者側からのオファーはチャンスでもあるのは分かるが…
しかし、河野は菊井に勝ち越している訳ですし、世界戦に向けて認知度アップとも取れる亀田和毅のスパー相手に立候補する姿などを見ると…

しかし、決まったからには頑張って欲しい!
川嶋やアルセに完勝し、いつの間にかスーパーフライ級最強との評価も受け始めているミハレスは簡単に勝てる相手ではない。
多彩なコンビネーションは速く、交わしながらも的確に打つテクニックは素晴らしい
頑丈な川嶋から実質ダウンを奪ったように、思ったよりもパンチがある感じ。
菊井にとっては、かなり厳しい試合になりそうだが、大金星達成なるか


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/29 02:13 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

和毅ピンチ?スパー立候補者出る 

亀田和毅が募集していた世界ランカーのスパー対戦相手に立候補者が出てしまった。
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2007/05/27/02.html
亀田サイドとしては、想定外の出来事ではないだろうか?
しかも、その立候補した選手は日本Sフライ級王者の河野公平
菊井に2勝1敗で、前回見事判定でタイトル奪取した。
中広には判定で敗れているが、プロスパー松浦をKOで破っている本物だ。
来月2日の防衛戦に勝ったらの条件付だが、それをクリアしたら亀田サイドの逃げ道は無い。
14オンスで倒すのは難しいと思うし、亀田サイドが自分勝手な発言をするかもしれない。
それでも、見ている人がしっかり評価すれば良いだけの話。
亀田達の為にも、実現してほしいと思う。

そういえば、坂田の初防衛戦に勇利とナザロフを招待するらしいですね。
やっぱり、金平会長も思い入れは坂田なんだなと思いますね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

粟生隆寛初防衛戦決定!内藤も?などなど 

西の亀田に東の粟生(もう言われてない?)の粟生隆寛(帝拳)の日本フェザー級タイトルの初防衛戦が決定!
対戦相手は、6位の秋葉慶介(角海老宝石)

粟生としては、上への通過点として中身の濃い試合をしたい所。
秋葉としては、エリートでデビュー前から話題の選手からベルトだけではなく、知名度や未来を奪う大チャンスです。

秋葉は日本ランク入りしてから、連続KO勝ち中と勢いがあります。
粟生が甘く見ていたら、足元掬われる可能性も十分ありそうです。

注目の粟生vs秋葉は7月7日七夕にゴングです。

本来なら今日行われたはずのホルヘ・リナレス(帝拳)のWBCフェザー級暫定タイトルマッチが7月21日ラスベガスに決定!
対戦相手は変更なく、オスカー・ラリオス
バーナード・ホプキンスVSウィンキー・ライトがメインのようなので、
注目度も高くリナレスの名が一気に広まるんじゃないでしょうか。

6月にも開催と噂されていた、前日本・東洋太平洋王者の内藤大助のポンサクレックとの3度目の対戦ですが、
Bxrecによると、7月18日に後楽園ホールで対戦予定になっています!
3度目の正直はあるんでしょうか?
ポンサクにすっかりカモにされている日本人ボクサーですが、それを止めるのはやはり内藤でしょう!
そして、亀田と対戦すればいい
はっきり言って、この間の亀田の試合では、ポンサクにも内藤にも勝てないとは思うが、亀田が本当の強敵相手とどの様なボクシングをするか見たい気持ちはある。

亀田の試合当日から通常よりもかなり多いアクセスがあるけど、
その検索フレーズはやはり厳しいものが多い…
一部を挙げると
「亀田 反則」「亀田 噛み付き」「亀田 ローブロー」など、ボクシングのブログとは思えない様なフレーズ…

亀田君…ヤバイですよ。。
しかも、一夜明け会見ではある程度満足したような感じだし、
親父にいたっては「今までで一番良い」みたいな事言ってたとか?
嘘でしょう、史郎さん。。
あの試合に関しては、プロボクサーもご立腹な様です。
帝拳ジムの亀海選手のブログでは、本音で怒り爆発させてます。
「八百長」「ボクシング界追放」「金」「卑怯者」などなど、かなり際どい単語を使い、亀田家だけでなくレフェリーやTBSを批判する発言をしています。
それだけ、本当にボクシングを愛している人にとって、ボクシングに懸けている人にとって、腹立たしく悲しい事だったんでしょう。

ボクシング界内部の人間がこう言った発言をするのは非常に珍しいですし、高山なんかの例もありますから、良いか悪いか難しいですが、
個人的には、「よく言ってくれた!」と思ってしまいましたね(笑)


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/26 01:28 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(2)

和毅100万円懸賞マッチ「川嶋、名城かかって来い」 

和毅100万円懸賞マッチ「川嶋、名城かかって来い」
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20070524-OHT1T00031.htm

かんべんしてくれよと言いたくなりますが…
先日の記事でもお伝えした、世界ランカー限定のスパー対戦者の募集
1人も応募者がいないそうです…当然ですね。
まず、「挑戦状」これって和毅が出すのが筋でしょ?
それに加えて、今回の川嶋・名城の前世界王者への暴言

鼻クソって…

なんか、色々と勘違いしているみたいですね。
また、昨日のスパーで最終回に鼻血を出したそうですが、
「全然効いてへんで。オレは打たれ強いんや」と言ったそうです。
まぁ、映像見てないので良くは分かりませんが、結局川嶋や名城とやって押されたとしても、同じ様な発言をするんでしょうね。
だいたい勝ち負けはどうやって決めるんでしょうか…

と言うよりも、騒いでいるのは自分らだけで、名城なんかは藤原トレーナーのブログによると、『むかつきますねぇ~でも、いいっすわ。へへ』だそうだ。
相手にされていないんですよ…
本当にやりたいんだったら、自分から申し込みに行きなさい(笑)


