メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

山中慎介リマッチは変則タイトルマッチ 

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
前王者:ルイス・ネリ(メキシコ) vs. 元王者:山中慎介(帝拳)

昨年13度目の防衛戦でタイトルを奪われた山中慎介のリマッチ。
前回の試合後のドーピング疑惑(牛一頭分?の禁止薬物)に加えて今回はネリの体重超過で王座剥奪。
山中が勝った場合のみタイトル獲得となる変則タイトルマッチだが、確信犯的な体重超過でありこれは勝敗云々ではなくなってしまったような気がする。
山中のメンタル面が心配だが何とか気持ちを作ってリングに上って無事にリングを降りて欲しい。

ネリはドーピングをしないとウェイトも作れないゴミ野郎だ。
当日昼の12時に再計量が課せられ58.0キロを上回らないという制限がつけられたそうだが、58.0キロを上回ってしまったとしても試合は行われるという。何それ状態。
ちなみにネリの最終的な計量体重は54.8キロ、ネリの体重管理をしていたという栄養士のペレス氏は「4キロほど増やして試合に臨みたい」だそうだ。簡単な足し算も出来ないのだろうか?

今回に限らず最近ウェイトオーバーが多すぎるのではないか。ボクシングというスポーツの価値を自分たちで貶める連中はプロボクシングという伝統・文化を何だと思っているのだろう。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2018/02/28 23:00 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(4)

松本亮世界初挑戦 

WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
王者:ダニエル・ローマン(アメリカ) vs. 同級11位:松本亮(大橋)

本日、後楽園ホールで世界初挑戦に挑む大橋ジムの松本亮
身長で約11センチ、リーチで約2センチ上回る松本だが、ローマンにとってはそれほど気にはならないのかもしれない
タイトルを奪った久保隼も長身でリーチも長い選手だったが、プレッシャーをどんどん強めて何もさせずにKOしている。
ただ久保よりも松本の方がパワーは上と見るので、松本相手にも前回のようにプレスを掛け続けられるかどうかが勝負を左右しそう。
正直ローマンの力も前回だけでは分からないが、松本が自分のボクシングをすれば十分チャンスがある試合。
プレッシャーをかけ懐の深さを活かし強いワンツーで突き放す松本のペースで試合が進み、後半に山場がありKOか判定で勝利と見るが松本のディフェンスの甘さを突かれてしまうと逆の展開もありそうで

テレビ放送はフジテレビで3日27時から、BSフジで4日26時から録画放送されます。
リアルタイムで観たいという方は当日券も残っているとのことなので、お仕事帰りに後楽園ホールに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2018/02/28 12:00 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)

井上尚弥アメリカデビュー戦!オッズは!? 

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:井上尚弥(大橋) vs. 7位:アントニオ・ニエベス(アメリカ)

井上尚弥が遂にアメリカデビューを迎える。
井上尚弥のモンスターっぷりはもはや説明が要らないほどで、心配なのは体調くらいなもの
体調も計量の様子を見る限りバキバキに仕上がっている印象で、海外もプロでは初だがアマ時代には経験があるので大丈夫でしょう。
相手のニエベスはスピードのあるジャブと右ストレートが主体の選手だが、井上を脅かすレベルかというと普段の井上尚弥であれば問題にしないだろう。
スピード・パワー・スキル全てにおいて井上が上回っているはずで、井上の勝ち方に注目する試合になるはず。
中盤に井上のKO勝ちというのが大方の見方だろう。

井上有利なのはオッズにも出ていて、現在のところ20-1からブックメーカーによっては40-1と超大差で井上有利のオッズになっています。

WOWOW

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:シーサケット・ソールンビサイ(タイ) vs. 1位:ローマン・ゴンサレス(帝拳/ニカラグア)

まさかの初黒星を喫したロマゴンのリベンジマッチ
前回は初回にバッティングに体勢が崩れた瞬間などの不運が重なるダウン、3Rにはバッティングでカットと苦しい展開もパンチスタッツでは圧倒的に上回りながらも敗れてしまった。
不可解な判定ということでダイレクトリマッチが認められた形で、オッズでも3-1程度で有利とされている。
しかし、元PFPのロマゴンのスーパーフライでの戦いはカットなどがあったとは言え、かつてほどの輝きを感じないのも事実。
今回は地元での取材を避けるために日本で調整したようにロマゴン自身背水の陣といったところだろう。
ロマゴンのプレッシャーとスムーズな繋ぎの連打がシーサケットを下がらせることが出来ればロマゴンの試合になるはず。
ただ、パワーの壁があるのだとしたら前回同様近距離でのボクシングになりそうで接戦になりそう。
ロマゴンの勝利を期待するが、前回の試合前ほど楽観視は出来ない。

この2つの世界戦にWBC世界スーパーフライ級挑戦者決定戦のクアドラス×エストラーダも組まれているこの興行のテレビ放送はもちろんWOWOWで生中継!
WOWOW 24時間フルハイビジョン 3チャンネル見放題!
来週はゴロフキン×カネロ、再来週はリナレス×キャンベルも生中継となるので、まだ未加入の方はお早めにお申込みを!

井上の試合のみになると思いますが、一応フジテレビでも深夜に放送があります。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2017/09/10 00:00 ] 世界タイトル戦展望 | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。