メタモのボクシング観戦記

ボクシング関連のニュースや展望予想・観戦記、チケット情報、動画等を書いてます。
WOWOW

井岡&大森ダブル世界戦 結果 

WBO世界バンタム級タイトルマッチ
マーロン・タパレス(フィリピン) vs. 大森将平

前日計量でタパレスがリミットオーバーとなり、大森が勝利した場合タイトル獲得、負けるか引き分けの場合は空位となる一戦
大森は前回の試合の時よりもガードを高くして同じ轍を踏まないという意思が感じられた。
タパレスは計量失敗しているがパンチはキレもあるし、パワフルで減量失敗の影響は感じられない。
序盤はお互いクリーンヒットが奪えなかったが、5Rに大森が大きなチャンスを迎える。
右ボディでヒザの折れたタパレスにさらにボディを打ち、タパレスは明らかに効いている様子。
しかし、ラウンド終盤にはそれまでも危ないタイミングだった右フックをもらってしまう。
6R大森の動きがガクッと落ちる、慎重になったのかスタミナが落ちたのかダメージなのか、真っすぐ下がってしまうシーンが増える。
7R前のラウンドの流れを切りに序盤から大森がコンビネーションでタパレスをロープ際に詰める。
しかしタパレスも反撃し右フックを大森に浴びせ、大森はバランスを崩してしまった。
パンチのスピードやキレも明らかに落ちてしまい大森は苦しくなってきた。
8R以降は大森の動きはさらに落ち、ガードも甘くタパレスのパンチを被弾するシーンが増えてきて、逆転の芽もどんどん薄くなってきてしまった。
10R少し積極的になった大森だが、ちょこちょこ出すジャブに左にオーバーハンドを合わされてしまうなど少し単調。
後手後手になってきたところでタパレスの強烈な左アッパーを喰ってしまい、追撃の右ヒックでロープ際崩れるようにダウンしてしまう。
立ち上がるも足に力は入っておらず、タパレスの追撃にただ下がるのみで、ゴングに救われたが止められてもおかしくないグロッキー状態。
11Rタパレスが一気に試合を決めに出てきたところ大森が防戦一方となりストップ
11RTKOでタパレスの勝利となった。

大森の世界挑戦とタパレスへのリベンジマッチは返り討ちにあってしまった。
チャンスは作れただけに惜しいとも言えるが、全般的にタパレス対策が甘かったようにも感じる。
パワーもかなり見劣る感じで、大森自身もこの階級は限界なのではないか。
それと、大森陣営は試合が止められてからリングに上ってくるまでが遅い。
ニュートラルコーナーで止められてレフェリーに支えられて自コーナーまで戻ってきてからようやく上がってきて大森はしばらく座ることも出来なかった。
会長はうなだれたまま動かず、悔しいのは分かるがもっと辛くて悔しい思いをしているのは大森だ。
「練習が足りていないということですわ」と厳しい言葉を言うのもいいですが…
顎なのか歯なのかわからないが、大森将平にはしばらく休んでまた頑張って欲しい。
しかし、タパレス陣営はよく勝った勝ったとリング上ではしゃげるものだ…



WBA世界フライ級タイトルマッチ
井岡一翔 vs. ノクノイ・シットプラサート

井岡はいつも通りジャブを突きながら相手を見るスタート。
ノクノイはスピード感もなく、体格差もあるので井岡がいつものボクシングをしたら問題なく勝つだろうという相手。
打ち終わりと相打ちを狙っている感はあるが、井岡のバックステップで封じる展開。
3R井岡がローブローで減点を喰らうがこれは少し厳しいジャッジ。
中盤以降は井岡もギアを上げコンビネーションが増えて、ボディを中心にダメージも積み重ねている。
ノクノイも動きが徐々に削られ、突破口が見つからない。
終盤には井岡がいつ仕留めるかという感じになっていたが、井岡も決めに行かないしノクノイも抵抗はする。
最後まで井岡がペースを譲ることはなかったが倒し切れずに試合終了のゴング。