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

BORDER~刺青ボクサー~ 

昨日の亀田の試合でどうにも気分がモヤモヤしたので、あるDVDを見ました。

「【BORDER】 アフター・ザ・ゴング ~刺青ボクサー大嶋宏成 ラストチャンス~」という作品
TSUTAYA DISCASで借りてまだ見てなかったのをようやく見たって感じなのですが…

刺青ボクサー大嶋宏成と言えば、テレビでも特集され注目も浴びた選手ですので、覚えている人も多いかと思います。
その大嶋の最後のタイトル挑戦までのドキュメンタリーなんですが、なかなか面白かったです。
大嶋自身は当然ですが、大嶋が過去対戦した選手の近況も追っている作品で、
デビュー戦や、新人王で戦った選手や、初のタイトル戦だったリック吉村や、東洋太平洋での佐竹なんかも出てきました。
個人的に佐竹は好きな選手だったし、一度は世界戦やってもらいたいボクサーだったので嬉しかったですね。
この作品が作成されていた時は求職中だったそうですが、今は見つかったんでしょうかね?
リックはおやじファイトとかにも出場していますね。
後で畑山との世界戦見ようかな…

さて、この大嶋選手、刺青や畑山との絡みで話題でしたが、結局ベルトは一度も奪えませんでしたが、運が悪すぎた一面もありますね。
当時20度防衛中のリックに、東洋9度防衛の佐竹
最後が、今なお防衛中の木村登男選手…強烈なメンバーに挑戦してます。
大嶋選手…記録には残らないけど、熱い現役生活でしたね。
現在はシャイアン山本ジムでトレーナーとして後進の指導をしているようです。
このDVDなかなか面白い作品になっているので、興味ある方は一度見てみてください。
弟で同じく刺青ボクサーで、国内で試合の出来ない大嶋記胤選手もちょっとだけ出ていますよ!

TSUTAYA DISCASで、最大1ヶ月の無料期間中にちゃちゃっと借りて、無料期間中に退会したら完全無料です(笑)
メタモも、無料期間中に退会するつもりです(^^;楽なんですけどね…
余った分はロッキー全作借りようかな…

あ~そう言えば、亀田興毅選手ですが、オガー選手に不満タラタラだそうで…
相手がどうのこうのって所じゃない気がするんですけど…
確かに、防御に徹した相手を倒すのは簡単ではないと思いますが…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

亀田興毅vsイルファン・オガー…ボウチャン戦再び?! 

亀田どうした?
はっきり言って、亀田は成長どころか退化しているのでは?とも思える内容だった。

1Rいきなりロープまで突っ込むほどの大きな左
当然、東洋ランカークラスに当たるはずもないが「開始1秒から狙っていく」との発言から、あわよくば…という気持ちもあったんでしょう。
また、先日のボクシング3大世界戦での長谷川穂積、またはウィラポン2の辰吉でもイメージしたんでしょうか。

序盤こそ、頭からではありますが距離を潰してプレッシャーをかけて当ててはいました。
それでも、力みはあるしスピードも普段より無い
しかも毎度の事ながら、ジャブも無く猫背の前傾姿勢での打ち合い
強弱も無く、上体も振らず、パンチも単発
オガーに簡単に芯を外され、簡単に回り込ませてしまう。
余裕を見せていたつもりなのかもしれませんが、そんなボクシングは誰も見たくない。
史郎氏にすら「油断したらアカン」と言われる始末。

ガードを固めて手数少なく、あからさまなカウンター狙いも相変わらず
当然うまくいかず、徐々にイラつき始め反則のオンパレード
頭から入るバッティングはいつもの事ですが、6Rにはプッシングで押し倒しリング外に落ちたオガーに打ち下ろしの左
しかもこれがダウン判定…レフェリーは何をやっているんでしょうか?
そのダウン後、コーナーにオガーを詰めた所でオガーの左肩に噛み付き
もはやプロレスの世界ですね。
更に、頭を押さえつけるパンチ、相手のローブローには大声出して抗議しているにも関わらず、何度も何度も故意としか思えないローブロー
オガーがベルトライン下と言うか股間の辺りをガードする位。
それで駄目なら、左太ももを叩き続ける右ボディー
最後の8Rは、右のオープンブローをラリアットの様に巻き込んで引き倒すダウン判定
明らかに早いレフェリーのSTOPなど、ちょっと見てて怖くなったと同時に呆れを通り越した悲しさがこみ上げて来ました。

これだけヒドイのは、カルロス・ボウチャン戦以来じゃないでしょうか?
亀田…どうしたいんでしょうか?
亀田興毅に相手をなぎ倒すようなパンチ力は無い
史郎氏の筋力だけを付ける様なトレーニングが逆効果になっているんじゃないでしょうか?
上体の動きも無く、あの脆すぎる顎をガードだけでカバーするのは無理でしょう。
20歳…まだ若くやり直しも利くんだから、
史郎氏から離れ、きちんとしたトレーナーを付けランダ2でやったようなボクサースタイルにしていった方が良いのではないか思います。
3男のスパーは放送しませんでしたが、アメリカでの様子は放送されました。
畑山隆則のトレーナーでもあったルディ・エルナンデス氏のコーチングを受けていた時の和毅の顔で史郎氏との差が分かった気がしますね。
まぁ、名トレーナーのルディと史郎を比べるのもあれですが…
毎度言っている気がするけど、亀田家はソロソロ路線変更しなきゃいけない時期に来ています。
このままじゃジリ貧ですよ。。

牛若丸あきべぇの試合は特に何も無い。
あきべぇも、せっかくの素材が潰れてきている様な気すらします。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/24 00:48 ] 亀田三兄弟戦観戦記 | TB(0) | CM(2)

亀田興毅vsイルファン・オガー 

亀田興毅(協栄)vsイルファン・オガー(インドネシア)

