メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。

亀田圧倒的有利!? 

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:河野公平(ワタナベ) vs. 同級2位:亀田興毅

本日行われる河野公平の2度目の防衛戦
挑戦者の亀田興毅は勝てば4階級制覇となる一戦
河野は昨年末のヒメネス戦の引き分け防衛以来の試合で、この間骨折などもあった。
亀田も約1年ぶりの試合ということで、お互いのコンディションがどうなのかというところ。

正直、あまり興味の湧く試合ではないが、ようやく実現する試合ではある。
この試合のオッズは亀田興毅が圧倒的有利で、判定勝利と予想する人が最も多い。
河野の勝利は安いところでも4.5倍で高いところでは6倍ほどと今のところなっている。
この差はボクシングにおいてはかなりの大差で圧倒的に亀田が有利と見ている人が多いようだ。

河野自身判定では不利と思っているようで、KOを狙いに行くとのこと。
このKO狙いが河野のボクシングを崩してしまうとズルズル持っていかれる可能性は高いだろう。
ただ、亀田の状態も前回は見ていないが、その前の韓国人との試合は酷かった。
階級を落とすというのは難しいものなので、その辺りがどうなるかという感じ
亀田家は連敗中で、ここも落とすようなら居場所がどこにもなくなるので亀田としては落とせないです。
河野に勝って欲しいですが、亀田をKOするのは難しいかなという気もします。

試合の放送はテレビ東京系で19:54~ですが、試合自体はお昼ごろに行われるはずなので結果を知りたくない場合は要注意です。

#ボクシングファンだと今週はゴロフキンやロマゴンの試合の方に注目が行ってしまいますね^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2015/10/17 08:00 ] 亀田三兄弟戦展望 | TB(0) | CM(2)

トリプル世界戦 

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ
王者:高山勝成(仲里) vs. 同級6位:ビルヒリオ・シルバノ(フィリピン)

高山勝成の日本凱旋試合となるこの一戦
シルバノは前日計量で、持参した計量器がズレていて必要以上に落とし1.2キロアンダー
この計量の影響がどう出るかだが、高山が出入り激しいボクシングで翻弄しそうだ
シルバノは元々Lフライの選手のようだが、ポカしない限りポイントアウト出来そう
高山はこの後、かつて内藤と対戦したWBC王者の熊との統一戦が予定されている
その為にもここは負けられない



WBO世界バンタム級タイトルマッチ
王者:亀田和毅(亀田) vs. 同級6位:イマヌエル・ナイジャラ(ナミビア)

パワーレスの和毅だがタッチボクシングでポイントアウトするのでしょう。

IBF・WBA世界Sフライ級王座統一戦
IBF王者:亀田大毅(亀田) vs. WBA“前”王者・リボリオ・ソリス(ベネズエラ)

亀田兄弟の中では割と厳しいマッチメイクが組まれる大毅、今回も河野との熱戦を制したソリスとの統一戦で三兄弟の試合の中では最も注目の試合のはずだったが、
ソリスが前日計量で失格、王座剥奪となり大毅が勝った場合のみ王座統一となる。
これに関しては亀田に少々同情してしまう。
特別強い王者ではないにしても、ソリス相手に内容ある試合をして勝てば大毅の評価は上がったはず
しかし、これでは何とも言えない

ソリスはそもそもこの試合の条件に難色を示していたとの事で、一時はナルバエスに変更との噂も出ていたほど
オーバーした数字や、1時間残った状況で減量を諦め逆ギレして水を一気飲みするなど始めからやる気があったとは思えない
条件に不満があったとしても契約した以上、キチンと準備するのはプロの義務だ

前回の当日計量でのJBC排除の疑惑を晴らす事は今回も出来なくなってしまった。
どうして亀田絡みはスンナリ試合が行われないのか…

テレビ放送は19時からだがネタバレしたく無い場合は17時30分位からネット断ちが必要っぽいです。

#水曜日だと思ってた^^;


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2013/12/03 07:00 ] 亀田三兄弟戦展望 | TB(0) | CM(0)

興毅完全アウェー… 

今日韓国で行われるWBAバンタム級レギュラータイトルマッチ
王者:亀田興毅(亀田) vs. 同級14位:孫正五(韓国)

韓国で開催も主催は亀田プロモーション…でも完全アウェーらしいこの試合
孫という選手をほとんど知りませんが、元韓国フライ級とスーパーフライ級の王者だそうですが、小松なんかとも対戦経験があって大差で敗れていますね。
それは11年前の話ですが、今回は昨年12月からの11ヶ月振りの試合の様です。
韓国でのキャリアもある木村隼人とのスパーでは予定を切り上げらるほどやられてしまったそうで木村隼人も亀田勝利を予想していますが、完全アウェーらしいので何があるか分かりませんね。
KO負けもダウン経験もあるのですが、TBSによると超人的なタフネスを誇るコリアンファイターらしいのでKO出来なかったら完全アウェーだそうですし危険ですね。
どうなるのでしょうか!?


#超人的なタフネスという情報をくれたTBSによると過去日本人選手が韓国で世界戦をやった実績はわずか2試合だそうです。
2試合…どの試合の事でしょう?
渡辺二郎?大橋秀行?細野雄一?徳島尚?大鵬健文?
##本当に完全アウェーな試合を既に今年観ているけどアウェーは厳しいぞぉ
###亀田の事を記事にしないと何故か怒る人が出てくるので頑張って書きました!


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2013/11/19 06:00 ] 亀田三兄弟戦展望 | TB(0) | CM(7)
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。