判定は文句なしの大差ユナニマスで井岡が5度目の防衛に成功!
ただ、解説席に座った長谷川穂積の苦言通り1枚も2枚も落ちる相手で、決めに行けば決められた試合だったと思う。
強引に行くことでリスクは上がるかもしれないが、倒し切るシーンが見たかった。
試合後のインタビューで「これからも勝ちにこだわる」と話していたが、勝ちにこだわるのも良いが“価値”にもこだわって良い選手。
統一や井上の名前を出すなど戦前の番宣番組での威勢はいつも通り良いが、そろそろ形として見せて欲しい。


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング

井上尚弥&八重樫東ボクシングフェス2日目 

来月21日に行われる「ボクシングフェス2017 SUPER 2Days」の2日目
井上尚弥と八重樫東のダブル世界戦のチケット一般発売が本日18時よりスタートです。

モンスター井上尚弥は9月にアメリカ進出が内定しているということで負けられない一戦
激闘王の八重樫東は暫定王者を相手に前回同様キレイな顔で試合を終わらせることが出来るかどうか
奥さんの彩さんがオーナーのカフェバーを瀬谷駅にOPENしたばかりの八重樫も、広告塔として負けられない一戦となる。
アンダーカードには
細野悟がIBF挑戦者決定戦に敗戦からの再起戦で、こちらも日本王座決定戦からの再起戦&一力ジム移籍初戦となる野口将志との一戦
オリンピック銅メダリストの清水聡は山本拓哉とプロ3戦目にて初の日本人対決
平岡アンディは山口祥吾と対戦が組まれています。

2017/5/21(日) 16:00 開演 (15:00 開場) 会場:有明コロシアム
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
井上尚弥 vs. リカルド・ロドリゲス
IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ
八重樫東
vs. ミラン・メリン

SRS席 50000円
アリーナRS席 30000円
スタンドRS席 30000円
スタンド指定A席 20000円
スタンド指定B席 10000円
スタンド指定C席 6000円

井上尚弥&八重樫東W世界戦チケット情報
icon券種によっては枚数制限がありますのでご注意ください。


前日に行われる村田諒太&比嘉大吾&拳四朗のトリプル世界戦は↓から
ボクシングフェス2017 トリプル世界タイトルマッチチケット情報
icon


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2017/04/21 12:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)

トリプル世界戦チケット発売開始 

村田諒太をメインにしたトリプル世界戦のチケットが今発売開始されました。
翌日には井上と八重樫の世界戦もあるので、関東の方はどちらに行こうか、両方行こうか悩みどころでしょう。
1人最大で4枚までの購入が可能になりますが、希望の券種がある方はお早めに!

2017/5/20(土) 有明コロシアム 16:00 開演 ( 15:00 開場 )
WBA世界ミドル級王座決定戦
アッサン・エンダム vs. 村田諒太
WBC世界フライ級タイトルマッチ
ファン・エルナンデス vs. 比嘉大吾
WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
ガニガン・ロペス vs. 拳四朗

券種
特別リングサイド 50000円
指定席A 30000円
指定席B 20000円
指定席C 10000円
指定席D 6000円

発売開始:2017/4/10(月) 10:00~
ボクシングフェス2017 トリプル世界タイトルマッチチケット情報
icon


各ボクシング(格闘技)ブログランキング等参加中です!
ソーシャルBMやツイート等も大歓迎です!

人気ボクシングブログFC2 Blog RankingボクシングJPブログ村 ボクシング
[ 2017/04/10 10:00 ] ボクシングニュース | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
Archiveα+Daycount
ランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
プロフィール

メタモ

Author:メタモ
ボクシング見るのは好きだけど、まだまだ素人。
その他の趣味も含め、徒然なるままにやっていきまふ!
相互リンクにコメント大募集中です!!

画像などは、権利侵害目的ではありませんが、掲載内容等に問題などありましたらご本人様よりご連絡いただければ削除など対応致します。
また、リンク先等全てのコンテンツは自己責任でご利用下さい。