『~凱旋~ 亀田の帰る場所 「2階級制覇への道、第2章」』と名付けられた、亀田興毅のフライ級出戻り2戦目は地元大阪での開催

オガーの戦績は、協栄発表が22戦16勝7KO2敗4分でBoxrecでは6戦5勝1敗の、東洋太平洋ライトフライ級2位の興毅より1階級下の東洋ランカー
ここ最近では最もランキングの低い選手ですね。
インドネシアタイトル獲得時の相手は、大毅がTKO勝利したヨッピーベヌーと引き分けた相手
流石にこの程度の相手に判定までいくとは思えず、遅くても中盤までには倒すでしょう。
KOする為のマッチメイクだと思いますしね。

問われるのは内容です。
おそらく今回の相手クラスなら亀田スタイルで強引に倒す事が可能でしょう。
しかし、亀田としてはどうしてもカウンターで綺麗に倒したいのではないでしょうか?
左のノーモーション…おそらく本人も自信のあるパンチですし、OPBFタイトルマッチでワンミーチョークを倒したあの左を打ちたいのでしょう。
本当にポンサクとやるつもりなら、この程度の選手はきちんとしたボクシングを組み立てて追い詰めて倒すと言う事が必要でしょう。
どの様なボクシングをするか注目ですね。

テレビ放送は2時間枠と言う事ですから、牛若丸あきべぇの試合や和毅のスパーも流すんでしょうか?
あきべぇに関しては、またしてもインドネシアの1階級下の国内ランカー
まぁ、KO勝ちは確定なんでしょうね。
こうゆう形でKO記録を抜くんでしょうかね。
あきべぇの場合も、内容と言うか欠点が直っているかと言う所でしょう。
早い所、湯場なんかとの試合が見たいですが…タイトル戦やるつもりはないんでしょうか?

そう言えば、高校6冠の大迫亮が協栄ジムに移籍したそうですね。
協栄ならチャンスも増えると思いますし、頑張ってほしいですね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/22 22:05 ] 亀田三兄弟戦展望 | TB(0) | CM(0)

ボクシング記念日の一戦・小堀vs村上 

昨日5月19日は、1952年に白井義男氏が日本人で初のボクシング世界チャンピオンに輝いた日で、ボクシング記念日とされています。

そのボクシング記念日に行われたのが、日本・東洋スーパーフェザー級タイトルマッチ!
先日のボクシングトリプル世界戦でバレロに大善戦した本望の返上したベルトを、本望の後輩で日本王者の小堀と、前回本望をヒヤッとさせた村上で争う形。

簡単に
初回:村上がジャブとボディー、小堀はロープに詰めるもいなされる
2回:一気に動いた。小堀が右フックをカウンターで当て最初のダウン
更に攻め2度目のダウン奪うも仕留めきれず
3回:ダウンを奪われた村上が冷静に試合を組み立て直す。1Rの様な展開
小堀は狙いすぎか。
4回:村上が距離を取って支配する展開が続く。小堀はなかなか距離を詰められず
5回:小堀が強引に詰めて右フックでこの試合3度目の強烈なダウンを奪うが、やはり仕留めきれず。
6回:小堀は相変わらず狙いすぎな感じ、しかし村上もそろそろ厳しいか
7回:小堀が強烈な右で4度目のダウンを奪うが続行
再開後連打した所でSTOP

ちょっとパワーの差が有り過ぎたか?
村上がもう少しタフなら危なかったかもしれません。
しかし、小堀はこれで国内敵無し状態。
今回の試合で世界ランクも上がるでしょう。

しかし、昨日の試合は大物感は確かに見えましたが、内容的には良くない
アメリカ修行の成果なりが出てくるのはこれからでしょう。
この小堀は、順調にいけば世界のチャンス十分あると思います。
スーパーフェザー級という事もあり、そう簡単に世界の舞台は踏めないと思いますが、現在の日本選手で最も注目するべき人間かもしれません。

ボクシング記念日に豪快なKOを見せた小堀佑介の今後に要注目です!
本望の分も頑張ってくれ!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

亀田パパ、和毅のスパー相手に日本人公募 

亀田パパ、和毅のスパー相手に日本人公募
http://www.nikkansports.com/battle/kameda/p-bt-tp1-20070518-200401.html

この記事…どうなんですか?
以前から対戦相手には疑問符の付く連中ばかりと批判されてきた亀田興毅と亀田大毅
その批判に応える方法がこれですか?
和毅を苦戦させられたら兄貴を出すって意味が分からない。
しかも、スーパーフライ級以下の世界ランカー限定って…

亀田側にとってローリスクな条件ですね。
和毅の良い練習になりますし、スパーですから勝ち負けなんて本来無い。
つまり興毅の過去のポンサクや、名城とのスパーで、勝手に圧倒したなんて自分達に都合のいい言い方がいくらでも出来る。
重いグローブに、ヘッドギア付けて倒せって言うのも…
世界ランカーがライセンスすら持っていない、試合経験の無い選手相手に本気で出来るとも思えないですし。
そもそも、圧倒的な差を世界ランカー側が見せても、世界ランカーにとっては当然だし、事故など起こすわけにはいかない。
かと言って、応募が無かったら今までの傾向からすると「逃げた」とか言い出すんですよね。
今回の件は、亀田サイドのマッチメイクを正当化させるための実現が困難な手段としか思えませんね。

元から肩書きのある選手だったら興毅や大毅と直接対戦させれば良いんじゃないでしょうか?
世界ランク持っている実力のある日本人選手と対戦すれば、文句なんて言いませんよ。
大体、世界ランカーがライセンスを持っていないアマチュア経験も無い、素人に挑戦するって形自体おかしい。
よくまぁ、こんな事考えますね。ある意味脱帽です。

