メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

山中×ネリ 結果 

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
王者:山中慎介(帝拳) vs. 同級1位:ルイス・ネリ(メキシコ)

1R山中は積極的にジャブを出して好戦的
ネリはパンチはやはり強そう
2Rはネリも好戦的に出るネリの左フック、入り際に山中の左などスリリングなパンチの交錯
ラウンド終了間際にはワイルドなパンチの応酬
3R山中の左の打ち下ろし気味の左がヒット
ネリのワイルドなフックもヒットし山中がグラつく
4R序盤からネリの大振りのフックを喰らい山中がグラつく、その後もネリのパンチを喰らいグロッキー状態に
ロープでネリの猛攻を受けているところに赤コーナーからタオルが投入された

山中が13度目の防衛に失敗してしまった。
序盤のジャブは良かったが、2Rから距離が詰まり始めたことと大きなフックへの対応が気になっていたが4Rに立て続けにパンチを被弾してそのまま試合が終わってしまった。
山中の武器といえば神の左と呼ばれる左ストレートばかりに注目されがちだが、過去にも書いたように足さばきが非常に優れているのがそれを活かしていたと思う。
それを上手く使えなかったのは衰えなのか力みなのか、ピンチに陥った時の対処法も経験がない分パンチを貰い続ける形に…
ネリも思った以上に回転力と一瞬の踏み込みが良かった。
雑なボクシングにも見えるが、山中の左には後ろ重心で力を逃したり右のガードを高めたりと研究してきた事をしっかり出すことが出来たのでしょう。
まだ若いですし強くなる伸びシロは十分に有りそうです。

残念。。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ダブル世界戦 結果 

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者:田口 良一 vs. 同級1位:ロベルト・バレラ

スロースターター気味の田口だったがこの試合1Rからエンジン全開
バレラが序盤から出てくるのは予想通りだったが、田口もそれに応じボディで効かせ1Rから主導権を握った。
田口のボディは強烈でプレッシャーをかけてのロープ際での左右の連打は序盤からダメージを与えられた。
バレラもスイッチを頻繁にして中間距離での試合に持ち込もうとするが田口のプレッシャーが強くなかなか叶わない。
4R辺りからはバレラもかなりダメージを感じさせてKOの機運も高まっていった。
6R7R辺りには距離を取ってバレラもペースを取り返そうとするのだが、田口はラウンド通して主導権を渡すことはなく必ず山場を作って自分のラウンドにしていった。
8Rには腰を九の字にするシーンも増えあとは時間の問題という形に…
フィニッシュは9Rで、開始直後から出てくる田口にバレラが防戦一方となりレフェリーがストップ

9RTKOで田口が6度目の防衛に成功!

1Rバレラの勢いを上回る気迫で出ていったのが田口の勝因だろう。
田口が負けるとしたら序盤の様子見から流されてしまう展開だと思っていたが、
それを田口は出ることで許さなかった。
非常にパワフルかつテクニックも感じさせる試合運びで文句なしの完勝。
まだまだ成長を感じさせてくれるだけに次戦も楽しみ。
会場にも来ていた田中恒成との統一戦の資格を掴み取っただけに、田中も9月はダメージ無く勝って年内に決まって欲しい。



IBF世界ミニマム級タイトルマッチ
王者:ホセ・アルグメド vs. 同級9位:京口紘人

ミニマム級とは思えないほど両者パワーパンチを振り回すスタート
京口は左アッパーや左ボディーが良いがアルグメドの独特なパンチも怖い。
京口は若い挑戦者らしく勢いを感じさせるがちょっとディフェンスの意識が低いか。
京口は右ストレートを交わしての左を狙っているのはよく分かるがちょっと一発を狙い過ぎなのか手数が少ない。
アルグメドは思い切って打ってくる割には手数も出て多彩なので厄介。
4Rから京口は相手のパンチを受けるのではなくバックステップを入れるようになり変化を出してきた。
アルグメドもスイッチを交えて細かいパンチも当てて来る。
なかなかボディがきれいに決まらない京口だが7Rに右のボディがストマックに入りアルグメドが明らかにダメージを見せるシーンも。
後半になりアルグメドは疲れも感じさせ下がるシーンも増えてきたが
9R京口の飛び込みながらの左フックがまともにヒットしアルグメドがよろめき京口のラッシュでアルグメドはダウン
このダウンのダメージは濃く、立ち上がるもその後も足元はふらつきグロッキー状態もゴングに救われた。
10Rアルグメドは最後の力を振り絞り前に出てくる凄い気迫。
最後は両者フラフラになりながらも強打を打ち合い試合終了のゴング。

採点は116-111が2者、115-112が1者のユナニマスで京口が新王者に!

京口は序盤は空転するシーンも有ったが、ボディを中心にやりにく相手によく戦った。
ダウンを奪ったシーンはこれで決まったかと思ったが王者の心の強さもあり激闘となった。
キャリア8戦目でこの試合はなかなか出来るものではない。
個人的な採点ではオフィシャルほどの差はなくダウンの分京口と見ましたが、堂々の新王者と言えるでしょう!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

ベルチェルト×三浦 結果 

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
王者:ミゲール・ベルチェルト(メキシコ) vs. 三浦隆司(帝拳)

1R距離を詰めようとする三浦に回るベルチェルト
ラウンド終了間際に右の打ち下ろしと左フックで三浦がダウン。
2R三浦は多少手を増やし左のストレートも一発当てるが、ラウンド終了間際に右のアッパーでグラつかされる苦しい序盤。
3Rいきなりの左を上下に打ち良いボディも、ベルチェルトは頭から来るのを嫌がっているか。
4R中長距離ではベルチェルトのスムーズなコンビネーションが圧倒的に有利、三浦も距離を潰したいがベルチェルトのステップワークとポジション取りが上手く詰められずラウンド終盤にもパンチをまとめられてしまう。

三浦は声を出しながらの大振りのパンチで一発を狙っていくが細かいパンチでベルチェルトのヒット数が上。
三浦の体全体で打ち付けるようなパンチにベルチェルトは明確にリードしているのだが精神面では苦しいのか8R三浦の後頭部へのパンチに過剰に反応し休憩が与えられる。
ベルチェルトの動きを見ているとガードも序盤より低い印象で三浦のボディが効いているのかもしれない。

9R三浦のボディが入ると嫌な顔をして下がるベルチェルト
ポイントは1.2R取れたかどうかも逆転の光が見え始める。
ベルチェルトは回りながら打ち終わりに狙い、三浦はビッグパンチを狙う。
最後は三浦のビッグパンチで逆転KOがあるかどうかだけになったが最後はベルチェルトも打ち合いで応戦し試合終了のゴング

ポイントはフルマークもいたほどの大差ユナニマスでベルチェルトを支持。
三浦は王座返り咲きに失敗。

ただ、大差の完敗でありながら三浦の試合はやはりこうなると言った感じで、最後まで逆転の希望を感じる試合でした。
お疲れ様でした。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。