じゃあ、折角なので対象になる選手を挙げてみましょう。
選手名 ランキング・次戦or最新試合など
八重樫 東 WBCミニマム級6位(前OPBF王者)
WBCミニマム級タイトルマッチ 対イーグル京和(6.4)
黒木 健孝 WBCミニマム級11位WBA同級9位(現日本王者)
日本ミニマム級タイトルマッチ 対三澤照夫
三澤 照夫 WBCミニマム級12位WBA同級10位(前日本王者)
日本ミニマム級タイトルマッチ 対黒木健孝
高山 勝成 WBCミニマム級13位WBA同級2位(元WBC&前WBA王者)
WBAミニマム級王座統一戦 対新井田豊
嘉陽 宗嗣 WBCライトフライ級8位WBA同級14位(元OPBF王者&現日本王者)
日本ライトフライ級タイトルマッチ 対増田 信晃
國重 隆 WBCライトフライ級10位
対赤木啓祐(6.17)
山口 真吾 WBCライトフライ級12位WBA同級9位(元OPBF王者)
対スリヤ・クロンパチョン(6.16)
翁長 吾央 WBAライトフライ級15位
対奈須勇樹
内藤 大助 WBCフライ級6位WBA同級3位(前OPBF&日本王者)
東洋太平洋&日本フライ級タイトルマッチ 対吉山 博司
吉田 健司 WBAフライ級7位(現日本王者)
対久高寛之
河野 公平 WBCスーパーフライ級7位WBA同級4位(現日本王者)
日本スーパーフライ級タイトルマッチ 対三枝 健二(6.2)
川嶋 勝重 WBCスーパーフライ級9位(元WBC王者)
対戦相手未定(6.4)
相澤 国之 WBCスーパーフライ級14位(現OPBF王者)
OPBFスーパーフライ級タイトルマッチ 対全鎮萬
菊井 徹平 WBCスーパーフライ級15位WBA同級9位(前日本王者)
日本スーパーフライ級タイトルマッチ 対河野公平
大場 公平 WBCスーパーフライ級10位
対フランシスコ・パルデス(6.3)
名城 信男 WBAスーパーフライ級3位(前WBA王者)
WBAスーパーフライ級タイトルマッチ 対アレクサンデル・ムニョス

WBA・WBC共に5.18時点でHP上で公開されているランクです。
その他データ等間違ってたらスイマセン。教えてくれると嬉しいです。
亀田興毅と亀田大毅、現役世界王者は抜かしてあります。

いや~当然ですがかなりの面子ですね。
もしプライド捨てて名乗り出てきたらどうするんでしょう?
世界ランクも上がらない、勝敗の決め方も不明なこの意味不明なスパーリングに、ただ亀田家に痛い目を遭わせたいって選手いますかね?

亀田史郎さん…かんべんしてください。。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

辰吉スパー解禁! 

3記事連続で辰吉の記事になっちゃいますが…
検索エンジンからも、辰吉関連の検索から多くアクセス戴いていますし(順位は低いですが)、一般紙でも取り上げられている辰吉の話題、これからも出来る限り書いていこうと思います。
しかし、グーグルでは
ボクシングが311位で辰吉が104位とは…

さて、その元WBC(世界ボクシング評議会)バンタム級王者の辰吉丈一郎ですが、所属ジム大阪帝拳の会長・吉井寛会長から「スパー解禁」が出たそうです。
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20070516-199389.html

「許可せざるをえない」
確かにそうですね。本心としては許可したくないのだと思います。
しかし、日本ではさせなかったスパーをタイまで行って80Rこなしたのは事実。
本当にもう無理なのか判断はジムとしてしなければいけませんからね。
逆に言ってみれば、辰吉を納得させる良いチャンスかもしれないですし。
辰吉が国内で試合をするには、例の辰吉ルールがある以上世界レベルでなければいけない。
その為には、辰吉もある程度のレベルのボクシングを見せなければならないですし。

辰吉は自信があるようですが、次週にも行われるというスパー
次週は亀田興毅の試合もありますが、自称カリスマよりも本物のカリスマの方に注目が集まりそうですね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/16 19:04 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

辰吉と川嶋… 

復帰目指す辰吉がタイ合宿から帰国
http://www.nikkansports.com/battle/f-bt-tp0-20070514-198579.html

昨日の記事でも書いた、元WBC(世界ボクシング評議会)バンタム級王者の辰吉丈一郎が帰国したそうだ。
これから復帰に向け交渉と言う感じでしょうか。
現地でのスパーの映像はやっぱり見れないんですかねぇ。
やはり、復帰するにしても、させないにしてもスパーの動きが見たいですね。
今回はビザの影響で帰ってきたみたいですが、また近いうちにタイに行くとのインタビューもあるみたいで…
辰吉…やっぱり本気なのですね。。

そして、前WBC(世界ボクシング評議会)スーパーフライ級王者の川嶋勝重も正式に再起を表明しました。
6月4日八重樫がイーグルに挑戦する日の前座に出場
元々試合の予定は無かったそうだが、細野悟が欠場になり、川嶋自ら出場を志願したとか…
タイトルを奪われたミハレスが、アルセも破り一気にスーパーフライ級の中心になった影響も有るのか、3大世界戦で名城が奪われたWBA(世界ボクシング協会)のベルトをターゲットにするそうだ。
もし、順調に行き、現WBA王者のムニョスとやる事になったらどうでしょう?
名城戦で見せたようなボクシングをムニョスがしたら…ちょっと厳しいか…
しかし、徳山を沈ませたパンチは名城よりも強烈なはず
KO必至な試合になりそう…

辰吉に川嶋は、共に30歳を超えるボクサーとしては高齢の2人
共に世界王者に輝いた人間なのに、なおも現役にこだわるのは何故なんでしょう?
ボクシングは麻薬と言いますが、何かあるんでしょうね…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/14 19:37 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

辰吉タイでの練習打ち上げ! 

辰吉タイでの練習打ち上げ
http://www.daily.co.jp/ring/2007/05/13/0000333439.shtml

元WBC(世界ボクシング評議会)バンタム級王者の辰吉丈一郎が、タイでのスパーリング合宿を打ち上げたそうです。
15日で、一応の区切りになる37歳の誕生日を迎える辰吉ですが、復帰へ向け手応えがあったんでしょうか?
タイでは、チュワタナジムで練習していて、スパーは週6日で三週間で合計約80ラウンドと驚異的な数字
しかも、WBC(世界ボクシング評議会)スーパーバンタム級6位で、2度OPBF(東洋太平洋)同級王座を防衛中のウエート・サックムアングレーンとも4Rスパーをしたそうです。
さらに、OPBF(東洋太平洋)バンタム級5位カオナー・クロンパチョンとも…

ウェートと言えば、4月に中岸風太を判定で下しているハードパンチャーで、戦績は正確な数字は分かりませんが70~80戦以上のキャリアのある選手
日本人相手には全勝で、あのパッキャオとも試合経験のある選手です。(KO負け)
もし、この選手とある程度の出来のスパーを出来てたのなら凄いですね。

う~ん、映像が見たい。。
年内には試合をしたいらしいですが、日本に帰ってきてから大阪帝拳で最終試験があるんでしょうか。
辰吉の復帰…見たいけど見たくない。。
こうゆう心境の方多いのではないでしょうか?
辰吉と言うのは、日本ボクシング界にとって特別な選手
あの辰吉が試合やるとなったら亀田興毅(協栄)らとは違う本当のカリスマが久しぶりに見れるんですね。。

とりあえず、15日過ぎには新たな情報があるでしょう。
吉井会長には、辰吉の身体を第一に判断して欲しい。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/13 13:55 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

リナレス世界戦延期 

リナレスの世界戦延期
http://boxon.jp/news/001743.php

個人的に非常に楽しみにしていた、ベネズエラのゴールデンボーイ、ホルヘ・リナレスのWBC(世界ボクシング評議会)フェザー級暫定王座決定戦が延期になってしまった。

前回の記事でも書いたが、リナレスは売り方一つで大ブレイクする可能性のある選手です。
この機会に是非日本での開催を…と言いたかったのですが、
Boxrecによると、7月6日にメキシコでの開催となっています。
↑の記事では日取りも未定となっていますので、決定という訳ではないみたいですが…

う~ん、リナレスこれで間がちょっと空く事になりますが、集中切らさないで欲しい。
自分のボクシングをすれば勝てない相手ではない。
世界王座の大チャンスですからね。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/13 13:20 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

亀田興毅が大阪で公開スパー 

亀田が地元大阪で公開スパー&KO宣言
http://www.nikkansports.com/battle/f-bt-tp0-20070510-196630.html

23日に大阪市中央体育館で、1階級下の東洋太平洋ライトフライ級2位でインドネシア王者のイルファン・オガーと対戦する、亀田興毅が公開スパーしたそうです。
パートナーはWBAミニマム級1位のエリベルト・ゲホンだそうです。

ゲホン…新井田豊に2年前挑戦した経験のある選手ですね。
負傷判定1-2で惜しくも敗れた選手ですが、新井田にペースが移ってって所でのストップでしたし、新井田とは差があったような記憶があります。
その選手を圧倒…本当でしょうかね。
ゲホンと言えば、新井田が警戒したほどのカウンターボクサー
ミニマムとしてはかなり長身でリーチも長い選手だった気がするのですが、その選手相手にカウンター当てて圧倒したんですか。

だったら、よくわからないオガーなんかよりもゲホンと試合した方が良かったんじゃないですかね?
2階級下にはなりますが、2階級下なんて亀田にとってはいつも通りな感じですし、ネームバリュー的にも良いんじゃないかと思いますがね。
まぁ、ゲホン側も2階級上の選手とやって負けてランク落とす様な事しないか…

しかし、ノンタイトル戦なのにゴールデンタイムでやるっつうのはやっぱり凄いですな。
そろそろ亀田さん達には自分達だけでなく、ボクシング界の事を考えて欲しいですね。
先日の3大世界戦の裏番組に出るとかちょっと腹立たしいです。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

コ、コラレス… 

ボクシング元WBCライト級・Sフェザー統一王者のディエゴ・コラレスがバイク事故で死亡
http://www.nikkansports.com/battle/f-bt-tp0-20070508-195717.html

マジですか。。
最近は減量苦でライトからウェルターまで上げるも、結果が出ていませんでした。
先月の試合も負けて3連敗。
再起宣言したばかりだったんですが…

コラレスと言えば、メイウェザーなんかとも試合していますが、やっぱり印象的なのはホセ・ルイス・カスティージョとの試合ですね。
10Rで2度のダウンを奪われながらの逆転KO劇
試合後色々とありましたが、印象としては強烈に残っています。
長身、長いリーチの良いボクサーでした。

まだ29歳で、再浮上も期待されていただけに非常に残念なニュースです。
ご冥福をお祈りします。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/09 07:06 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

デラホーヤvsメイウェザー観戦記 

WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ
オスカー・デラ・ホーヤvsフロイド・メイウェザー

昨日行われた、全世界注目のボクシングビッグマッチ、オスカー・デラホーヤvsフロイド・メイウェザー
良い試合でした。
採点の難しい試合、更に試合後色々有った様ですが、想像以上に良い試合になりました。

個人的採点は…

1R:デラホーヤが左ボディーの連打を見せるが手数少ない。
力強さはやはりデラだが、メイウェザーの10-9

2R:デラがプレッシャーをかけて連打を出す。
メイはなかなか出れず。デラの10-9

3R:デラがロープに詰めるが、メイの抜群の防御でクリーンヒットがない
難しいが、メイの10-9

4R:デラが更に積極的に詰める。右腕をかかえられながらボディーの連打
クリーンヒットは両者少ないが攻勢でデラ10-9

5R:この試合のターニングポイントか。
メイのカウンターでデラ効いた。メイの10-9

6R:デラが詰めてのコンビネーション
メイは単発気味で、ここはデラの10-9

ここまでデラ57-57メイと、メタモのボクシング観戦記的にはイーブン

7R:デラがロープに詰めての派手な連打。しかメイも当ててはいる。
体格アドバンテージなのかメイが下げられる。メイ10-9

8R:デラの前進を止めたいのかメイが時折強く右を打つ
しかし、攻勢的にはやはりデラ10-9

9R:デラちょっと失速気味。ロープに詰められなくなっている。
詰めてもメイの防御は流石で当たってはいない。メイ10-9

10R:デラは疲れている。メイの距離でなかなか詰まらない。
メイの右ストレート・アッパーがヒット。メイ10-9

11R:デラが前に出ようとするも、メイにボクシングを許す。
メイが細かいパンチで右を当てる。メイ10-9

12R:デラが最後の力を振り絞り前に出るが、メイにボクシングを許す。
が、クリンチ時の強引なボディーの攻勢でデラ10-9

メタモのボクシング観戦記的採点はデラ113-115でメイウェザーの2P差勝利
公式ジャッジは結局2-1でメイウェザーの勝利

AP通信の集計でもそうだった様に、メイの正確なパンチが評価された形か。
しかし、デラホーヤも戦前の予想とは異なり大善戦した。
6階級王者に善戦と言うのも失礼かもしれないが、メイウェザーとあれだけ良い勝負が出来るとは思わなかった。
戦術面は完璧だったが、序盤にメイを止められず、自分が失速してしまった。
この辺りに試合から遠ざかっている事、パンチを交わされた事などが影響しているのでしょうか。
しかし、両者の顔の綺麗なこと…ディフェンス技術が本当に凄いですね。

てか、メイウェザーは本当に引退するんでしょうかね?
まだまだ彼の受けるべきビッグマッチはあると思うのですが…
と言うか、現役続行すると思いますけどね(笑)

ところで、スポニチの記事にデラホーヤが日本で引退試合も的な記事があったんですが、実現したら凄い話ですね。

WOWOWも良いけど、やっぱりこうゆう試合は地上波でボクシングに興味が薄い人にも見て欲しい!
超一流のボクシングを見せる事がボクシング界の人気向上になると思うのですが…


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

デラホーヤ vs メイウェザー 

遂に来てしまいましたこの日が…

WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ
オスカー・デラ・ホーヤvsフロイド・メイウェザー

パワーのデラか、超絶スピードのメイか、非常に楽しみな一戦。
全世界待望の一戦がいよいよ2時間後に迫りました。
見るのがもったいないような超ビッグカードですが、どのような試合になるでしょうか。

個人的な予想を少しだけ…
計量の段階でも1.8k差ある両者。
メイウェザーはどう考えても、Sウェルターがベストな条件ではない。
パワーではどうあがいてもデラホーヤが有利だが、当たればの話。
メイウェザーのスピードは半端ではない。
前後左右の動きも、パンチのスピードも、デラホーヤには対応出来ないのではないか?
デラホーヤは、約2年ぶりの試合でマヨルガに勝ってはいるが、それから1年経っている。
試合数が圧倒的に少なく、メイウェザーのスピードボクシングに対応出来る前に試合が終わるのではないだろうか?
予想としては、メイウェザーの大差判定勝ち…

だが、メイウェザーのスピードが出ない可能性もある。
ベストな条件ではないSウェルターで、スピードが発揮できない可能性も無くはない。
その場合は、デラホーヤのパワーボクシングで中盤から後半にかけてメイウェザーを倒す可能性もある。

つまり、どっちの可能性もあるって事ですね(^^;
どちらが勝つにしても、はっきりした結果が出るのではないかと思います。
今日は雨の地域が多そうですし、GWで疲れた身体、渋滞で溜まったストレスをこの試合でスッキリさせてはいかがでしょう?
直前番組を含めて10時からは、WOWOWの前に釘付けです!

スカパー!は0円で始めよう!!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/06 08:50 ] 海外ボクシング展望 | TB(0) | CM(0)

三澤照夫vs黒木健孝-池原信遂vs福島学 

結局行けませんでした。
従兄弟夫婦が「デートしたいから娘預かってくれ」とか言い出しまして…

って事でテレビ観戦だった訳ですが、簡単に感想を…

日本ミニマム級タイトルマッチ
三澤照夫vs黒木健孝

挑戦者の黒木はミニマム級としてはかなり高いKO率のボクサー
初挑戦とは思えない、動きで序盤から手数旺盛に三澤を攻め立てました。
足も動くし、良い選手ですね。
三澤は後手後手に回って手数が少ない。
ボディーは良かったですが、狙いすぎか…

まぁ、結果は7R負傷判定で黒木が新チャンピオンになった形ですが、三澤は悔しかったでしょうね。
7Rの試合終了のきっかけのバッティングですが、ダウンでもおかしくないタイミングじゃないでしょうか?
個人的な採点では1P黒木でしたが、ダウンの5Rと最後の7R位が三澤
最後のがダウン扱いだったらドローだったかもしれませんね。
黒木も、最後スピード落ちてましたので、ボディーの効果が出てただけに…
再戦見たいですね。

池原信遂vs福島学

数ラウンドしか見れませんでしたが、ちょっとパワーに差がありすぎましたね。
ただ、福島は最近の試合の中では一番良かったのではないでしょうか?
ラストはしっかり見せ場も作ってましたし、集中していて良かったと思います。
ただ、パンチ貰い過ぎです。
ガードを上げてしっかりディフェンスしていれば、もう少し競ったのではないでしょうか?
前半全く見れていないので分かりませんが…
池原は、ちょっと期待ハズレ
左は良いのですが右が…
ただ、これで強敵をまたも下した訳ですから、年内世界挑戦が現実味を帯びてきたかもしれません。
期待したいです。

さて、いよいよデラ&メイです。
予想書く時間あるかな?(^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ワールドプレミアムボクシング…う~ん、、、 

昨日のボクシング3大世界戦~ワールドプレミアムボクシング~ですが、結構不評な面があるんですね。

確かに、ちょっと玄人好みと言うか、普段ボクシングを見ない人にとっては派手さは欠けたかもしれませんね。

でも、選手のレベルは高く良かったと思います。
友人も、長谷川とベチェカの試合の序盤、全く手を出さなかったシーンが凄い印象的で面白かったそうです。
「ただ手を出さない訳じゃなくて、探り合ってるんでしょ?逆に緊張するわ」とか言ってました。
この友人はテレビ観戦だったらしいですが、本望の試合をもっと見たかったとも言っていました。
何やら大幅にカットされていたみたいですね。
フルでやったのは長谷川の試合だけだったとか…
でも、数ラウンドで全く見たことの無い、本望の試合をもっと見たいと言わせる辺り、やっぱり昨日のMVPですね。

ところで、長谷川の対戦相手ベチェカは不満タラタラだそうで…
挑戦者でありながら、あれだけ消極的なボクシングで何を言ってるんでしょうか…
良い選手ですが、あれでは世界は獲れないですね。

全く関係ないですが、1Pの表示件数を減らして全文表示に戻しました。
このブログを読んでる友人に言われたんだけど、こっちの方が良いですかね?
記事が長いのが続いちゃうと、真ん中だけ長くなっちゃうけど…
記事数結構増えてきたので、もうあんまり変えたくないな(^^;

明日は三澤の試合だけど、注目は「池原信遂vs福島学」の方かな
日テレの方が先に放送するみたいだけど、福島までやってくれるでしょうか?
K-1(?)の方ばっかりの山田トレーナーと離れて2戦目、進退をかけた試合になるでしょうか。
しかし、池原とはかなり厳しい試合になりそう…
頑張れ福島!
どうしよう?見に行っちゃおうかな?行けるかな?


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング3大世界戦~ワールドプレミアムボクシング~生観戦記 

さっき、帰って来ました。
会場で隣に座っていた方達と飲みに行ってたので、こんな時間に(^^;
さて、このゴールデンウィークにおける、日本ボクシング最大の興行である「ボクシング3大世界戦~ワールドプレミアムボクシング~」
疲れたぁ~。。
それぞれの試合の感想を…

WBAスーパーフライ級タイトルマッチ
名城信男(六島)vsアレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)

まず1Rを見て名城の動きが普段より遅く見えた。
減量苦で、計量後に一気に水分を取ったとの報道があったが、その影響があったのだろうか。
序盤はある程度互角の戦いでしたが、6Rか7R辺りにもらった左フックが効いた感じで以後はムニョスペースと言った感じ。
10R辺りで巻き返しを期待させるも、ダメージとムニョスのボクシングにやられた。

この試合は、ムニョスが予想外にボクシングをしてきた。
セレスの時のイメージが強いせいもあるが、振り回さずにジャブで出鼻を潰すボクシングは意外だった。
名城としては、予想にも書いたがメリハリが無かったか。
ムニョスのパンチをガードし続けては駄目。
ガードの上からでも、破壊力があるだけに離れる時は一気に離れたかった。
距離を詰める時も、離れ際にもムニョスの伸びるパンチがあるために、出れずに手数も少なかった。
この辺りは、やはり経験の差なのかもしれない。
初黒星を喫してしまったが、まだキャリア10戦目の名城
再起に期待したい。
ちなみに、メタモの採点は5P差でムニョスの勝ち

WBAスーパーフェザー級タイトルマッチ
エドウィン・バレロ(帝拳・ベネズエラ)vs本望信人(角海老宝石)

明けて昨日の世界戦の中で最も沸いた試合だった。
怪物バレロが何Rで倒すかが注目と言った試合だったが、日本屈指のテクニシャン本望が意地を見せた。
1Rから本望がバレロのパンチを交わし沸かすが、2Rからは恐れていたカット癖が…
2Rからはラウンド毎にカットする感じで、本望の顔が赤く染まる。
しかし、バレロのパンチは巧く交わし、非力ながらも細かいパンチを当て、会場は沸きました。
8Rに2度目(計3度目)のドクターチェックでストップ
しかし、本望よくやりました。
バレロを最も苦しめた相手と言って良いでしょう。
ドクターチェックが入った後の、勝負をかけた本望の姿には感動しました。
2Rからカットしたにもかかわらず、8Rまで決定的なダメージを負わずに戦えたのは本望の技術があったからでしょう。
終了後号泣している本望の姿を見て、思わずもらい泣きしそうでした。

本望…引退してしまうんでしょうか?
完璧なコンディションを作り上げたのは1Rの動きで分かりましたが、
ボクシング人生の集大成という意識があったんでしょう。

しかし、昨日最も拍手と歓声を浴びた本望、移籍問題や、なかなか決まらない世界戦、
カット癖等を乗り越えてたどり着いた世界のリング
もう一度見たいと言うのはわがままでしょうか?
とりあえず、お疲れ様、そしてナイスバウト!

WBCバンタム級タイトルマッチ
長谷川穂積(千里馬神戸)vsシンピウェ・ベチェカ(南アフリカ)

日本のエース長谷川穂積の試合ですが、見事に判定勝利。
1Rお互いほとんど手を出さずに、探り合う展開。
幾度と無く、レフェリーがファイトの指示をするくらいだ。
共にカウンターの得意なボクサータイプで、全く噛み合わないのでこの展開も仕方ないかもしれないが、
長谷川にはもう少し自分から仕掛けて欲しかった。
しかし、判定勝ちはほぼ間違いない中で最終ラウンドにキッチリ見せ場を作る辺りは流石だ。
全体通して見ても、長谷川の技術がベチェカにボクシングをさせなかったとも言える訳で、やはり日本のエースは長谷川で間違いない。
内容も、今回は長谷川が悪いと言うより相性の問題で、長谷川は反省と謝罪をしていたが、仕方ない部分がある。
まぁ、もう少し積極的なボクシングをして欲しかったが、ベチェカが狙っているのも明らかだったし、不用意には入れなかったのでしょう。
それと、足元に気を取られ集中出来ていなかったのもありますね。
前足が踏まれたり、「ロッキーザファイナル」のプリントが滑ったり。
踏み踏まれは右と左で仕方ない面は有るが、ロッキーは勘弁して欲しかった。
滑らないように出来ないのだろうか?
他の試合でもたまにこうゆうことが有るが、危険だし非常に不愉快。
スポンサーは確かに大事かもしれないが、もう少し工夫をして欲しい。

と言う訳で、トリプル世界戦が行われましたが、ダウンシーンも無く派手さには欠けたかもしれませんが、「本物」は確かにいたと思います。
6選手全員、世界のトップレベルでどちらが勝ってもおかしくない「試合」でした。
一般受けしたかはちょっと疑問ですが、こうゆう興行は続けて欲しい。
十分楽しませてもらった。
前座出場した選手も含め、関係者の方お疲れ様でした!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ボクシング3大世界戦~ワールドプレミアムボクシング~ 

いよいよ明日に迫った「ボクシング3大世界戦~ワールドプレミアムボクシング~
その3試合の予想をしてみましょう。

WBAスーパーフライ級タイトルマッチ
名城信男(六島)vsアレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)

辰吉に並ぶデビューから8戦目にてボクシング世界王者になった名城の2度目の防衛戦となるが、試練の一戦となる事が予想される。
ムニョスと言えば、元同級王者で、日本でもお馴染みのKOモンスター
セレス小林から5度ダウンを奪いベルト奪取となった試合は衝撃だった。
セレスだけでなく、小島に本田も撃破し、日本人キラーでも有名
正直、パンチ力ではムニョスが圧倒的に上だとは思うが、膝の負傷後、以前ほどの勢いは感じられないのも事実。

名城としては、距離を潰して弱点であるボディーからの攻めで突破口を開きたい。
ムニョスの中間距離から伸びて来るアッパーを喰らったら倒れてしまうだろう。
中途半端な距離でのボクシングは避け、くっつくならくっついて、離れるなら離れるといったメリハリのあるボクシングを期待したい。

元王者のキャリアに対し、名城のキャリアを不安視する声もあるが、
名城の戦績も本田戦からは全て世界ランカー
自信を持ってボクシングして欲しい。
もし、名城が敗れてしまうとなると、つい最近までは日本にとって近かったベルトがかなり遠のいてしまう。
勝てば更なるビッグマッチが期待出来るだけに、ここは名城に何が何でも踏ん張って欲しい。
予想としては、名城の後半KO勝ち

WBAスーパーフェザー級タイトルマッチ
エドウィン・バレロ(帝拳・ベネズエラ)vs本望信人(角海老宝石)

21連続KO勝ち中の王者バレロの2度目の防衛戦
超ハードパンチャーでありながら、頭脳派のテクニシャンとも言われているバレロ
今年の正月の初防衛戦は、確かに相手との実力差は有ったかもしれないが、試合を決めた左ストレートはもの凄かった。
右を外しての左のカウンターだったが、更に右左を返している。
そのスピードは、普段あまりボクシングを見ない人と一緒に見ていたのだが、「何が起きたの?」と聞かれた位だ。
抜群の当て勘と、硬いパンチのコンビネーションは喰らったら最後
バレロにとって、この試合はただの通過点
今後に控えるビッグマッチの為にも、内容が問われるだけの試合か。

その怪物に挑戦するのが日本屈指のテクニシャン本望信人
日本・東洋の王座を防衛し続け、ようやくの世界挑戦。
しかし、相手が厳しすぎる。。
日本屈指のテクニシャンボクサーの本望だが、バレロの攻撃を12R交わし続けられるだろうか?
交わせたとしても、ポイントを取る攻撃が出来るだろうか?
一発の期待の薄い本望だけに、その勝機はかなり薄い。
本望には一瞬も集中を切らさず、自分の思い描いているボクシングをして欲しい。
予想は…バレロの序盤KO勝ちと言いたい所だが、本望の意地に期待してバレロの後半KO勝ち
負傷TKOとかはやめて欲しい。

WBCバンタム級タイトルマッチ
長谷川穂積(千里馬神戸)vsシンピウェ・ベチェカ(南アフリカ)

日本のエース長谷川の4度目の防衛戦
日本初の南アフリカ選手ベチェカとの対戦だが、ほとんど情報が無い不気味な選手
アマキャリア豊富で、全勝中のテクニシャンとの事だが、身長とリーチで大きく長谷川を上回る選手
経験と言う点では、プロでの対戦相手のレベルは長谷川が上
その不気味さゆえなのか、試合が近づくにつれ「長谷川危険」的な話を聞くが、おそらく判定で長谷川でしょう。
長谷川のカウンターの切れは世界でもトップレベル
初の海外での試合になるベチェカのコンディション次第ではKOも十分有る。
ただ、長谷川のKO宣言が少々気になる。
倒す事に気をとられ、ベチェカにジャブでペースを握られたら、いつの間にか試合が終わっていたと言う事もありえる。
確かに長谷川は、ウィラポン・マルチネス・ガルシアとダウンを奪い世界戦で勝っているが、流れの中でのパンチで力任せのものではない。
速い回転力にカウンター、いつも通りの長谷川のボクシングなら問題なく勝てるはず。
日本のエース長谷川に大トリを飾ってもらう。

明日は生観戦しますが、日テレ系でテレビ放送があります。
正直、これだけの面子の試合を見ないと損です。
亀田でボクシングを見るようになった人にも是非見てもらいたい。
そこには「本物」がいます。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2007/05/02 23:34 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。